「「ヨイトマケの唄」や、リリーの「東京タワー」のオカンくらいの母ちゃんなら、食べたいって気持ちもわかるんだが。」母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。 栗太郎さんの映画レビュー(ネタバレ)

母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。

劇場公開日 2019年2月22日
全24件中、19件目を表示
  •  
映画レビューを書く

「ヨイトマケの唄」や、リリーの「東京タワー」のオカンくらいの母ちゃんなら、食べたいって気持ちもわかるんだが。 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

あまりにマザコン過ぎて引いた。大森監督も「さよなら渓谷」とかよかったのに、演出もベタで、こんなんも撮っちゃうんだとがっかり。
それと、自分の周りには母親に向かって「おふくろ」と呼ぶ友人はおらず、あれだけ連呼されるとどうも芝居感が際立って感じてしまった。結婚して子供を授かる設定にしてはヤスケンはちょっと歳をとりすぎているし、おまけにそこから東京出て漫画家?ってなる。携帯に「お袋」ってのもね、なんか違うなあ。ふつう、「かあちゃん」とか「(名前)」とかじゃないかなと思いながら、そんなとこも引いてしまった要素。

栗太郎
さん / 2019年2月23日 / PCから投稿
  • 評価: 1.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 3 件)
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi
採用情報