赤毛のアン 初恋のレビュー・感想・評価

赤毛のアン 初恋

劇場公開日 2018年10月5日
7件を表示 映画レビューを書く

小説とちがいすぎるけど、これはこれでええねん。 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

字幕監修が松本侑子さんだった。松本侑子訳の赤毛のアン、アンの青春、アンの愛情を読んでいるのでうれしい。
村岡訳リスペクトを感じる読みやすい訳が好きです。
そして注が多いのがすごいいい。背景とか引用出典とか、解釈とかすごく役立った。

まぁそれは置いておいて。

前作以上に原作からかけ離れました。
なんせアンとギルバートは川に流される前にはすでに両思いにしか見えない仲よさだし、それをダイアナが嫉妬してるし(アンを取られてね)
すでにアンはパフスリーブドレスを着て13歳のバースデーパーティー開いてもらってるし(マリラそんなことする?マシュウがアンのためにパフスリーブドレスを用意しようとするところがいいのに)
マシュウの性格が怒りっぽくてよく喋るふつうのおじちゃんやん。マシュウの引っ込み思案の奥ゆかしさが恋しい!
だいたいリンド夫人がなんでマリラより見た目わかいの!!10人子供産んだようにみえへんがな!

なんて思いましたが!!

いいの。そんなことは。
13歳の女の子が安全な場所で、衣食住の心配をせず、自分の悩みや煩悩や空想に夢中になっている姿が、37歳のわたしにはただただ癒しなのです。
自分に振り回されて自己嫌悪しながら、それでいて瞳は輝いていて。
樹の下で座って本を読むアン、ダイアナやルビーと野原を楽しげに走るアン…それを見つめるギルバート。
癒されます。
さしずめ赤ん坊の一挙手一投足、仔犬や仔猫のそれをみて、安らぐような気持ちです。

もちろん赤毛のアン卒業もみますよ。
よく喋りすぎてもマシュウとの別れは辛いですね。

だいず
だいずさん / 2018年10月27日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

それは長所

マリラもマシューも記憶よりいい人だった
良く考えずにすぐ行動してしまうことについて咎められたとき
それは長所だわ!と切り替えしたアン、お見事
そういうひたむきな前向きさ、憧れる

magnolia
magnoliaさん / 2018年10月11日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

原作が恋しい

原作がとても好きで、原作と比べてしまい少しがっかりした気持ちになった。

由由
由由さん / 2018年10月10日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

あまりに無味乾燥なダイジェスト。完結編への橋渡しとしての2作目。 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

私の生涯の愛読書「赤毛のアン」の映画化第2作目。昨年の春に第一作が劇場公開された時にも映画館で作品を観た。長編の物語を90分に収めるのだからダイジェスト化されるのは仕方ないと考慮した上で、甘々評価で楽しませてもらった。その時点ではまだ、私は続編が製作されていることを知らず、なるほど三部作だということを知れば、第1作目におけるやや説明の足りない部分も十分に語られるだろうという期待が生まれた。しかしながらこの第2作。ますます言い足りなさを感じたというのが正直なところか。

まさか、原作小説が有するだけの物語とその真意を全て描けというのが無理な話だとはもちろん分かっている(世界名作劇場のアニメ版がそれに成功したのは、1年間という放映時間を使って十分に描くことが可能だったからだ)。ただこの第2作目においては、ダイジェスト化が更に加速しており、半ば事務的に原作小説で描かれたエピソードを消化しているだけのように見えないこともない。原作で描かれたひとつひとつのエピソードの面白さをみすみす削ぎ落してエピソードを説明的に描写しているような無味乾燥さ。牧師さんの奥さんに薬入りのケーキをふるまっても、髪を緑に染めても、川を筏で流されても、原作で読んだようにワクワクもドキドキも思わず笑ってしまいそうにもならない。一方で、原作にはないオリジナルストーリーは(前半部分は特に)寧ろ増えているようなところがあり、その多くはマシュウの描写に表れている。マシュウの存在をこよなく愛する身としては余計な加筆だと言わずにいられない。寡黙で内向的で言葉少なながらもアンを導いていくマシュウが、この映画では饒舌でユーモラスで加えて認知症という設定まで加わってますます原作のマシュウとは別人格である。演者であるマーティン・シーンという大物を起用した以上台詞を増やさずにいられなかったか?なんてちょっと邪推してしまいそうになる。原作に忠実に映像化するだけが映画化の意義ではないにしろ、原作が持っていた「面白味」は理解しておいてもらいたいなと思う。まぁ、なぜか戦争映画になってしまったミーガン・フォローズ版「アンの結婚」のようにならないだけまだまだマシとも言えるけれども。

前作は、一応は「アンがグリーン・ゲイブルスに残れるか」というストーリーを主軸にして描くことで一つの作品の大きなテーマを設定できていたものの、この2作目はそういったことはなく、あくまで1作目と完結編を繋ぐ「2作目」としての立ち位置をこなすのみという感じ。この作品だけで成立する起承転結はないし、エンドクレジットが出てきたときには「ここで終わりか?!」と思った。
でも、だからこそ、3作目を見るまで本当の評価は分からない。3作目を見て2作目に対する感想も変わるかもしれない。何しろ私はアンが好きだ。11月の3作目公開をそれでももちろん当然のように楽しみにしている。

天秤座ルネッサンス
天秤座ルネッサンスさん / 2018年10月9日 / PCから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

元祖・天然少女!

前作も大好きでした!
誰でも知っている永遠の名作
とても丁寧に上質に作られていますね

アニメ、映画、舞台・・今まで沢山の『アン』に出会いましたが
エラ・バレンタインが私史上最高の『アン』です!!

第三章の公開も楽しみですね!

nemoちゃん
nemoちゃんさん / 2018年10月9日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  楽しい 単純 幸せ
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

あぁ^~アンかわいいんじゃぁ^~

前作いつだっけ…続編公開まで随分経ったな。

完璧な実写化と言って過言ではナイ。
前作の時は気付かなかったけど、アニメ版よりこっちの方が出来良いですね。
ギルバートのクソガキっぷり最高なんじゃぁ^~

日高雄介
日高雄介さん / 2018年10月7日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  楽しい 幸せ 萌える
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

大人になる過程

出てくる女の子達がみんな可愛いらしかったです。思春期の女の子の1番成長する時期を上手く演じられているのでは。前半と後半でもすでに成長している様な気がしました。

ごっとん
ごっとんさん / 2018年10月7日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

7件を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi
採用情報