劇場公開日 2019年11月29日

「前半に少し落ちる(-_-)zzz 息子が親父をなじり続ける3時間(...」読まれなかった小説 松井の天井直撃ホームランさんの映画レビュー(感想・評価)

3.413
14%
50%
19%
14%
3%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

3.0前半に少し落ちる(-_-)zzz 息子が親父をなじり続ける3時間(...

2019年12月8日
iPhoneアプリから投稿

前半に少し落ちる(-_-)zzz

息子が親父をなじり続ける3時間(苦笑)

名作『雪の轍』の監督だけあって、物凄い量の台詞の洪水が観客を襲う(´-`)
『雪の轍』の台詞の数も凄かったが。今回は中盤での男3人で語り合う、コーランの定義や、神・宗教論。それ以外にも人間の尊厳だったり、テクノロジー等に対しての議論が…まあ〜〜〜〜〜長〜〜〜〜い!その台詞の量が、また半端ないくらいに凄かった。

作品中には何度となく【死】を予感させる《夢》を、息子と父親はそれぞれ見る。
それが〝何〟を表現しているのか?ひょっとしたら神からの何らかの〝暗示や示唆〟を表しているのか?
ラストシーンは、「それでも一歩すつ進んで行く」との考え方なのだろうか?
正直な話。この辺りのちょっとした宗教的な考え方等が、我々日本人にはちょっと難しい。ここを理解出来たならば、もっと作品を楽しめるのだろうけど…。

ただ親父よ! そんな昼寝すな〜(`・ω・´)
死んだと思ったぞ!

2019年12月6日 ヒューマントラスト有楽町/シアター2

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
松井の天井直撃ホームラン
「読まれなかった小説」のレビューを書く 「読まれなかった小説」のレビュー一覧へ(全13件)
「読まれなかった小説」の作品トップへ