劇場公開日 2018年11月23日

  • 予告編を見る

快楽の漸進的横滑りのレビュー・感想・評価

3.56
0%
87%
13%
0%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

全6件を表示

3.5☆☆☆★★★ アニセー・アルピナが腸、蝶、兆、朝、超〜綺麗。 思え...

2019年2月24日
iPhoneアプリから投稿

☆☆☆★★★

アニセー・アルピナが腸、蝶、兆、朝、超〜綺麗。
思えば、『フレンズ ポールとミッシェル』『続フレンズ』で人気爆発。当時のスクリーンやロードショーの人気投票では、トレーシー・ハイドやオリビア・ハッセーと並んで常に上位の人気でしたな〜。
そんな彼女が映画の全編で、眩いばかりの裸体を惜しげもなく披露してくれているのですから(≧∇≦)
もう思い残すことは無いっス!
これでもう心置きなく冥土の土産が出来た…って言うもの\(^o^)/

それにしても、映画全編に渡って好き勝手に撮ってますな〜( ´Д`)
ストーリーなんてのは、有っても無いに等しく。
観た観客が、勝手に解釈してくれるのを楽しんでいるかの様な感じですね。

映画の中にこんな台詞が有りました。(正確では無い)

「誰が喜ぶの?」

「観客ですかね?」

画面に向かって俳優達が、目線をあちらこちらへと絶えず向ける。

おそらく撮影中に、「こっちからこっちへ目線をくれる!」や…。

「ここでキスして!」 「ここで裸で寝転んで!」等。

結構、適当に指示を出し。それを編集の際に、意味ありげなショットをモンタージュしては。楽しんでいる様な節が窺われる作品でした。

以前ジャック・ロジェの、『アデュー・フイリピーヌ』や『オルエットの方へ』『メーヌ・オセアン』を観た時に。「映画ってこんなに好き放題自由に撮っても良いんだ〜」…と思わせてくれて、不思議な感動を味わった事が有ったのを思い出した。
それくらいに、この作品も自由に撮ってますね。
但しジャック・ロジェの作品には、突き抜けた開放感に満ち溢れていましたが。残念ながら、それらには足りていないとは感じますけども…。

色々と意味を求めて鑑賞すると、直ぐに挫折します。ここはただ単に、画面を見つめては。ショットや、画面構成の美しさを堪能するのがベストな鑑賞方法かと思いますね。

ミッシェル・ロンスデールとジャン=ルイ・トランティニャンも若〜け〜(笑)

イザベル・ユペール…。

思った程には変わってねぇ〜!逆の意味で脅威٩( ᐛ )و

2019年2月19日 キネマ旬報シアター/スクリーン3

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
松井の天井直撃ホームラン

4.0とても良い映画

stoneageさん
2019年1月18日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:映画館

*『アラン・ロブ=グリエ レトロスペクティブ』 4/6本目。

主演の女優さんが綺麗…衣装がスケスケ…そんなモチベーションで見続けたが、寝落ちすること数回…

…いい映画ですよ(笑)

*結局、全6本制覇出来なかった…残念!😢

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
stoneage

3.5小悪魔

HigeKoboさん
2019年1月15日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

行き先の分からないストーリーと意味ありげだけどずれてる効果音。
”半分青い”の元住吉監督が描くカタツムリの映画を思い浮かべながら見ていた。誰でも動画を扱える昨今、こういう作品は興行映画としては出てこないんでしょうね。

アニセーアルビナさんが亡くなっていたのを今日知った。
”フレンズ”が大ヒットした頃は完全にアイドルでした。残念。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
HigeKobo

3.0美しい

ちゆうさん
2018年12月13日
スマートフォンから投稿

知的

難しい

赤色が効果的に使われていますね。
ガラスの破片が赤い液体と相まって血を連想させ、赤い絵具が白い壁に映える。
女性の裸体が艶かしく、赤と融合することで快楽を表現している。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ちゆう

3.5叶恭子?

2018年11月30日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:映画館

興奮

知的

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 3 件)
いぱねま

4.0あどけなさと官能

2018年11月26日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

知的

難しい

萌える

【 アラン・ロブ=グリエ監督、1974年発表 】

少女アリスは同居人ノラ殺しの容疑者として逮捕されてしまう。というのも、2人で退廃的な遊戯に興じている最中に起こったからだ。検証のため、アリスはノラ似の女弁護士とともに現場再現を行うこととなる。

劇中、アリスが 溢れる快楽を抑えきれず滑り落ちてゆく と述べるとおり序幕から官能の世界がスクリーンに映し出される。にもかかわらず、いやらしさは感じず、むしろ絵画のよう。

割れたガラス、玉子、海岸、海辺に打ち捨てられたベット、地下牢獄、拷問、赤の絵具、血……などイメージがとめどなく登場し、妄想との境界を曖昧にしてゆく手法はこの監督らしい。

また、アリスのあどけないファムファタールっぷりがエロティックさに拍車をかけている。とても美しい世界を堪能できる。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
ゆうれい
「快楽の漸進的横滑り」の作品トップへ