「あの部屋は香港そのもの」誰がための日々 よしたださんの映画レビュー(感想・評価)

ホーム > 作品情報 > 映画「誰がための日々」 > レビュー > よしたださんのレビュー
メニュー

誰がための日々

劇場公開日 2019年2月2日
全3件中、1件目を表示
  •  
映画レビューを書く

あの部屋は香港そのもの

 父親の借りている部屋には2段ベッドの他、プラスチックの衣装ケースが高く積まれている。
 狭い空間に生活に必要なものの収納や、横になるためのベッドが垂直方向へ伸びている様子は香港の街そのものである。
 21世紀になってすでに20年になろうというのに、1980年代のMr.Boo!シリーズに出てくるような住環境が描かれている。宿命的に土地が不足している香港では、貧しい人々は未だ、このようにアパートの一部屋に家族で暮らしているのだろうか。
 この狭さを活用したカメラアングルその他の演出が、この母娘の閉塞感を際立たせている。
 介護中に死亡した母親を旧宗主国イギリス。久しぶりに一緒に暮らすことになる父親を中国。という暗喩ととらえることも出来たのかも知れない。
 しかし、あまりの切実さに涙の一滴すらも流れなかった。

よしただ
さん / 2019年3月14日 / PCから投稿
  • 評価: 2.0
  • 印象:  悲しい
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi
採用情報