「小説とちがいすぎるけど、これはこれでええねん。」赤毛のアン 初恋 だいずさんの映画レビュー(ネタバレ)

メニュー

赤毛のアン 初恋

劇場公開日 2018年10月5日
全7件中、1件目を表示
  •  
映画レビューを書く

小説とちがいすぎるけど、これはこれでええねん。 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

字幕監修が松本侑子さんだった。松本侑子訳の赤毛のアン、アンの青春、アンの愛情を読んでいるのでうれしい。
村岡訳リスペクトを感じる読みやすい訳が好きです。
そして注が多いのがすごいいい。背景とか引用出典とか、解釈とかすごく役立った。

まぁそれは置いておいて。

前作以上に原作からかけ離れました。
なんせアンとギルバートは川に流される前にはすでに両思いにしか見えない仲よさだし、それをダイアナが嫉妬してるし(アンを取られてね)
すでにアンはパフスリーブドレスを着て13歳のバースデーパーティー開いてもらってるし(マリラそんなことする?マシュウがアンのためにパフスリーブドレスを用意しようとするところがいいのに)
マシュウの性格が怒りっぽくてよく喋るふつうのおじちゃんやん。マシュウの引っ込み思案の奥ゆかしさが恋しい!
だいたいリンド夫人がなんでマリラより見た目わかいの!!10人子供産んだようにみえへんがな!

なんて思いましたが!!

いいの。そんなことは。
13歳の女の子が安全な場所で、衣食住の心配をせず、自分の悩みや煩悩や空想に夢中になっている姿が、37歳のわたしにはただただ癒しなのです。
自分に振り回されて自己嫌悪しながら、それでいて瞳は輝いていて。
樹の下で座って本を読むアン、ダイアナやルビーと野原を楽しげに走るアン…それを見つめるギルバート。
癒されます。
さしずめ赤ん坊の一挙手一投足、仔犬や仔猫のそれをみて、安らぐような気持ちです。

もちろん赤毛のアン卒業もみますよ。
よく喋りすぎてもマシュウとの別れは辛いですね。

だいず
さん / 2018年10月27日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi
採用情報