劇場公開日 2019年1月18日

  • 予告編を見る

夜明けのレビュー・感想・評価

2.932
5%
28%
46%
17%
4%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

全32件中、1~20件目を表示

3.5広瀬監督の今後が楽しみ

2019年1月26日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

知的

地方の木工所という男臭い世界を舞台にしているが、奇妙なほどにフェミニンな印象を受ける作品だ。男の柔らかい部分というか、弱さのようなものが非常に上手く描かれた作品だ。
ある過去を持って逃げてきた青年と、息子を失った過去から前に進めない中年男性、二人は共依存の関係になりながら前に進みたくてもがく。

前半は青年の素性の謎とともに、青年側の葛藤を描いているのだが、いつの間にか中年男性側に視点を移動しているのが巧みだ。男はいくになっても弱い。しかしその弱さを批難しないのがこの映画の良いところ。誰にでも立ち止まってしまう時はある。それは悪いことだと思わなくていい、ゆっくりでいいいので前に進む力を貯めればいい。

広瀬奈々子監督は脚本、演出ともに荒削りな部分はまだあるが、確かな実力を示した。これからが楽しみな監督がまた1人増えた。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
杉本穂高

3.0救われない

2020年2月29日
iPhoneアプリから投稿

結局嘘をつき続けることなんてできない。きっと自分のことがイヤになるし、こんなんでいいのかと何度も何度も自問自答していろいろな思いを抑えて生きていくことになる。とりあえず、何も救われない映画だったなぁ

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
しらたま

2.5イマイチ2人の心情がわからないんだよなぁ、、

tamaさん
2019年12月24日
iPhoneアプリから投稿

イマイチ2人の心情がわからないんだよなぁ、、

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
tama

3.5希望はあるのか

2019年10月16日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ともちん

3.0人生に絶望した男の話

2019年9月15日
Androidアプリから投稿

ドキッとしたシーン。男が職場の先輩とラウンジで飲んでるシーン。店の女が男の先輩に「あの男見たことある」と告げた。「近くのファミレスでバイトしてた。その店火事で燃えた。放火って噂」と男がいないところでひそひそ話。ドキッとした。その男そんなヤバい奴なのか。男の秘密を知ったてしまい困惑する先輩。男は自分の過去を秘密にしている。この温度差が第三者の視点からみて面白い。この先必ずひと悶着あると思わずにはいられないシーン。まるで指名手配犯をそうとは知らずに匿って後に犯人には気づかれずに真相を知ってしまったときの緊張感。信頼していた人間の黒い過去を知ってしまったときの複雑な感情。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
お前の頭はただの飾りか

3.0思わせぶり

いつこさん
2019年9月12日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

どんな罪を犯したんだろう、とサスペンスを見るような気分でいたが、そんな話?!そんなんで??といった期待外れ感。息子の死が受け入れられず、偶然助けた少年と重ね合わせる哀れな男。2人が光を受け入れることで、何か変われたのだろうか。最後に光が向かう先は。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
いつこ

4.0柳楽さん 小林薫さん 改めて凄い役者である事を認識する

NOBUさん
2019年7月20日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

悲しい

知的

幸せ

身元不詳の訳ありな青年を演じる柳楽さんと彼をある理由から保護し、共に暮らす初老の男を演じる小林薫さんがとても良い。

不穏な空気を漂わせながら進む物語に引き込まれる。

派手さはないが、滋味深い邦画の佳品である。

<2019年1月31日 閉館してしまった半田コロナ劇場にて鑑賞(メインストリームではないが、良い作品をセカンド上映で掛けてくれる映画館だっただけに実に残念である)>

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
NOBU

3.0生きてるだけで愛の男バージョン?

2019年2月18日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

何故か思い出しました。生きてるだけで愛

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
びわ湖のこーちゃん

3.5静かな作品

あまのさん
2019年2月17日
iPhoneアプリから投稿

全編通して非常に静かで、言い方を選ばなければ、率直に言って大変地味。
そして語られているようで何も語られない。
でもその分、この人は何を考えてるんだろう、どうしてこうしたんだろう、どうなっていくんだろう、と考える余白が多い作品。
こういう、観客側に委ねていく作品は個人的に好きなので私自身は結構楽しめた。
ただ、映画に感動やエンターテイメントを求めるタイプの人には物足りないかもしれないので、見る人を選ぶ作品かな、という印象。
逆に、じっくりと小説を読むような作品が好きな方にはオススメ

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
あまの

2.5なんかなぁ

ひでさん
2019年2月17日
Androidアプリから投稿

28本目。
もどかしさだけが残らないかな。
心情の機微は分かりやすくていいんどけどね。
スッキリしない夜明け。
最後の踏切も、あ、やっぱりと匂わせてる感じはするけども、個人的にはエンドロール終わりにクロスする様に鉋を研ぐ音が聴こえてきたら良かったかな。
脇役は絶妙だけど、堀内敬子さん芝居がね、ちょっとバランスが悪いかな、芝居がかり過ぎて。
情報番組の一編でしか西川美和作品を観た事しかないけど、監督の事を調べたら成程、何かそんな雰囲気だもんな。
でも雰囲気をトレースしただけなのかな?
西川作品観た事ないから、これ以上は。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ひで

2.5リアル感は良いがラストが…

2019年2月12日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

泣ける

悲しい

難しい

日本映画がドラマの実写化が多い中で、つまらない掛け合いではなく自然な演技が出来てたと思う!

ただしラストに向かうストーリーが何の希望もない、虚無感だけが残る残念な仕上がりにガッカリ!

柳楽優弥の挙動ってる感が、良かったが、それだけ!なんか期待外れでした!

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
underground0003

3.0男のそれぞれの女々しさ

asgy213さん
2019年2月11日
Androidアプリから投稿

その後を知りたかったかな(;^ω^)
小林薫好きだなぁ

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
asgy213

3.0まあまあの映画

stoneageさん
2019年2月7日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:映画館

人の命に関わる、取り返しのつかない失敗や後悔がトラウマ化してしまった人たちの物語。それを救おうと手を差し伸べる人と、救われたいけれどキッカケを見出せない人と…。

美しく寛容な物語だが、世間はそんなに甘くはない(笑)…人生の挫折を嫌というほど味あわされる事だってある…いい日ばかりでなく悪い日だってあるわけだ。

*こういう作風は、昨今ヨーロッパ受けが良いんでしょうか!?(笑)
*そういうのが見えてくると、途端に映画がつまらなくなるんです。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
stoneage

2.0監督は、ボヘミアンラプソディを見習え

2019年2月4日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

寝られる

何が言いたいのか、何を表現したいのか、監督はどこにいるのか、さっぱり分からなくて、思わせぶりな閉塞作。金を払って楽しみに来ている観客に、「忖度」を強いる感じ。その煮え切らない空気は、ラストシーンで決定的に。
師匠は、客が来ない映像を創りながら悩みに悩んで、大監督になったことを考えると、30歳の弱冠にはそのレベルを求めるのは酷かも知れないけれど。
たまたま、横でやっているボヘミアンが大入りの状況を見るにつけ、ガラガラの客席で監督は臥薪嘗胆してもらいたい。
俳優らの、緊張感をつなぎ止めようという演技は良かったけれども。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ちんたら

3.0柳楽優弥に光

ONIさん
2019年2月3日
iPhoneアプリから投稿

面白い設定のドラマだった。柳楽優弥はいるだけで不穏な破壊衝動を漂わせるのでこの役にはぴったり。女の子連れ出すだけで何かありそうだと思ってしまう。
確かに主役は柳楽優弥だけど、ウェイトとしてはもう少し木工所サイドからこの闖入者を覗き見る感じで見てみたかったかも。
柳楽優弥は常に闇に向かって走っていきそうだけど、光に照らされるのはよかった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ONI

3.0夜明けだったのか?

2019年2月3日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

共感できる部分もあるドラマだが世間が狭すぎる
優しさよりも強いものが弱いものを支配しようとする感を上手く醸し出している
しかし、彼の将来はどうなるのだろうか?
ふっ切れた様に見えない夜明け
(No.6)

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
シネパラ

3.0再生の映画のつもり

はなもさん
2019年1月30日
iPhoneアプリから投稿

やり直しの様を描いている。が、やり直せるのは、主人の真一だけで、面倒を見た哲郎は、結局8年前から止まったままでおきざり感満載。

冒頭のシーンは、画面が暗過ぎて何をしているのか分からず、朝焼けの中、釣りに出かけてきた哲郎が川べりを見ながら走りだすシーンで、主人公の真一は川べりに居たのかと判明。
また、真一は所在無さげにたたずんだり、身の置き所が無いようなシーンが多く、彼のキャラクターを表していたのかもしれないが、見ている側からするともどかしかしく、曖昧でどっちに想像したらいいんだか、はっきりしない。監督の独り善がり感が多いと思う。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
はなも

3.5悲しい

ダリアさん
2019年1月29日
iPhoneアプリから投稿

最後のシンイチの表情良かったな。いろんな想いの混在とふりきった意思の表れ‥‥と思った。目に焼き付いている。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
ダリア

1.0夜明け?

かんさん
2019年1月26日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

全く伝わってきませんでした。
ラストひどい!

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
かん

3.0絶妙な微妙さ

kkmxさん
2019年1月25日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする
共感した! (共感した人 2 件)
kkmx
「夜明け」の作品トップへ