「これが香港の現状か。重すぎる現実」誰がための日々 突貫小僧さんの映画レビュー(ネタバレ)

ホーム > 作品情報 > 映画「誰がための日々」 > レビュー > 突貫小僧さんのレビュー
メニュー

誰がための日々

劇場公開日 2019年2月2日
全3件中、2件目を表示
  •  
映画レビューを書く

これが香港の現状か。重すぎる現実 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

家族がバラバラになっている。お互いがお互いを知りたいが知ることに怯えている。家族が一人々々が幸せになりたがる方向がずれている。だから、一番大切なものが、判らずに盲目になっている。そんな中で、トンは母親を施設に入れたがらず、自分で介護することを決断する。しかし、母からのこころないことを罵られ、介護うつで双極性障害になってしまう。父も、自分の生きる価値が見出せず、息子を看病しながらも、衝突してしまう。それぞれが、誰のために何のために生きているのだろうと苦しみ、父は、トンに枕の下にこっそり「金づち」を隠しているのをばれてしまう。トンの病状の再発に怯え、階段の踊り場に火の点かないたばこを床に叩きつけてしまう。どうしようもない苛立ちに苦しんでいる。そして、同じ悩みを抱える集会に参加し、自分の思いを涙声で訴えかける。母の言葉を回顧し、気持ち抑えるためにチョコレートを貪り食うトン、トンに介護してもらい素直な気持ちになれず後悔する母。自分の生活だけで十分な弟。
香港にいる家族の実状が知りやるせない。しかし、登場人物のそれぞれの誰にも言えない焦りを具に描かれている。トンガは住居の屋上に向かう
ヒヤヒヤさせられた。
ラストの父子の川面を見ながらの場面は、家族の繋がりを描いている。この家族の一面を垣間見られたようで、ラストのトンの一言が、大きな「救い」のように感じた。

突貫小僧
さん / 2019年2月17日 / PCから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  悲しい 難しい
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi
採用情報