劇場公開日 2019年10月18日

駅までの道をおしえてのレビュー・感想・評価

採点する

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

全22件中、1~20件目を表示

5.0感動しました!

2019年11月5日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:映画館

泣ける

幸せ

心温まりました!オススメの映画です。
期待してなかったのにほんとに見てよかったです!

コメントする
共感した! (共感した人 2 件)
えりちん

4.0綺麗なトコだけ見せられて999

2019年11月2日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

泣ける

幸せ

萌える

11月は涙に暮れてます。つか、まだ2日だけなんだけど、ダダ泣き続いてるやん。大丈夫か?俺。

音楽が全てアコースティックだったのが嬉しかったのと、女の子が美少女系じゃなかったのが良かった。物語の方は、どってこと無いけれど、地味に豪華な顔ぶれのキャストに驚き、細部まで手抜き無しの「映画部分」が好感持てるし、安心して浸れる映画だった。

帰宅時間の遅い娘を放置してる両親に説教したくはなるけれど。

やっぱり、ワンコと女の子のコンビは最強だす。それがわかってるから、あのポスターなんだろうね。

コメントする (コメント数 4 件)
共感した! (共感した人 8 件)
bloodtrail

3.0犬と子供と老人

更科さん
2019年11月2日
Androidアプリから投稿

最強、最悪。口角の上がったルーの正面顔にやられます。
「銀河鉄道の夜」の影響が強いのか「墓場鬼太郎」の幽霊電車の影響が強いのか、現世と黄泉の国を繋ぐアイテムとしての列車って日本人は好きなのかな?

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
更科

3.0☆☆☆★★ 原作読了済み。簡単に。 子供が受ける【死】に対する自分...

2019年10月30日
iPhoneアプリから投稿

☆☆☆★★

原作読了済み。簡単に。

子供が受ける【死】に対する自分の無力感。

映画はほぼ原作短編の通りに描かれる。

少女にワンコ。おじいさんに死に別れた息子。更には、不治の病にタイムスリップと。併せて6段重ねの豪華版。

映画本編は、少女が初めて味わう【死】に関しての悲しい思い。それと同時に、《友達》となったおじいさんとの出会いと、再び訪れる別れが描かれる。

観ていて思ったのは。原作が短編だけあり、じっくりと描いているのは良いのだが。正直言って、中盤辺りでは。少々間延びしていた様な印象を持ち。クライマックスでの(ある意味で)感動的と言える場面では、ちょっとしたやり過ぎ感も感じてしまった。
出来る事ならば。もう少し、ワンシーン辺りを短めにしたならば。もっと映画全体にテンポが出来て観やすくなったのでは?…と(汗💦)

とは言え…。映画オリジナルとして、有村架純のモノローグを入れた事で。少女の成長譚としての側面は、ある程度は表現出来ていたのではないだろうか。
いずれにしても、日本映画らしい佳作では有るとは思いますが(他力本願💧)

2019年10月26日 シネスイッチ銀座1

コメントする
共感した! (共感した人 1 件)
松井の天井直撃ホームラン

3.0FF6の魔列車。

2019年10月30日
iPhoneアプリから投稿

ペットロスの話なのだが、大きなテーマは愛するものとの別れと再生の話。FF6の魔列車の話だと思えばもうほぼ完璧。

内容は60分もあれば十分な内容でスカスカなのだが、柴犬と遊ぶ映像が大量に盛り込まれ、そのぶん犬好きからしたら贅沢にも感じるが、飽きもくる。

ペットを下手に擬人化させて台詞を吐かせたり、転生させるような妙なファンタジー感は一切なく好感持てるが、その分幼少の頃に感じる現実と夢がわからなくなる境目的なファンタジー映画。
私も幼少の頃は本気で自分は空を飛ぶ能力があると思っていて、当時の体験があまりにリアルすぎてあれが夢の中の話だったと片付けたのはだいぶ過ぎてからの話だったこともあるので、理解はできる。

テーマが上記の通りどうしてもワンテーマだし、おなじような映像が続くので私は飽きてしまったのだが、響く人には響くようで、隣の人は顔をくしゃくしゃにして泣いていた。

年齢はもう少し高めか、実際ペットロスを経験した人向けかも。映画的な面白みには欠ける作品です。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
やべっち

4.0「素敵な映画を見つけた」感

2019年10月28日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

新津ちせさんと笈田ヨシさんの76歳差の演技に泣かされました。

私は犬を飼ったことはありませんが、共感できる部分がたくさんあり、子どもの頃気持ちを思い出しました。
そして、死と向き合うって、あせらず自分のはやさでいいんだと思えました。

観終わったあとは自分の生を一生懸命に全うしたいと静かに前向きな気持ちになりました。

私が観た時はお客さんが少なくて、「素敵な映画を見つけた」感がありました。
しかし矛盾しているようですが、この映画をたくさんの人に見てもらいたいなぁと思いました。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 4 件)
GinBuck7342

4.0ちせちゃん、頑張ったねえ。

2019年10月26日
Androidアプリから投稿

子役さんって素晴らしいよね。
あんなに小さくても、演技できるって。

ストーリーは伊集院作品ならでは。
VFX少なかったのはイイ!ちゃっちいのはきになったけど。
舞台が神奈川県だったからか、DESTINY鎌倉ものがたりとダブって見えたのは気のせい?

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 3 件)
にいやん

4.0試写会で見ましたが、かなり泣けますよ。

gary_mvさん
2019年10月24日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会

評価は分かれるところですが!しかし。
亡くなった愛犬の回想シーンに、親や祖父母、友人、愛犬の死で心に穴が空いた方。
凄く共感するところがあると思います。
最後のシーン、人間に必要なもの、埋めてくれる素敵な映画です。
こういう思いしている方にきっちり答えてくれる愛が溢れています。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
gary_mv

4.5映像のとても綺麗な、優しさが心に染みる作品です。

2019年10月24日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 1 件)
共感した! (共感した人 9 件)
もりのいぶき

4.0主演『ワン』優賞 ▽・ᴥ・▽

2019年10月23日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

とにかく主演、助演のワン優2匹の演技が秀逸!
特に主演ルー役の柴犬がスバラシくて
それだけでも鑑賞に値します U・x・U ワン

ヒトでは、やはり新津ちせちゃんの
超大物感漂う目力と存在感に圧倒されます!

中盤以降、ファンタジー色が強くなり
気になるところもココソコにあって
評価は4にとどめましたが
十分に満足な、印象に残る作品でした♪

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 4 件)
こーだ@北九州(チームあるあるYY№7)

0.5想像を観客に任せ過ぎている気がする

KZKさん
2019年10月23日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

単純

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 4 件)
KZK

4.5ごんぎつねと同じくらい泣きました。

masamiさん
2019年10月22日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:映画館

泣ける

悲しい

さて「駅までの道をおしえて」です。漢字で教えてじゃなく、おしえてと平仮名なのが良いですね。
この映画は全て京急電鉄周辺で展開します。
懐かしいなあー思いましたが、よく考えたら私は二回しか乗った事がなかった!(早く気づけよ)
梅屋敷に行ったが、そんな屋敷なんか無い!
以下箇条書きでつっこませて貰います。

天空橋(ジブリの映画か!)
青物横丁(昭和か!)
生麦(早口言葉か!)
雑色 ぞうしき (どんな色だよ!)
鮫洲(鮫いないよ!)
弘明寺 ぐみょうじ 八丁畷 はっちょうなわて
(読めないよ!)

京急で久里浜線になると、あり得ない駅名があります。その名は・・・

YRP野比 わいあーるぴーのび"(正式名称です)
なんじゃあ!その名前!わしゃあイングリッシュ拒否男なんじゃあ!
(そんな奴はおらん)

とにかく京急はクセが強いんじゃ!
(まだ岡山弁?)

大変失礼しました。東京メトロ東西線にも味わい深い駅名が有ります。原木中山!バラキなかやま 弱そうなボクサーか!
その先の東葉高速鉄道の飯山満
お前は誰だ?はさまと読みます。更に
北習志野!なんだ!えっ?普通?いやね、
きたならしの、きたならしぃーの

岡山弁じゃ!最高じゃ!あと・・・
関東圏以外の方、すまんのう。

さてここから映画の感想に入ります。
まず撮影の美しさです。一年半かけた撮影です。春夏秋冬、主役のサヤカと犬のルーが走る映像。画面のどこかに映る京急電車。どこか懐かしい風景。本当に素晴らしいです。

さてストーリーについて言及します。全体の10%くらい言及します。愛犬を失った少女と息子の死を受け入れられない老人の話です。どうです?これだけで泣けませんか?そして古いジャズ喫茶、草原を走る犬、懐かしい踏切、赤い電車、本当に素晴らしい。泣かせのミルフィーユ状態!ただ一番素晴らしいのは・・・

新津ちせちゃん!!!

ご存知のように、あの新海監督の娘さんです。
忖度とかバーターとか無しに三ヶ月のオーディションを経てこの役を勝ち取りました。ほぼ、全編出ずっぱり。9歳にして座長です。長ゼリフもアドリブもOK。一瞬の表情で多くの事を伝えられますし、全身で演技も出来ます。
genuine 正真正銘の大女優。不世出の大女優。過去の子役を全て凌駕する大女優。
子役という軽い言い方はやめて頂きたい。いわば慈母です。

何回泣かされた事でしょうか。
ごんぎつねと同じくらい 泣きました。

コメントする (コメント数 1 件)
共感した! (共感した人 9 件)
masami

4.5子供は希望の塊だと思い込んでいた

2019年10月22日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 4 件)
けざ+α

1.5犬好き用?

かずきさん
2019年10月22日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

犬好きにもウケないし子供好きにもウケなさそうな、なんとも中途半端な展開の映画。塩見三省、柄本明がほんのちょろっとしか出ていなくて、味わいが足りなかった。父母とも出演しているのに、なんとなく他所の子みたいな接し方で、この家庭大丈夫か(だから死んだ犬に絆を求めているのか?)と感じる。
余貴美子以外の看護師があそこまで冷酷でいいんかね?ちょっと酷いんじゃないの。
三途の川を京浜急行が繋いでいるという??な展開。
私にはわからんな。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 3 件)
かずき

3.5デート

Bacchusさん
2019年10月21日
Androidアプリから投稿

泣ける

単純

萌える

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 2 件)
共感した! (共感した人 9 件)
Bacchus

2.5平凡な映画

2019年10月21日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

単純

ペットロスを描いた映画でその点凄く共感出来るが、主人公は子供、ナレーションは大人のミスマッチが気になり、回想なのか今の出来事を描いているのかよく分からず感情移入できなかった。原作を読んでいれば面白いと思うが、予備知識なしでは正直きつい平凡な映画。

コメントする
共感した! (共感した人 1 件)
しんちゃんねる

5.0原作をリスペクトした丁寧なフィルム

2019年10月21日
iPhoneアプリから投稿

泣いた!
滂沱の涙。

犬や親しい人たちが亡くなる別離と、その時の心の在り方を描いた、大傑作でした。

愛犬、親や祖父母などの肉親、友達を亡くしたことのある人には突き刺さります。

主演の新津ちせちゃんの演技力がすごかった。
ちせちゃん演じる少女・サヤカと、フセ老人とな心の通い方もまた染みた。

早いカット割りが多いこのご時世、ゆったりゆっくりと犬と少女と老人の感情を追い、丁寧に心情を伝えようという意図に満ちたフィルムが素晴らしかった。
原作を大事にしながら、映画として成立させようという、監督の繊細な仕事ぶりに、感服。

コメントする
共感した! (共感した人 7 件)
コージィ日本犬

4.5【深い喪失感を抱える少女と老人が出会い、再生していく姿を幻想的な場面も絡めつつ、慈しみに溢れた視点で静謐に描き出す作品】

NOBUさん
2019年10月20日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

 人は大切なモノ(それは深く愛する人であったり、動物であったり様々であろうが)を失った時から時が止まったままになったり、喪失を認めない心持になったりするのだろう。

 この映画はそのような状況に陥った少女と老人が奇跡的な出会いをし、一人は前を向いて歩みだし、一人は幸福な気持ちで旅立っていく姿を静かに描き出している。

 後半、この映画のタイトルの意味が幻想的な場面で明らかになった時、それまで堪えてきた涙が溢れ出てきた。

 それにしても、サヤカ(新津ちせと:凄い子役さん)の健気さとフセ(笈田ヨシ)の長く長く、息子を想う気持ちには心打たれるものがあった。

 周りを固めるサヤカの両親(坂井真紀さん 滝藤健一さん)、や伯父夫婦(マキタスポーツ 羽田美智子さん)もとても良いが、特に記憶に残ったのは祖父を演じられた塩見三省さんの妻を失って、言葉もなく縁側に座る姿であった。これは、近親者が亡くなった際見てしまった光景を思い出してしまい、本当に参ったし、涙した。

<大切な人はいつまでも傍にいるわけではない。その思いを心のどこかで持ちながら日々の生活を大切に過ごさなければ、と思わせてくれた作品>

コメントする (コメント数 1 件)
共感した! (共感した人 7 件)
NOBU

4.0カオナシが乗っていそうな京浜急行

kossyさん
2019年10月20日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

 この女の子が新海誠監督の娘!と聞いてびっくり。途中まではこの少女サヤカのPVなんじゃないかと思うくらいにクローズアップされていて、亡くなった愛犬ルーがまだ生きてるんじゃないかと妄想する表情が絶賛されるべき愛くるしさなのです。ルーといっても大きな柴犬じゃなく、ドコモCMの白戸家のお父さんみたいな白い犬。犬を飼いたいと思うシーンから泣けてきちゃいますよ。

 近所に住む伯父の庭を借りて飼い始めたルー。赤い電車が好きで、アイスクリームも大好き。散歩コースからちょっとわかりにくい入口にある原っぱを見つけ、そこで鉄の棒をサヤカとルーで探し出すのが日課となった。時系列はちょっとごちゃ混ぜになっているが、10年後のサヤカ(有村架純:声)の記憶を辿ってるので、それほど気にならない。

 ルーが死んでからは原っぱに現れた茶色の犬をサヤカが追いかけ、街角の古びたジャズ喫茶の老人フセと出会う。彼もまた幼い息子を亡くしたことが受け入れられないのだ。仲良くなった奇妙なコンビは「何かを探そう」と海に遊びに行き・・・

 サヤカとフセ。二人とも夢の中で会いたい人・犬に出会う。もう、ここからがファンタジー色満載。コトリンゴの音楽が心地よく、幻想的な雰囲気につつまれる。チセちゃんの顔からも連想してしまうのですが、『千と千尋の神隠し』の実写版?と感じた方は他にもいるかもしれません。ただ、もっとも印象に残ってるのが看護師さんへのケツキックでしたが・・・

コメントする (コメント数 3 件)
共感した! (共感した人 8 件)
kossy

4.0オープニングが素敵でした。

かんさん
2019年10月20日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

新津ちせちゃんの今後に期待しています。
ラストの海でもらった青いガラス(?)を見つめるシーンは震えました。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 6 件)
かん
「駅までの道をおしえて」の作品トップへ