劇場公開日 2019年10月11日

  • 予告編を見る

真実のレビュー・感想・評価

3.699
18%
54%
24%
3%
1%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

全99件中、1~20件目を表示

4.0自筆の脚本を手に世界を渡り歩く監督の未来は明るい

MPさん
2019年10月30日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会

フランスを代表する大女優が出版した自伝に綴られた内容の真偽と、彼女と折り合いが悪い娘との関係の真偽が、Wミーニングとなって進んでいく。集まった家族の団欒に寄り添う是枝演出の"人肌"の体温を感じさせる優しく、時に辛辣で、かつユーモラスなタッチは、撮影場所をパリに移しても何ら変わりはない。これは、自筆の脚本を手に演出できる監督の強みとも言える。

 目に見えるものから、どうしても撮影の裏側が垣間みえてしまうのは、思いっきりチャレンジングで危険な配役故。それは、すでに発売されている是枝監督自らが綴った撮影日記からも、そして、先日NHKで放送されたドキュメンタリーを見ても分かるのだが、特に、大女優を演じるカトリーヌ・ドリーヴのわがまま放題と、落ち着きのなさ、稀代のチェーンスモーカーぶりは、画面からも伝わってきて興味深い。本人は自分自身と役の間に共通点はさほど多くないとコメントしているが、まるでドヌーヴそのものと感じさせるところが、彼女の、そして、選んだ是枝監督の凄さだと思う。

 是枝裕和の次なるチャレンジはハリウッド・デビューと聞く。手元に脚本の草案がある限り、彼の道筋は明るい。そう確信させる「真実」なのだった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
MP

4.5是枝映画、日仏合作の到達点

AuVisさん
2019年10月29日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会

笑える

楽しい

知的

ひとえに是枝裕和監督の才能と努力の積み重ねでここまで来たのは重々承知だが、カトリーヌ・ドヌーヴ、 ジュリエット・ビノシュ、リュディヴィーヌ・サニエの仏3世代を代表する女優たちが一堂に会する映画(サニエは出番が少なく残念だが)を日本人監督が撮ったのはやはり感慨深い。庶民の生きざまを描き続けてきた監督にしては珍しく、セレブ層の芸能一家の積年の確執と衝突、その後の展開を語るが、感情の機微とその変化でストーリー深化させる手腕は健在だ。

経験の乏しい子役や無名の役者から素晴らしい演技を引き出す能力も認知されてきた是枝監督。フランスに移っても、国際的にほぼ無名のマノン・クラベル(新進女優役)、新人子役クレモンティーヌ・グルニエらを見出し、名優たちの中で遜色ない演技と自然な存在感へ導いた。

ゴージャスなフレンチの食材から、腕利きのシェフが和の繊細な味付けで新たな魅力を引き出した、といったところか。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 3 件)
AuVis

2.5サラって、誰?

みみずさん
2020年5月20日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

悲しい

寝られる

だから、サラって誰よ。
この映画にキーパーソンがサラ!なのだが、その実像が出てこない。
察するにファビエンヌの妹?リュミールの叔母?
そして、ファビエンヌに自殺に追い込まれた?(とリュミールは思っている?)
モヤモヤする。もしかして見逃した?

プライドばかりが高く、とっくに薹が立ちすぎた老女優がたばこを吸っている。
中盤まではほぼその印象しかなく、何度も寝てその都度巻き戻した。
終盤、真実と虚構がない交ぜになり、ちょっとだけ目がさえた。
いずれにしろ、監督がうまくフランス映画をなぞったと感じた(褒めてないよ)。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
みみず

3.5お茶目なドヌーブ

ミカさん
2020年5月19日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

笑える

知的

私、邦画よりもハリウッド作品よりもフランス映画が好きなのですが、そう言えばこんなお茶目なカトリーヌ・ドヌーブを今まで観たことがないかもしれません。それと、コメディとまでいかないギリギリのラインにドヌーブを寄せていたところ、是枝監督のセンスを感じてしまいました。

女優というのは、真実が分からなくなるほど、脚本やクリエイティブなものに支配されている。これは映画作家も全く同じ。だから、ドヌーブがブリジット・バルドーを皮肉っているシーンは、是枝監督のクリエイターとしての本気度を感じました。それに、ドヌーブに言わせているのも、シニカルで好き。

是枝監督の初期作品は、どこかドキュメンタリータッチの雰囲気がありましたが、今作もドヌーブの密着ドキュメンタリーフィルムのように見えて、面白かったです。次は、イザベル・ユペール&是枝監督を観てみたいです。

コメントする (コメント数 1 件)
共感した! (共感した人 1 件)
ミカ

4.0敢えて吹き替え版で鑑賞。

いつこさん
2020年5月18日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

芝居でしか繋がれない親子。その絶対の自信を持っていたものにモヤがかかった頃、自分の存在価値を再確認する。芝居がなくなったらどうやって生きていくのか。でも確かに親子の愛があった。出演した作品がきっかけで、それに気づく。ごねてる様子は子供そのもの。可愛くさえ思えた。最後もやはり芝居で心から親を喜ばせた。思えば日常は芝居でできているのかも。これを言ったら相手が喜ぶ、傷付く、など考えながら態度や言葉で表す。うーん、深い。しかし本来親子の年齢の2人が逆の立場で演技するってどんだけ高レベルだよ。でも確かに親子に見えました。宮本信子の声はぴったり。そしてうまい!宮崎あおいはちょっと子供っぽすぎるか。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
いつこ

3.5文化の違いは伝わりにくい?

Ippei Kさん
2020年4月7日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

是枝監督の映画と言う「期待」がなければなかなかな映画。 でもそうと知っていると何か足りない。
素晴らしキャストと、 是枝監督トレードマークの子供役者からビックリすほどの演技力を引き出すパフォーマンス。 その上にいくつもの言語を自然と扱っている様子。
でもやっぱり、 いつも期待している感動や感情が足りない。 普段とっても深い意味のある映画が、 何だか割と通常なドラマになっている。 是枝マジックが欲しかった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
Ippei K

3.0それほど大仰なことは起こらないが

なおさん
2020年3月1日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

期せずしてプチイーサン・ホーク祭りになっております。ドヌーブとビノシュのガチンコ親子対決にあたふたする娘夫役が妙に似合います。ガチンコは言い過ぎのマイルドさでしたが。
ジャックさんは専属料理人かと思っていたら、同じベットで寝てるから現恋人(夫?)なのですね。さすが恋多き女ドヌーブさんです。知らずに適当なことを書いております。「女優」という人たちの業の深さを垣間見ることができました。ただ、言われなきゃ絶対に是枝作品だとわからないのではと思います。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
なお

4.0大女優のオーラが

2020年2月22日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

まず先に言いたいのは、
是枝裕和はドキュメンタリーの監督であるということ。
これを忘れてはいけない。
彼が描く作品は、このスピリットが失われていないので、
叙情的なシーンなど、「は?なにこれ?」となるケースが多い。
しかしこれはドキュメンタリーですと前置きすると納得するケースが多い。

今回の作品もカトリーヌ・ドヌーブのドキュメンタリー作品ですと思って鑑賞すると、
往年の大女優は今でも健在で、イーサン・ホークが小さく見えることが何よりそれを表している。

そして前半眠たい展開も、後半になるにつれて、
なるほどこう来たかというセリフの往来。
前半から魔法使いが亀にのくだりは面白かったけれど、
後半、娘との距離の取り方や、執事とのやりとり、
カトリーヌ独特の表現のしかたに、
あぁ、やっぱりこれはファビエンヌではなく、カトリーヌのドキュメンタリーだと気が付く。
シャルロットもとってもよかった。

シワシワのおばあちゃんなのに、真っ赤なマニキュアを忘れない。
胸よりお腹が出っ張っている体型なのに、シルクのパジャマとか着ちゃう、
犬の散歩なのにあんなに着飾っていく。
あぁ、ホントに彼女の日常を観ているよう。
特にエンドロールが私のお気に入り。
なんてことないシーンなのに、すごく惹かれる。
これが是枝監督のやり方なんだなと思った。

あらゆる役者をリスペクトしているからこそできる表現。

しかし編集がきっと別な人なのだろうと思う。
あちこち本当に雑で、
日本人独特の余韻は清々しいほどカットされている。
そういえば、これは母と娘の確執の話だったはずなのに、
終わってみれば、そういえばそんな話だったねと思う始末w

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
茉恭(まゆき)

4.0カトリーヌ・ドヌーブ様を愛でる映画♪

2020年1月2日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

それぞれの家族にとって真実とは何か。
脚本、役者、映画、すべて虚構の嘘だけれど、その中に想いを忍ばせて。
反発しつつも少しずつ近づき、かけていたものを補い始める母娘、じれったくてコミカルで愛らしくて、とてもかわいかったです。
母娘も夫婦もあんなにずけずけ言いあえるのは。。。お国柄?日本人にはびっくりするけどいい愛がまた軽妙で、悪びれないところが腹立たしくもチャーミングでいとおしい。なんだかカトリーヌ・ドヌーブ様を愛でる映画でした。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ちいまめ

4.0ドヌーヴ引っ張り出した時点で勝ちみたいなもん。

だいずさん
2019年12月15日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
だいず

5.0カートリーヌ・ドヌーブ

なおみさん
2019年12月11日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:映画館

カートリーヌ・ドヌーブありきの映画。
大女優が大女優本人の役を演じているようにしか観えない。
その位リアリティがあった。
ビノシュとのやり取りも自分の娘ともそうだったのでは…などと想像してしまう。
イーサン・ホークとの絡みも勝手の美貌は何処へやら恰幅がよくなって老いも隠せない姿であるにも関わらず何か危うい事が起こってしまっても無理の無いような魅力を感じさせる。

ストーリーはいつの世も私の身近にもある母の愛を求めるが故に攻撃的になってしまう娘と女優を演じるためなら全てを犠牲にしても良いと言い切る母の物語。
そこにダメダメな男共が絡み意外と真実をつく言葉を放ったりして…
特にイーサン・ホーク良かったです。

あと今回是枝監督に見出されだマノン・ルノワール。
美しく清楚でそれでいて確かな演技力があり、かって主人公のライバルと目されていた女優の再来と言われる役どころをしっかりと演じていた。
是枝監督の新人を見出す目にはいつも感心させられます。
子役の女の子二人も良かった。

母と娘の関係に何かしら思いがある方にはぜひ観て頂きたいです。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
なおみ

4.0初めて観た不思議ちゃんはこの人だった・・・

2019年12月6日
PCから投稿

カトリーヌ・ドヌーブを
初めて見たのは、ブニュエル作品か、
シェルブールか記憶に無いが、
不思議な綺麗な人という印象だった、
だったというか、今もそう。

娘や家族との葛藤を表現するような繊細なお芝居はどうなんだろう。

これがまたジャストフィットというか、
ぴったりとハマっていた。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
蛇足軒瞬平太

4.0安心感と大失敗(自分の)

2019年12月2日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

 是枝監督初めての海外撮影となったものの、作品としては登場人物の少ない小さな家族の話でありながらドラマチックに揺さぶられる是-枝調で締まっていた。ジュリエット・ビノシュから声をかけてもらったそうだけど、見る目があるなあと。日本人が洋画をまねてちょっとしゃれてみました、っていうようなところもあったように思うけど。あと若い女優役マノンクラヴェルが綺麗でうまくて良かった。
 (ところでちょっと長い特別編が公開されて、イーサンホークの出番が多くなってるらしく、そちらに行こうと思っていたけど気づいたら上映終わってしまってた。しかし上映期間中に別バージョンを流すというのは、観客に対してちょっとダメなやり方だとおもう。)
 そして個人的に大きな失敗をしてしまったのは、NHKの撮影ドキュメンタリーを先に見てしまっていたこと。これを見てたから映画館で観たくなったのも事実だけど、反面、ほとんどのシーンが映っちゃってたので驚きが削がれてしまった。映画の上映中に放映するなら、せめてダンスのシーンとか撮影所のシーンとか、何か所かは隠しておいてほしかったよNHK...て、場面少ないから無理か。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
またぞう

4.0だれの真実·····?

rinrinさん
2019年11月28日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

泣ける

幸せ

いろいろと見え隠れするホントとウソ

何が本当で何が嘘なのか?
本人しか分からない事もある

私生活を犠牲にしても女優を続けてきたんだから
夢と現を錯覚もするわ

今の時代はたくさん演じる場所がある、って言ってた
確かに昔はそれこそ役の取り合いをする程
作品自体が数少なかったんだろうな

仕事で生き残る為の努力の方を優先した結果
娘と距離が出来ただけで、愛情が無い訳ではない

人の記憶なんて曖昧だもの
真実を追求するなんて警察だけで充分
出来るだけポジティブに·····

最後はハッピーエンドで良かった!

お父さんのピエールは亀に戻されちゃったけどね😅

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 8 件)
rinrin

4.0枯葉が似合う

2019年11月27日
iPhoneアプリから投稿

いいなぁフランス映画。
過度なメッセージ性も演出もありゃしない笑
BGMもシンプル!
だから何も考えず、聴き慣れないフランス語の響きだけに浸っている。

ある意味贅沢な時間。

ナチュラルな映画鑑賞。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
グリーン

3.5事実と誤解が織りなす母娘の葛藤

2019年11月22日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

劇中劇が母娘の葛藤をほぐすという、めんどくさいっちゃめんどくさい話ではあるけれど、逆に分かりやすいっちゃ分かりやすいかな。
それにしても、カトリーヌドヌーブは、相変わらず綺麗だし、カッコいい!

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
こばりん

4.0答えのない漂いぶりが詩的

Kさん
2019年11月18日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

映画は詩的でなければと映画の中で主人公が言っていたけれど、この映画は詩的だった。舞台がパリでもどこでもこれは是枝監督らしい詩だと思う。真実はわからない。真実が見えたようなそうでないような、その答えのない漂いぶりが詩的だ。女優というのは真実を持ち得ない生き物なのかもしれない。でも誰もがそうだと思う。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
K

3.5真実とは

2019年11月17日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

某アニメでは、真実はいつも一つ!という大上段に構えたセリフが有名だが、この映画はもっと深い。嘘を真実にする、そんな魔法のようなことが大女優には可能なのだ。
是枝監督、万引き家族で凄い監督だなぁと思ったのだが、これからは世界進出でしょうか。世界に通用する日本人監督というのも誇らしいのだが、個人的には世界中の人に届かなくても良いので日本人の心に響く邦画を作り続けて欲しい。
好きな監督だからこそそう思うのです。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
あいわた

3.5タイトルが問いかけてくる

ohisamaさん
2019年11月11日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:映画館

幸せ

登場人物は少ないのですが、それぞれの思いを想像するのが忙しい映画でした。彼達にとっての真実は何だろう、と場面が切り替わる度に考え、人はすれ違うものだな、と。
日本人の監督が、日本人以外の俳優達とこうした表現が出来る事は面白い。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
ohisama

3.0大女優ってやつは…

2019年11月7日
iPhoneアプリから投稿

嘘つきで傲慢、やたらプライドが高いなどなど上げたらきりがないほどのようだ。
それらを全てベールに隠し演じ切る。
親子の葛藤と言うよりも、大女優のプライベート生活を描いているようだし、ファビエンヌがドヌーブそのものなんだと見ていてそう思っていた。
彼女を引っ張り出した是枝監督もさぞ大変だったに違いない。
なんてことばかり考えてしまった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
Fighters1110
「真実」の作品トップへ