劇場公開日 2019年2月15日

  • 予告編を見る

「薄っぺらい人間たちの深き情念。」女王陛下のお気に入り バッハ。さんの映画レビュー(感想・評価)

3.7239
19%
60%
17%
3%
1%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

4.0薄っぺらい人間たちの深き情念。

2019年3月25日
PCから投稿

笑える

悲しい

怖い

ヨルゴス・ランティモスという監督は、一貫して人間は愚かで自己愛が強く下卑た生き物たと捉えているところがある。もちろん人間は愚かなことをしでかす一方で、思わぬ英雄的な行為に身を投じることもあるのだが、ランティモスはそんなことは素知らぬ体で、本作でも身勝手な欲得三昧な女たちの姿を時代物の宮廷劇というジャンルに当てはめる。

なので後味がいい物語にはなりようがなく、なりふり構わぬ女たちの権力闘争に、呆れたり笑ったり戦慄していればいいのだろう。魚眼レンズの長回しやとにかく読みづらいテロップのデザインなど、ちょっと才気が走り過ぎてはいないかと思うところもあるが、実際才気がほとばしっているのだから、存分に好き放題にやってくれ!という気持ちにもなる。

ただしレイチェル・ワイズが演じたサラにだけは、善人ではないが誇りと信念が宿っている。このランティモスらしからぬ人物像は、次なる可能性への布石なのかどうか。このヘンテコな才人からまだまだ目が離せそうにない。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 3 件)
バッハ。
「女王陛下のお気に入り」のレビューを書く 「女王陛下のお気に入り」のレビュー一覧へ(全239件)
「女王陛下のお気に入り」の作品トップへ