ドヴラートフ レニングラードの作家たち

劇場公開日

  • 予告編を見る
ドヴラートフ レニングラードの作家たち
ドヴラートフ レニングラードの作家たち
17%
17%
41%
8%
17%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

現代ロシアの伝説的作家セルゲイ・ドブラートフの激動の半生を描き、第68回ベルリン国際映画祭で銀熊賞(芸術貢献賞)を受賞した伝記ドラマ。1971年、ソビエト・レニングラード。言論に自由の風が吹いた“雪解け”の時代を経て、社会には再び抑圧的な“凍てつき”の空気が満ち始めていた。ジャーナリストとして働きながら文筆活動に勤しむドブラートフの6日間を切り取り、後にノーベル賞を受賞する詩人ヨシフ・ブロツキーら若き芸術家・活動家たちのひたむきな生を描き出す。セルビア人俳優ミラン・マリッチが主演を務め、「ヴァンパイア・アカデミー」のダニーラ・コズロフスキー、「ウルヴァリン:SAMURAI」のスベトラーナ・コドチェンコワ、「裁かれるは善人のみ」のエレナ・リャドワが共演。「神々のたそがれ」の巨匠アレクセイ・ゲルマンを父に持つアレクセイ・ゲルマン・Jr.がメガホンをとった。

2018年製作/126分/G/ロシア・ポーランド・セルビア合作
原題:Dovlatov
配給:太秦

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第68回 ベルリン国際映画祭(2018年)

受賞

芸術貢献賞(銀熊賞) エレナ・オコプナヤ

出品

コンペティション部門 出品作品 アレクセイ・ゲルマン・Jr.
詳細情報を表示

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10
  • 画像11
  • 画像12
  • 画像13
  • 画像14
  • 画像15
  • 画像16

(C)2018 SAGa/ Channel One Russia/ Message Film/ Eurimages

映画レビュー

3.0当時の文化人たちの心象を追体験するような作品

2020年6月30日
PCから投稿

2時間の間、寄る辺のない魂の彷徨を見つめ続ける映画だ。事前の関連知識はあるに越したことはない。70年代初頭、それは文化的な自由度が増したソ連社会に再び抑圧の空気が立ち込めた時代だったとか。ドヴラートフも作家でありながら自らの作品を発表する機会が得られず、この何ら歴史的瞬間のない6日間を切り取った本作でも彼は、ただひたすら音楽のある場所、友人たちのいる場所をタバコを燻らしながら歩き続けるも、光が差す気配は一向にない。他の文化人の中には精神的にギリギリまで追い詰められている者もいる。正直、分かりやすい映画とは言えないし、取っ付き易くもない。6日間の彷徨はあまりに出口が見えないばかりか、人間らしい感情の揺らめきすら忘れそうになる。我々は心の置き所を見失い、ただ幽霊のように漂うのみ。まさにこの心境こそ、当時のドヴラートフを始めとする文化人たちの荒涼たる心象風景だったのではないかとも感じるのだった。

コメントする
共感した! (共感した人 3 件)
牛津厚信

3.0こちらは公式ホームページのポスターにサックスを吹く人が載っていたの...

2020年7月26日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

こちらは公式ホームページのポスターにサックスを吹く人が載っていたのでロシア音楽のお話しかと思いそれなら面白そうと選んだ作品なんですが、作家さんのお話しでした、、
きちんと副題に書いてあるじゃん、作家たちって。。
作家セルゲイ・ドブラートフの半生を描いた内容なんですが、現代ロシアの伝説的作家さんなんですね😲
普段読書をあまりしないので全く知らない方でしたが、、
自分には響くことのない内容でしたけど、126分落ちることもなく鑑賞は出来たので、文学のお好きな方にはたまらない内容かもです。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ワイルドとみまる

4.0まるで彼の小説のような映画

Momokoさん
2020年7月8日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

どこまで本当か、わからない。
それでいい。

囚人と看守は紙一重ほどの違いが、あるのかもあやしい。
自然な演技、古い自動車、部屋のしつらい、タバコ、ヒー・ライト?(ハイライト)
ジャズ
読んでから観たらもっと楽しめたかも。
観てから読んだが、そのまんまだった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
Momoko

1.0伝説的な作家を

NobuNagaさん
2020年6月20日
iPhoneアプリから投稿

伝説的に描ききれていない。

そこそこな脚本、そこそこな演出。
氏の存在や作品を熟知していなければ
深く味わえない上級者向けな作品。

ただの偏屈な怠け者の駄々コネ日記。
ストイックと偏屈は紙一重。

時代背景も描ききれていなくて退屈。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
NobuNaga
すべての映画レビューを見る(全4件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る