劇場公開日 2018年11月4日

  • 予告編を見る

「でも、、、苦しい」熱狂宣言 FMovさんの映画レビュー(感想・評価)

採点する

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

4.0でも、、、苦しい

FMovさん
2018年11月12日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

パーキンソン病を患う大会社のトップ、松村厚久さんのオンオフを包み隠さず切り取った、奥田和由監督渾身のドキュメンタリー映画。
オープニングから衝撃的だった。恐らく、彼が一番調子が悪かった時期の映像と思われるが、、壇上に立ち、マイクを持って話しているが、何を言っているのか聞き取れない。

彼はもともとは健康体だったが、30代のある日突然、発病した。もし、自分の会社の社長が急に病に倒れたらどうなるか。自分はどうするか。想像せずにはいられなかった。

「松村厚久は、こんなもんじゃない」と、彼は自分自身を奮い立たせ、最前線に立ち続ける。

そしてまわりの社員たちは彼をこう表現する。まわりを穏やかにする、全力で人を喜ばせようとする純粋なひと、と。彼らは、本当に松村さんを慕っているからこそ、彼とともに歩む道を選んだ。涙を流し抱き合う姿、無言で松村さんに手を貸す姿に心を打たれた。

だが、松村さんは自分自身を「幸せ者だ」と話す一方で、本音をこぼすシーンは、涙なしには観られなかった。

「でも、、、苦しい」

彼が椅子からずり落ちてしまっても気づかない隣のひと。罵詈雑言を浴びせる株主。その怒り、悲しみをぶつける先がないという。あと50%でも、体力が回復すれば、自分はもっとできるのに。勝てるのに。120%、やれるのに。

どんなにもどかしく、悔しいだろう。

しかし、どんなに苦しくとも社員の前では弱音を吐かず、いつも誰かに何かしてあげることを考えている。

監督が劇中に、彼をひとつのカメラではとらえきれない、というようなことを仰っていたが、全くその通りである。人とは、ひとつの面のみを見ただけでは、到底把握しきれない不思議な生き物である。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
FMov
「熱狂宣言」のレビューを書く 「熱狂宣言」のレビュー一覧へ(全4件)
「熱狂宣言」の作品トップへ