劇場公開日 2019年10月11日

  • 予告編を見る

WALKING MANのレビュー・感想・評価

3.523
22%
35%
37%
4%
2%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

全23件中、1~20件目を表示

5.0どこにでもある平凡な母子家庭

2021年7月22日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:VOD

泣ける

興奮

知的

まず最初に
めちゃくちゃ面白かったです。和製8mileと言ってしまえばそこまでですが、日本にしかない環境や空気感などが絶妙に表現されていて素晴らしいです。
平々凡々、見ようと思えばどこにでも見られるありふれた不幸な家庭の話で、それを表現したありふれた一曲だが、本人にとっては二つと無い特別な人生なんだなと感じ入りました。
これぞHIPHOPであり、これぞ表現であると言わざるを得ません。
バトルブームに乗って入ってきたヘッズは是非見るべき。曲の聞き方が変わります。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
Syameimaru

5.0全く期待していなかったけど

2021年6月3日
スマートフォンから投稿

泣ける

悲しい

単純

Netflixを漁っていたらたまたま見つけて、見てみることに。

予告とかも何も見ずに見て先入観がなかったからか結構楽しめました!

ヒップホップは登場するもののそこまで、ヒップホップ映画というわけでもなく、むしろコミュ障な青年が飛躍していくところや、家族関係などにストーリーの重点が置かれています。

貧乏ネタやものを大事なものをこわされるシーンはなぜか昔から悲しくなります…

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
だいすけ

3.0まぁまぁ

2020年10月19日
iPhoneアプリから投稿

もっと心が震える作品を期待していたが、その域には達せず。期待し過ぎた自分が悪いとはいえ残念。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
@Jankichi@

4.0自己責任論をぶっ壊せ!!

kossyさん
2020年10月18日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

 日本人のラップはあまり好きではなかったのですが、ここまで過酷な生活の中からにじみ出てくる言葉で歌われると、さすがにグサリと心に響いてくる。貧困母子家庭で育ったアトムだったが、母親が事故で入院してしまい、医療費すら払えない状況に追い込まれた。妹ウランは高校をやめたいと言い出すのだが・・・

 不用品回収業者“猫の手スマイル川崎”という小さな会社。光代(渡辺真紀子)が仕切っているけど、彼女は謎の中国人(石橋蓮司)の妻役との二役。ある時、遺品整理に訪れた家でラップと知り合い、リズムに乗せると上手く喋れるようになる事実に気づいたアトム。ひょんなことからラップバトルにも参加するようになるが、何も口に出せなかった・・・そして自宅は電気も止められてしまう。

 職場の先輩山本も借金まみれのいい加減な男だけど、「自己責任」という言葉に対してはしっかりとした信念を持っていた。吃音は自己責任じゃない、母子家庭だって自己責任じゃない。ただ、ラップをやるのは自己責任だぞ!と。世の中の矛盾、不満を爆発させたくてしょうがないアトムだったが、カウンターでリズムを取りながらバトルに再チャレンジするまでになった。

 社会の底辺に生きていても自由はある。たまに不用品やその他を拝借してしまう癖もあったけど、自由は履き違えてないないはずだ。上手く喋れない状態から、憤りや世間に向けてのメッセージを伝えるようになるまでが美しいまでに輝きを見せるアトム。身を削ってまで妹を助けるシーンもそうだし、伝えることができれば正しいことだけが残ることを教えてくれた。

 カッコだけの音楽、韻を踏むだけのラップ、そんな形式的なものは要らない。心からの叫びが必要なんだ。今まで日本のラップに興味を持てなかったのもそうしたカッコだけのものが多かったから。働いていても生活苦。そんな中からしか魂の叫びは聴けないのかもしれませんね。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
kossy

3.0リズム

2020年10月16日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

言葉と音が交わる。
リズムに乗せてこそ表現できるし、
伝わることがある。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
上みちる

3.0ラップ

2020年10月13日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

主人公(野村周平)は話すのが苦手の貧乏アルバイター、母の事故入院で極貧状態に。
そんな時にラップと出会い、次第に自分を表現できるようになる。
ラップは日本語がいい。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
いやよセブン

3.0自分好みの作品でした!

イゲさん
2020年5月15日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

レンタル店で見たジャケットの雰囲気が良かったので観賞。ジャケレンタル(笑)

それ以上に作品の雰囲気が良かった!
ラップは今まで全く興味無し。
意外に詩集みたいな感じでとても良い!

アトム(野村周平さん)が劣悪な生活環境から成長するストーリー。
それに加え妹のウランとの兄妹愛や親子愛が上手く表現されてた感じ。

アトムがラップに目覚めて行く過程がとても良い。
ラップのリズムを刻むアイテムも印象的。
ラストのライブシーン。
かなり感動的で格好良い!
今までラップを舐めてました_(..)_

ロケは川崎周辺が多目。
自分が良く観に行く映画館の施設も登場して懐かしい。
コロナ。早く去って欲しい( ´∀`)

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
イゲ

3.0ラップ初心者でも楽しめる

隣組さん
2019年11月28日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

ヒップホップを題材にした作品ですが曲の時間が短く軽い感じに仕上がっているのでラップ初心者でも違和感なく楽しめる。
野村周平と優希美青も役作りも上手くピッタリな印象でエンディングも大変満足。
2019-260

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
隣組

4.0突き刺さる言葉

2019年11月10日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

アトムの本当に困難な日常を丁寧に丁寧に描くことで、ラップへの初期衝動をリアルに伝える。
さすがラッパー自身が監督しているだけあって、川崎南部の空気感も含め、ヒリヒリとした空気感は本物。
野村周平の演技も優希美青も素晴らしい。ただ、なんの意味があるのか分からない渡辺真紀子の二役はノイズになるので止めた方が良かったね…

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
ぱんちょ

4.5ラッパーANARCHYと漫画家高橋ツトムが「映画作りたい!」を実現させた真っ当なG指定作品

2019年11月3日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル、映画館

泣ける

ギャングスタ成り上がり系の派手なムービーをつくるのかと思ったら、底辺を生きる子供若者を描く正統派の映画を作ってきた。さすが京都り上がり系の派手なムービーをつくるのかと思ったら、底辺を生きる子供若者を描く正統派の映画を作ってきた。さすが京都向島団地の育ち。
上からモノ言う「貧困は自己責任」論者達を映し出す。
生まれた場所や家庭環境、吃音症は「自己責任」じゃない。ラップをするのは自己責任だぞ。という先輩の言葉が沁みる。
先輩が借金返済滞りしばかれるシーンがヌルかったのだけが惜しい。
ゲロ吐くのは良かった

石垣佑磨をキャスティングしてくるとは!
最後に主人公がハーレムで披露する「promise」は流石に泣いてしもた。
一声目がANARCHYに聞こえる(野村君自身が誰よりも真似するのが上手いというてる)。

川崎工業地帯を舞台に(川崎でも北と南ではえらい格差があるみたい)
母子家庭、母親は頸椎損傷
キラキラネームの名付け親の祖母は借金だけ残して死亡
JKの妹は制服のシャツ1枚しか持たずスマホなど夢のまた夢
長男は吃音症で上手く笑う事すらできず友達もおらず
免許を取る金もなく何でも屋の助手のバイトで家計を支える
底辺の生活に偶然現れたラップに夢を持つ
川崎を舞台にしたからかT-Pablowの登場にBADHOPの曲がアガる
全編HIPHOPにしない劇伴も好感
大三元は川崎ではなく新小岩にある中華料理屋
主人公にラップをさせるきっかけになった酔っ払いラッパーは十影
渡辺真起子は日本で初めての女性ラッパーらしい

こういうのじゃなくてアナーキーの半生記がみたいっていう人がおるけど、もっと全然前に「DANCHI NO YUME」て米製作のドキュメンタリーが撮られている。

コメントする
共感した! (共感した人 2 件)
消されるので公開しない

1.0神奈川あ?

ひでさん
2019年10月22日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

153本目。
044?千葉?後で調べたら川崎辺り。
まあ川崎ならね。
いやでもロケ地が千葉っぽい。
車のナンバーも微妙に汚して分からない様にしてるし、といつも通り関係ない所が気になってる。
野村周平主演だから観たんだけど、描きたいのは分からなくはないけど、スイッチ入れても電池切れてて入らない。
最後にやっとて感じで、モヤモヤ。
ラップもね、上手いか下手かも良く分からない。
Empireと比較すると、と言ってもあっちは業界の話だからな。
でもavex製作って考えるとね。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ひで

4.0ラップと任侠の良くできた映画❗

2019年10月20日
スマートフォンから投稿

星🌟🌟🌟🌟以前野村周平主役の純平考え直せと言う作品を観たのですがそれと同様に彼は意外と任侠物が似合っていてこの作品もベースはラップですが上手くヤクザ絡みの作品に仕上げていてラップに 興味がない人も充分楽しめる作品になってます❗野村周平も最初の生気のない無表情の顔からラップと言うやりたいことを見つけて吃りも克服した後半の生き生きとした表情を上手に表現していて上手くなったと思います❗意外とオススメの作品です❗

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
ミリン一番搾り

3.5良く描かれている

Scottさん
2019年10月20日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
Scott

3.0苦しみをバネに・・・

rinrinさん
2019年10月18日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

コンプレックスであろう吃音症を克服出来るかも、と希望を持って、音楽に合わせて言葉を綴るラップの世界へ入っていく主人公

どこまでがノンフィクションか分からないけど
自分の想いを言葉にして発信出来た喜びが伝わって来ました

お金では買えないもの・・・
貧乏だからこそ、それに気付ける時もある

でもね、
中華料理屋の裏稼業
借金苦の先輩の闇営業
妹をヤクザから取り戻す手段

結局、お金は大事ってこと?

自己責任として成人したら
せめて税金や保険料は払っておかないとね
何かと後で面倒ですし

やっぱり、世の中お金ってこと?

病院の先生や警察官の自己責任の使い方腹立つ〜
未成年者に言う事じゃないだろ!
なめんな!なめんな!なめんな!!

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
rinrin

4.0どう生きるかは自分が決める

smileさん
2019年10月15日
iPhoneアプリから投稿
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
smile

4.5最後に泣いた

ハルさん
2019年10月14日
iPhoneアプリから投稿

はじめ主人公の境遇や
吃音でなかなか自分の気持ちを
表現できない状況から
何かのきっかけで、心に刺さるものがあり、
やりたいことをみつけ、
成長していく姿と、
2回目のラップバトルと最後のシーンで
なきました。
アトムのきもちがでていた。
良かったです。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
ハル

2.5ラップ

2019年10月13日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

の世界はあまりわからなかったけど、少し感動みたいなものは覚えました。ただ、いきなりラッパーとして成長してしまったので、そこが残念かな。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
ごっとん

3.5かっこいい

nanoeeeeさん
2019年10月13日
iPhoneアプリから投稿

日本版8マイルかな!
おもしろかった!!

結論、野村周平がラップに出会い人生を変える。
取り巻く社会環境や生い立ちや家族、そして新たな出会いから冷めた心に火が灯る!

バイト先の先輩は終始いい人!笑
あんな先輩ほしい笑

最後、思いを乗せたワンマンライブは痺れた!!

ラップバトルが流行ってるからか観に来てる人も若者が多かった!これを観てバトルだけでなくヒップホップで世界を変える、ジャンルを超えて人々の心に届く本物の音楽を作る若者が増えてほしい!

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
nanoeeee

4.5【野村周平の抑制した演技に魅せられる、気持ちがどんどん高揚していくラップムービー】

NOBUさん
2019年10月12日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:映画館

泣ける

興奮

幸せ

 予想では、もっとストレートに吃音をラップに載せて、一気に突き進む物語かと思いきや、予想以上に前半の重いシーンが長く、”野村周平、個性派俳優へ一直線か? と近作、「純平、考え直せ」(快作)を思い起こしていたら、後半、気持ち良い程に見事にやられた。

 <印象的なシーンも数々あり>
 ・アトムが交通量を図るバイトでカウンターをカチカチしながら、言葉を紡ぐシーン(このバイト、今でもあるんだとも思った・・)

 ・伊藤ゆみさんの拙い日本語を話す美しく心優しき在日韓国女性としての演技。美しく魅力的な女優さんである。

 ・アトムが心優しき先輩(柏原収史:良い)に”お前はこの町で終わる人間じゃない”という言葉を掛けられ、堤防を歩んでいくシーン。

 ・自分の境遇を嘆き、自暴自棄になっていたウランに対するアトムの兄としての献身的な優しさに絆されるシーン・・・。

 前半は、俯きがちで、吃音を気にして余り喋らないアトムが、徐々に背筋を伸ばして歩む姿を野村周平が抑制した演技で見せる。
 ボディーブローのように前半シーンが徐々に効き始め、物語に引き込まれていく。

 あるテロップが出た後の、アトムのステージ上の姿とそれを涙を流しながら見つめる母娘、そしてアトムが口にするラップの素晴らしさに瞠目し、心が大いに揺さぶられた作品である。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 3 件)
NOBU

4.5日常が違って見える目線

shironさん
2019年10月6日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:試写会

『サイタマノラッパー』シリーズが大好きで、いつもラストの長回しに号泣してしまうのですが
今回はイタイ ラップではありませんww
ラップと出会う事で救われる少年の物語です。

ラップに限らず、何かを表現するということは、自分自身の魂の救済に繋がると思っています。
たとえ誰にも共感されなかったとしても。
表現しようとする者の目線で見ると、身の回りの日常だって違って見える。
ミニマムな驚きや発見、それだけでも生きる糧になる。
人はパンのみに生きるにあらず。『塀の中のジュリアスシーザー』を見てから、そんな風に思うようになったのですがσ^_^;
ラップに出会ってどんどん変わってゆく少年の表情が、とても魅力的でした。

辛い生活を強いられるなかで、面白シーンも結構あって、なかでも石橋蓮司さんと渡辺真起子さんとの絡みは笑えました。

期待していたラップのシーンは、ラストもさることながら、中盤の、まだ たどたどしいけれども懸命にチャレンジしていくバトルシーンが良かった。
頑張れ!頑張れ!と思わず心の中で応援していました。

エンドロールで芦澤明子さんのお名前があって驚き!
とくにリズムを取りながら、日常を見つめて言葉を探していくシーンが素敵で印象に残りました。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 3 件)
shiron
「WALKING MAN」の作品トップへ