ビハインド・エネミーライン 女たちの戦場

0%
20%
40%
20%
20%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

2016年製作/99分/ドイツ
原題:Hear the Silence

スタッフ・キャスト

監督
エド・アーレンバーグ
製作
ルー・バインダー
脚本
アクセル・メルツェナー
ジュリア・ピーターズ
エド・アーレンバーグ
撮影
ルドウィッヒ・フランツ
編集
ジャン・ティモ・ソネマン
  • ラース・ドプラー

  • サイモン・ハンガートナー

  • クラリサ・モロシャー

  • アントニア・ランゲノール

  • アンドレアス・ザーン

全てのスタッフ・キャストを見る

映画レビュー

0.5裏切られた

さん
2020年5月21日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

久しぶりに酷い映画を観た。

感情的になるばかりで、
全員頭悪すぎて全く感情移入できず。

緊迫感のある風、泣ける風に進むけど
何も感じなかった。

ただ不思議なことに時間が進むのは
早く感じられた。

前半ところどころ伏線らしきものが張られていくから、何かとんでもないことが起こるのかと期待し過ぎたのかもしれない。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
晶

3.5戦争と人間の怖さを描いています。

よしさん
2020年2月11日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

男性は全て出征したウクライナの寒村で、流れ着いたドイツ兵と住民の女性が殺し合いに発展する・・・と言うストーリー。

ハリウッドで良く作られるステレオタイプのナチス物ではなく、ドイツ陸軍が登場する作品です。
彼らはヒトラーを茶化し、赤軍に怯える普通のドイツ国民。
そして村民はドイツとソ連の狭間で、自らの命を守るために、或はソ連に対する忠誠の為に必死に行動する。
ふとしたきっかけで、復讐心と猜疑心が高まり殺し合いに発展していくシーンは、フィクションとはいえ、あり得そうに思えて悲しくなります。
救いがないストーリーで、改めて見たい作品ではありませんが、一見の価値はあると思います。
ただ、各々の行動にいたる思考が分かり難いかもしれません。例えば、最初に発端を作った少尉がなぜあのような行動に至ったのか・・・等を分かりやすく描いてくれたらもっと良かったように思えます。

コメントする
共感した! (共感した人 1 件)
よし

2.5敵を見極めて戦う方法

2019年1月24日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

悲しい

怖い

1941年のウクライナ、ドイツ軍の小隊が主力からはぐれてしまい、さびれた農村にやってくる。
この村に男はおらず、女、子供、老人だけだった。
女たちはドイツに味方するものと、ソ連に味方するものに分かれてしまい・・・。
戦争ではよくある話かも。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
いやよセブン
すべての映画レビューを見る(全3件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る