劇場公開日 2019年4月12日

  • 予告編を見る

「安心せい、ミネウチじゃ」多十郎殉愛記 kossyさんの映画レビュー(感想・評価)

2.940
6%
29%
43%
13%
9%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

2.5安心せい、ミネウチじゃ

kossyさん
2020年9月17日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

 あと、特筆すべきことは日本一の斬られ役・福本清三が出ていることくらいで、ストーリーがどうでもいいくらい中途半端。幕末の話なので長州の浪人、そして新選組と見廻組との殺陣が冴えている。弟が両目を斬られ、おとよと二人で逃げていくシーンもチャンパラと交互に描かれているものの、なんだか付け足しただけの感じ。

 20年ぶりにメガホンを取った中島貞夫監督。日本伝統のちゃんばら活劇ではあるが、ストーリーに力が入ってないのが残念なところ。大人数を相手にする多十郎のシーンは凄みがあるし、竹光だと思っていたら日本刀に代わっていたとか、伝統的な時代劇によくある光景は懐かしさも感じられた。

 結構斬られているのにふんばって戦い続けるサムライ。極端なガニ股で構えるところも懐かしさが漂っていた。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 7 件)
kossy
「多十郎殉愛記」のレビューを書く 「多十郎殉愛記」のレビュー一覧へ(全40件)
「多十郎殉愛記」の作品トップへ