劇場公開日 2019年9月13日

プライベート・ウォーのレビュー・感想・評価

採点する

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

全50件中、1~20件目を表示

4.0戦争の悲惨さ

KZKさん
2019年10月16日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

悲しい

難しい

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
KZK

3.0熟女萌え

2019年10月16日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

泣ける

悲しい

怖い

むきだしの情熱と苦悩とたれパイ ロザムンド パイク

終盤のデスクとのやりとりが心に響く

辛く厳しいテーマの作品だからこそ、もう少しユーモアが欲しかった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
労働4号

4.0現実を描くための熱演

2019年10月8日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

劇映画ではあるが、限りなくリアルな戦場を次々と描く。戦場は時代を追う毎に悲惨になり、最後のシリア内戦の現実は正視に耐えるものではない。どうやって撮影したのか想像もつかないが、現実にどうやって生き残るかについてはもっと想像が出来ない。
そうした現実を世界に伝えるために命を賭けたジャーナリスト役に挑むロザムンド・パイクは、体当たりで鬼気迫る熱演。彼女がどういう想いで戦場に向かったのかを伝えている。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ぱんちょ

4.5最後の歌がなければ満点

2019年10月6日
iPhoneアプリから投稿

作品内容はとても、良い物でした。
ただ、エンドロールが歌では無くて、
クラシックであれば、満点でした。
歌のせいで、雰囲気ぶち壊し。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
Savage957tea

3.5自らを犠牲にしても戦地に赴く女性記者

2019年10月6日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

スリランカ、イラク、シリア……戦地を取材する女性記者メリー・コルヴィンの半生を描いた。「ゴーン・ガール」のロザムンド・パイクがまさに体当りの熱演。

そして観た後に知ったのだが、監督は「ラッカは静かに虐殺されている」を撮ったマシュー・ハイネマンだった。ドキュメンタリーな映像やシリアへの思いを含め全てが腑に落ちた。

PTSDに苦しみアル中になりながらもなお戦地へ赴くコルヴィン。平和ボケしてチキンな私に彼女の行動は理解しがたいが、戦争の真実を世界に伝えた彼女の偉業を否定することはできない。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
エロくそチキン

1.5後味の悪い

Pay backさん
2019年10月4日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

しんどい映画でした。
気持ちわかるのですが、精神的な病気になった時点で辞めるべきです。
職業が職業なので。
周りを危険に追い込んだり、危険を呼んでしまう事にも。
正義感が強いのはわかりますが、エゴにしかならないので。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
Pay back

3.5骨太のジャーナリスト

aMacleanさん
2019年9月30日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

悲しい

知的

主役のメリー・コルヴィン(ロザムンド・パイク)が、とにかくカッコいい。

負傷して海賊風の眼帯しながら、戦場でのラフな姿も画面映えするのはもちろん、カクテルドレスを着ても絵になる。なんなんだろう、この存在感。
くわえタバコで、パソコンに向かい、見たものを叩き出す感じで記事を書く。悲惨な現場を渡り歩き、自らも犠牲者となり片目を失い、PTSDに苦しめられながらも、また前線に向かう。勇気というより、もはや狂気だ。その迫力で、最後まで画面に釘付けにさせられる。
イメージとしてはクイーン・エメラルダス(そういう年代です)なのだが、あちらは優しさを秘めた熱さがあるが、こちらは使命感を全開に常に前進していくイメージだ。
実在した人物の話だが、暴走する彼女を持て余すキャップや、彼女を尊敬して付いてくるカメラマンなど、キャラクターも置きがいがあり、テレビシリーズにもなりそうな設定なので、ドラマとしてやってくれないだろうか。

これが実在した方だとは驚きだ。とりあえず面白い作品だ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
aMaclean

4.0メリー・コルヴィンの絶望が画面から溢れ出る

2019年9月30日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

悲しい

知的

難しい

 ゴルシフテ・ファラハニというイラン出身のびっくりするほど美しい女優がいて、当方はこれまでに「パターソン」と「バハールの涙」の2本を鑑賞した。主演した「バハールの涙」では、ISの被害にあった女性たちで編成した女だけの部隊を率いる不屈の意志の戦士を演じていた。暗くて深刻な役柄で、「パターソン」で主人公の妻で気儘なクリエイターを演じた女優と同一人物とは思えなかった。
「バハールの涙」では本作品の主人公メリー・キャサリン・コルヴィンがモデルになっている隻眼の女性従軍記者マチルドが登場した。彼女は、ニュースを受け取った人はクリックして終わりと悲観論を展開するが、言論は無力だがそれでも伝え続けなければならないと、かねてからの自分の覚悟も表明する。本作品でも、主人公メリー・コルヴィンは人類に絶望しているように見え、その絶望を乗り越えようとしているようにも見える。
 ドストエフスキーの「カラマーゾフの兄弟」の中で、次男イワンが弟アリョーシャに向かって、何故幼児が愛する親によって虐待され、無垢な子供の上に爆弾が落とされねばならないのか。子供たちにどんな責任があるのか神様に教えてもらいたいと、迫力のある無神論を展開する。「カラマーゾフの兄弟」が刊行されたのが1880年。それから130年以上経ってもメリー・コルヴィンは戦場で答えを探し続けなければならなかった。
 おそらくではあるが、子供は有史以来虐待され殺され続けている。弱くて無防備で罪のない子供たちが不条理に殺され続けてきたのはどうしてなのか、長い間、多くの人が問いかけ、あるいは自問してきたが、未だに解決の糸口さえない。子供の死は常に不条理だ。人体の耐用年数が50年とすれば、その半分にも満たない年齢での死は文字通り非業の死であり、子供たちは不条理な死を死んでいく。
 死が不条理なのは生が不条理であることに由来する。生の不条理は人間の行動の不条理へと発展し、差別や虐待、暴力や戦争に繋がっていく。人間が自身の不完全を認め、他者の不完全に寛容にならない限り、人類の不幸は終わらない。そしてそんな日は永久にやってこない。
 人類には暴君と無法者と被害者と、それに傍観者しかいない。メリー・コルヴィンの絶望が画面から溢れ出るようで、観ていて辛くなる。この世にはもはや希望はないのか。しかしメリー・コルヴィンのエネルギーとバイタリティも同時に伝わってくる。どんなに酷い世の中でも、誰かが火を消そうとしなければ、いつまでも火事は鎮まらない。火をつけて焼き殺そうとする理不尽な無法者ばかりの世の中ではない。火を消す努力をする人がいなくなるのを最も恐れなければならない。だからメリー・コルヴィンは火を消すために事実を伝え続ける。何もしないこと、何も伝えないことは、暴力に加担しているのと同じことなのだ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
耶馬英彦

4.5女性の目線

Momokoさん
2019年9月30日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

あなたのお話を聞かせてほしいと、取材をすすめる。
最前線にいるが、兵士目線ではなく、女子どもの話を聞く。

編集長にあなたは見なくて済む、私が代わりに見ているから、と毒づく場面、彼女の苦しみが伝わってきた。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
Momoko

3.5ロザムンド・パイクの一挙手一投足観賞用

なおさん
2019年9月28日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

『ゴーン・ガール』で強烈な印象を受けたあと期待していたのだが、なぜか私の守備範囲では見かけなくなってしまったロザムンド姐さん。今作も強烈なキャラクターをきっちりもののにしている。
で終わってもいいのだが、どうしても気になるところが。何故あそこまでして報道し続けるのか、使命感や罪悪感はわかるが、酒に溺れタバコは手放せず片目を失い悪夢に魘されPTSDのフラッシュバックに苦しみそれでもなお、取り憑かれたように戦地へ赴き続けるのは、映画の中では明確には語られていなかったような、更に踏み込んだ動機があるように思える。個人の妄想の域を出ないがそんな気がしてならない。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
なお

4.5良かったです。共感できるかな?微妙です。安らかに!

2019年9月26日
iPhoneアプリから投稿

良かったです。共感できるかな?微妙です。安らかに!

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
Tony89433403

3.0「苦しみは全てが終わった後に来る」

2019年9月26日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
いぱねま

3.0生き方は壮絶、映画の出来は平々凡々

2019年9月26日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

興奮

知的

メリー・コルヴィンの戦争で傷つく人々の声を伝え続ける飽くなき追求を描いた作品。

彼女の信念は自らを危険に晒しても続き、最期まで貫き通したと言える。
ただ、映画として観るとそこまで引き込まれるような演出とは言えないありきたりな所がチラホラ‥

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
ゲルゲ13

3.5何と戦うのか

2019年9月24日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

私なりに副題を付けるとすると、
「ある戦場ジャーナリストの栄光と死」
ある諺とスローガンを思い出した映画です。
1)ペンは剣よりも強し
2)権力は銃口より生まれる
葬儀場でしか死体を見たことない私にとって、
なかなか理解できない映像の連続です。
戦争や内乱のない国の平和ボケした国民だと誹られても、
仕方のないことかもしれません。
言い返してやりましょう。
「それがどうした?命あってのものだね」だと。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
マックス・ヘッドルーム

3.5無事に帰ってくるまでが取材。骨のあるジャーナリストを失い残念。

2019年9月23日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

悲しい

知的

英国サンデー・タイムズ紙の特派員として、レバノン内戦や湾岸戦争など世界中の戦場を取材し、世界に伝えた実在の女性記者メリー・コルヴィンの半生を描いた作品。

世界には、こんな骨のあるジャーナリストが居たんですね。イラクでの集団虐殺犠牲者の墓地、“アラブの春”でのカダフィ大佐とのインタビュー、そして、シリア内戦の現状。「あ、そう言えば」と言うのが少なくありません。それらの報道は、彼女の功績によるものだったんですね。

ラストのシーン。チャンネル4、BBC、CNN、ITNニュースへの出演ですが、それをやったがために居場所を知られ、攻撃されたんですかね。都合の悪いところを見られていますから、消されたんでしょうね。

コメントする
共感した! (共感した人 1 件)
勝手な評論家

3.5君は炎に飛び込む蛾だ

栗太郎さん
2019年9月23日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

戦場記者、メリー・コルビン。すごい人だね。一人で戦っている。片目を失おうとも、PTSDになろうとも、戦争の正義なんかどうでもよく、ただ現地で犠牲になっている市民の現状を世界に伝えたい、って熱意。今も含め自分たちは、こういう人たちの使命感のおかげで、真実を知ることができる。知って、感じて、考えてみる。何か行動を起こすことまで出来なくても、せめてそのくらいはしてみよう。彼女たちのジャーナリスト魂の苦労に報いるためにも。

って、主役の彼女、「ゴーン・ガール」の???
すごいなあ、ここにもまた女優魂かよ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
栗太郎

4.0平和ボケしてる自分が情けない

モ-tsさん
2019年9月23日
Androidアプリから投稿

戦争の最前線で命をかけて事実を伝えるジャーナリストの信念や苦労に心がえぐられてしまう。
また、本人も重いPTSDに苦しみながらそれでも戦地に駆り立てられて自ら突っ込んで行ってしまう。
激しい戦場と華々しいパーティーの風景が切り替わりその歴然とした差に頭がクラクラする。
登場する戦場の人々は皆「戦争に巻き込まれた罪のない人」で、神様何故なのですと泣き崩れる人々を見て、私は一体何をしていたんだろう今までと涙が浮かんできた。この戦地を非日常だと感じる日常を過ごしてる我々に命懸けでジャーナリストが伝えてくれた事を受けとめて私は何が出来るのだろう?知る事だけでいいのだろうか?と今この世界で生きてる意味を改めて考えてしまった

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
モ-ts

3.5☆☆☆★★★ もう1つの『ババールの涙』(…と言うか、『ババールの...

2019年9月22日
iPhoneアプリから投稿

☆☆☆★★★

もう1つの『ババールの涙』(…と言うか、『ババールの涙』のモデルになったのがメリー・コルヴィンだったのを翌日に知る)

映画のラストを観ながら。「そう言えば、こんなジャーナリストに関する報道があったような?」…と、朧げな記憶を思い出した。

2019年9月19日 TOHOシネマズ/シャンテシネ1

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
松井の天井直撃ホームラン

3.0良い映画

stoneageさん
2019年9月21日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:映画館

戦場記者メリー・コルビンの記者活動を描いた実話ベースの物語。

その取材の過酷さと彼女が負うトラウマが対比的に描写され、戦争の悲惨さを伝えています。

彼女が亡くなったホムスでのライブ放送が鬼気迫った場面として描かれます。そして、戦場で亡くなっていく子どもたちもリアルに描かれます…。

しかし、これは演出なんだと思った途端、とても冷めた目でこの映画を観ている自分に気づかされます(笑)

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
stoneage

3.5重く痛く哀しく・・

2019年9月20日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:映画館

悲しい

怖い

いつもいつの時も
このジャンルの作品を観て更にそれが実話であればある程想うは・・

「戦場カメラマン、戦場ジャーナリスト」
「戦場」が生業になってしまう職業が必要の無い
平和な世界が来る事をただ、ただ、願い
祈ります・・

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 3 件)
nemoちゃん
「プライベート・ウォー」の作品トップへ