劇場公開日 2020年9月4日

mid90s ミッドナインティーズのレビュー・感想・評価

3.778
15%
63%
21%
1%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

全78件中、21~40件目を表示

5.0手に取るように理解できます・・・

赤囲碁さん
2020年10月5日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

笑える

悲しい

難しい

いい映画だなぁ…これもA24なんですね。
このザラザラとした90年代の空気感…わかる。
90年代のスタンドバイミーな感じ。
スト2(91年2月発売)やったなぁ…いい思い出です。
この映画今の10代はどう感じるのか気になります。

90年代ですがインターネットが普及する直前ですね。
Internet Explorer1がWindows95(95年8月)に含まれていました。
情報が少ないって悪い事じゃないって思えます。
もう元に戻れないですが…

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
赤囲碁

3.5冒険したいお年頃

MARさん
2020年10月4日
PCから投稿

単純

幸せ

遅ればせながら鑑賞。

13歳の少年が、思春期に入り少し悪っぽいグループに憧れて仲間入りしたことから巻き起こる青春物語。

いやぁ、男ならわかりますよねぇ…。所謂中二病とはちょっと違うけど、大人に反抗したりタバコ吸っちゃったりしてるのがカッコよく見える時期ってのは誰にでもあったのではないでしょうか?

何となく、主人公スティーヴィーは私と少し似た環境下の思春期を過ごしており、感情移入できる主人公歴代№1です。
とは言え、単なる憧れだけではなく、弱弱しい自分を変えたいと実際に行動にでた所は私とは全く違う。「世間的に」良いか悪いかはともかく、そんなスティーヴィーは立派に見えた。

兄貴はとても暴力的で、お世辞にも良い奴とは言えず。
イキった雰囲気を纏いつつも、オレンジジュース愛飲者で、暴力以外では弟に優位に立てない可哀そうな人物…って所が印象的だった。
それでも、最後のやり取りに救いがあったのはグッド。

その他にも、息子に悪い友達と付き合ってほしくないお母さん、自分のポジションが取られそうになるルーベン、それぞれの事情を抱える他の3人…等々、登場人物の殆どに感情移入できるのがまたすばらしい。

とにかく、タイトルの通り、90年代のストリートムービーって雰囲気は抜群だった。
ベタな言い方だけど、少年が少しだけ大人になっていく過程を良く描いていたと思う。

後日談が気になるところ。これからも…なのかあるいはこれをきっかけに…なのか。
最後の終わり方もおしゃれでホッコリで良かった。

因みに私も十代の頃、友達に借りてスケボーにチャレンジした経験アリ。
…だけど、何故でしょう。乗った瞬間からボード板だけ先に行っちゃって自分は足を持っていかれた形で後方にステンッ!…と(笑)

本作を見て、改めて自在に操れたらどれだけ楽しいだろうな~と思ってしまった。
それと、ビデオカメラって絶対靴下より高価だよね?

コメントする (コメント数 1 件)
共感した! (共感した人 9 件)
MAR

3.0これは自分には合わなかった

2020年10月3日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

1983年生まれの監督ジョナ・ヒルが少年時代を過ごした1990年代のロサンゼルスが舞台の青春映画。

う〜〜ん、これは自分には合わなかったなぁ。共感できるところが1ミリもなかった。

ここにある『能天気な無謀さ』こそが青春なのだろうが、何か怒りのような感情を覚えた。殻にこもってクソみたいに生きていた自分に対する怒りかも知れんが。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 7 件)
エロくそチキン

4.0タイトルなし

2020年10月3日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

予告を目にする度に期待値が上がっていたものの、この少年の年代のストーリーに果たしてついて行けるのか??とずっと不安だったんです。が、そうか、90'sだった!って思ったら楽しい気持ちで鑑賞できました。

全編にかかる曲もほぼ聴いたことの無い曲でしたが、違和感なく観られたのは音楽と映像が見事にリンクしてると感じられたからかな。
“Seal”が流れた時はかなり上がりましたけど。久々に耳にしたこともあったけど流れてくるシーンが良かったなぁ。スケボーのシーンじゃななかったからかな。まぁスケボーには合わん曲だわな。

主人公スティーヴィー
(サニー・スリッチ)の視点と
仲間たちからみた視点、
兄ルーカス・ヘッジズの視点、
母キャサリン・ウォーターストンの視点、出演してる全員の視点からみえる90年代がとてもわりやすく描かれているのも共感しやすかったのかもしれません。
アレクサ・デミーちゃんたちの女子グループからの視点もまさに思春期わちゃわちゃだったし。
その視点の中でさほど描かれていなかったフォースグレード。
彼の視点がどう出てくるのかと思っていたら、あんなところで!
ジョナ・ヒル恐るべしです!

サニー・スリッチ君、
ランティモス監督の「聖なる鹿殺し」の時は気が付かなかったけど、目が物凄く綺麗で、LAの青空のような色していて吸い込まれるかと思いました。
スケートボード場で見せた、彼女達を見つけたときのサニーの一瞬の表情なんて最高だったし。
兄を演じたルーカス君も良かった。
閉鎖的な性格を演じたら彼の右にでるものはいないんじゃないかってくらい。
初めは、彼の行動が共感出来なかったけど、彼なりに家庭環境を見つめながら生きてきたんだなとわかるセリフがあって理解できた。
そして1番はレイ(ナケル・スミス)
スティーヴィーの接し方がよかった。
彼が一番現実を見てるからだよな
二人のシーンは素晴らしくて、スティーヴィーがレイのお陰で3歳くらい大人になれたんじゃないかな。

思春期を16mmフィルム通してみせる感覚と、時代背景にある陰の部分もさらりと描く、映像と内容のバランスよき、おっちゃんも楽しめる作品でした

鑑賞した後は、この作品のポップアップストアーがPARCOの1階にあったので思わず、Tシャツ買っちゃいました。鑑賞帰りに寄ると気持ちが更に上がります、よ。(ストアーは10/4までみたいです)

この作品も、もう一度観たいなぁ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
ワイルドとみまる

3.0生成長の途中のお話

2020年10月2日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

ジョナヒル初監督ってことで見てきましたよ。

85分。
複雑そうな家庭が窺えるが、説明もセリフも最小限。兄弟は父親が違うのかな?

画角はCDサイズ。音楽はトレントレズナーだ。

物語は淡々と。結局、少年たちの成長は描かれない。
(も少しスケボーが上手くなる場面が見たかったかな)
彼らの行く末が少し心配。

案外4thグレイドが大成したりしてね。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
ぼろんてーる

3.0スケボー&ヒップホップ!

2020年10月1日
Androidアプリから投稿

俳優のジョナ・ヒルが初監督を務めた、自身の半自伝的映画。

なかなか良かったです。
ジョナ・ヒル自身の思春期の心情を再現してたのか、主人公の心情は繊細に描かれていて、尚且つ映像の質感で90年代のアメリカをノスタルジックに映していました。
スケボー仲間の黒人レイ達の交流が、ヤンチャながらも少し光って見えました。

ただ、中途半端なラストによって主人公と兄貴の関係や母親との確執、それからスケボー仲間のファックシットの女性と酒問題等が上手く描かれてないように感じて、そこにかなり物足りなさを感じてしまいました。

思春期の主人公の心情を映した映画としては清原伽耶主演の「宇宙でいちばん明るい屋根」にも共通してる部分もありますが、あちらの方が主人公と周りの関係性を丁寧に描かれていた気がするし感動も大きかったです。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 3 件)
さうすぽー。

3.0青春サバイバル!

2020年9月30日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

日本でも年に何回かティーンエイジャーが無茶な運転で全員即死、みたいな悲惨な事故がある。本編のストーリーとは逸れるけど。内面のモヤモヤ回り道じゃなくて、体を張った仲間付き合いは本当に命がけ。エスカレートするから。チキンになりたくないから。寂しいから群れるのか、群れるから寂しくなるのか。私は孤立タイプだったから、こんな青春もありなんだな、と羨ましい。命さえ無事なら、座学より、体験からしか学べないことだらけだって、大人になればわかるから。
主人公のサンバーン(仲間内に付けてもらった誇らしいニックネーム)、天使のような造形の顔立ち、こんな子どもが?って違和感よりも、大人が思っているよりもずっと早い子ども時分から、子どもの中にはワルが目覚めてるんだっていうことを伝えるのには絶妙なキャスティングだったと思う。
いいお家と思われるインテリアも何だかフリフリしていて野暮ったい。90年代ってこんなだったっけね。ソニーのハンディカムが大活躍。ソニー、二十一世紀は出遅れてしまったね、残念。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
トマソン

3.0懐かしい友人たちにまた会う

なほこさん
2020年9月30日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

泣ける

笑える

興奮

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
なほこ

3.5若手俳優初監督作品にしては優れている

ミーノさん
2020年9月28日
PCから投稿

ジョナ・ヒル初監督作品というのが売りになっている作品。暴力的な兄と母と暮らす小柄な13歳が主人公。兄から逃げ、近所でスケートボードをする年上のグループに惹き込まれ、仲間に入れてもらう。そのグループには金持ちの息子もいれば貧しい努力家、無口でビデオ撮影ばかりしている子、主人公スティーヴィーと年が近く、彼をライバル視している子もいる。そんな中で成長するスティーヴィーを、1990年代半ばのカルチャーとともに描いている、という映画。
スケボーと音楽の疾走感あり、十代の悩みと成長、友情あり、90年代へのオマージュあり、見ごたえはあった。

コメントする
共感した! (共感した人 1 件)
ミーノ

3.5思春期の痛みはきっと無駄じゃない。

2020年9月27日
iPhoneアプリから投稿

90年代と現代の違いってやはりスマホがあるかないか、なのかな。現代の若者を描くなら彼らの生活のどこを切り取ってもスマホがあるだろうし、動画を撮影するのもスマホだろうし。スマホやゲームを持ち歩かない時代だからこそスケボーをクールにきめることが少年にとって何よりカッコイイことだったんだろうな。

いろんな社会問題とともに少年の日常を描いていて背伸びしてワルさする姿に(わかる、わかるよ〜)と共感しこのヒリヒリした感じが良いなぁ〜と(ジョナ・ヒルやるやん!星4つ)って思っていたがラストがなぁ。もちろんあの終わり方もありだろうけど、もう一押しほしかった。別の着地が見たかった。好みの問題だろうけど少し残念。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
ごーるどとまと

3.0最後のレイの言葉

2020年9月27日
Androidアプリから投稿

からのシーンで星2つ+

サンバーンがどうしても10才程度にしか見えなくて女の子との出来事が受け止められなかった。
紙一重を繰り返して大人になっていくのは分かるが、、みんな大人になるまで生き残ってまた会えるといいな。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
はやみさかさら

4.0stretch

blackmilkさん
2020年9月26日
iPhoneアプリから投稿

armstrong&bobbitoのラジオを録音したカセットが並ぶお兄ちゃんの部屋から最高。環境は違うけれど、彼らが使う言語、マナーは全部分かる感じ。
CD、ポスター、Tシャツ、きまった会話。
レタボサイズをあえて使うスカした映画は多々あるけれど、初めてしっくりきた。
比べるべきはKIDSではなく、talsaであり、ガンモ。ジョンズとコリンを足して2で割ったと言ったら味気ないけれど。
ホームレスのおじちゃんと話すカットが良い。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
blackmilk

3.5ストリート的青春

hkr21さん
2020年9月26日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

気の置けない監督が撮ったからなのか、
俳優でない子達の演技がナチュラルでドキュメンタリー的で、とても良かった。
その中でも、レニーがものすごーくステキだった!
で、反って、既存の俳優たちが観たことある分、少し違和感を感じたぐらい。

ストーリー的にはあるあるなんだけどね。
音楽やスケーター達の撮り方や、街の様子や洋服や、
要所要所に監督のこの時代に対する、この世代に対する、
仲間たちに対する愛を感じれる作品でした。

もう少し、お兄ちゃん、お母さん、仲間たち個々の今あるキャラクターが
出来上がったバックボーンを描いて欲しかったかな。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
hkr21

3.0スケートボードで公道を走らないでください!

kossyさん
2020年9月25日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

 フォースグレードはジョナ・ヒル監督自身なのかな?と感じたビデオマニアの彼。スティーヴィーが仲良くなったグループには他に黒人のレイ、髪の毛がうざいファックシット、ルーベンの4人。友達ってこうやって作るんだよ、みたいな前半部分。やがて兄との確執が深まっていく様子などは面白かった。スティーヴィーの笑顔を見ると、『小さな恋のメロディ』も思い出してしまいました。

 痛々しいシーンは冒頭の壁、屋根、車の計3ヵ所。兄にもケンカで負けたりしていたので、自分が不死身だと思ったのだろうか、とにかく痛い。13歳よりも下に見えた主人公のスティーヴィーだったが、まずは年齢の近いルーベンと仲良くなり、その後はレイと・・・。自分の中古を40ドルも出させておいたのに、レイがプレゼントしてくれたからなぁ~ルーベンも別の意味で痛い。

 レイ(ナケル・スミス:プロのスケートボーダー)の大人びた雰囲気がとても良かったのですが、なんだかんだ言っても、最終的にはフォースグレードが美味しいところを持っていった感じで、全編通して腹立たしいのがファックシットでした。と、公式をチェックするとサニー・スリッチもプロのスケートボーダーじゃないですか。初心者ぽい失敗もプロならではだったんですね。

 酒、たばこ、薬物、女の子・・・まぁ、兄貴を超えたかったのはわかるけど、スケボーだけでいいじゃないですか。とにかくエンディングには「スケボーで公道を走らないで!」と一言入れておいてもらいたかった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 13 件)
kossy

4.0叱られた。

2020年9月24日
Androidアプリから投稿

なんか、若いときあるあるというか、
昔の自分見てるみたいで、
なんかイタいなーと思いながらも羨ましくて、懐かしくて、
ふと気付く。
あー何年も転んでないな。
膝に傷なんて何年もつけてないな。って。
子供から大人になって、傷つき方が変わった気がする。
この映画はアルバム見てるみたいな映画で、なんでそんな痛そうな傷付けてるのに笑っていられるの?っていう無敵の自分の写真ばっかりで、そんな昔の笑顔みてると、なんか叱られてる気がした。
くだらないことに傷ついてる自分が馬鹿に思えた。
よく若い頃に戻りたいって大人は言うけど、若いときは若いときなりに葛藤してたんだな、って思い出さしてくれる。

a24ってホント好き。
過去今未来がちゃんとあって、感情の起伏が激しくて、音楽のセンスが良くて、綺麗にまとまってなくて、痛くてイタくてでもそこに居たい!って主人公がみんな叫んでて
だから好き。
この映画も好き。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
19歳®︎

3.0#74 何が言いたいんだか

chicaricaさん
2020年9月23日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

全然わからなかった。

主人公は13歳という設定らしいが小学生にしか見えなくて、たとえ演技だとしてもこんな子供にタバコや鮭やドラックを吸わせるなんてありえない。

唯一伝わったのは友情かな?

こんなんでまともな大人に育つのか?

コメントする
共感した! (共感した人 2 件)
chicarica

4.0可もなく不可もなく

2020年9月22日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

お母さん「インヒアレントヴァイス」の彼女役の人か

ファックシットは早死するタイプ

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
うんこたれぞう

3.0あたしの90年代とは全然ちがった…

だいずさん
2020年9月21日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする
共感した! (共感した人 4 件)
だいず

3.5青春とか言われてるけど、終わり方なかなか怖くないか、これ 現在公開...

2020年9月19日
iPhoneアプリから投稿
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 7 件)
コーヒー

4.02020年ベストムービー!⭐️✨

stoneageさん
2020年9月18日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:映画館
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする
共感した! (共感した人 2 件)
stoneage
「mid90s ミッドナインティーズ」の作品トップへ