ワンダー・ウーマンとマーストン教授の秘密
ホーム > 作品情報 > 映画「ワンダー・ウーマンとマーストン教授の秘密」
メニュー

ワンダー・ウーマンとマーストン教授の秘密

解説

DCコミックスの最強ヒロイン「ワンダーウーマン」の生みの親で、嘘発見器を発明した心理学者でもあるウィリアム・モールトン・マーストンの人生を、「美女と野獣」のルーク・エバンス主演で映画化した伝記ドラマ。1920年代。心理学の教授ウィリアムは授業を受けていた学生オリーブに惹かれ、彼女を助手にする。一緒に研究する妻エリザベスはオリーブに嫌悪感を示すが、共に過ごすうちにエリザベスもまたオリーブに惹かれていく。嘘発見器の発明を目指し研究に没頭する3人だったが、やがてそのスキャンダラスな関係が校内で噂となり、大学を追い出されてしまう。3人で共同生活を送る中で、ウィリアムは2人の進歩的な女性に感化され、新たなヒロイン「ワンダーウーマン」を考案する。エリザベス役を「アイアンマン3」のレベッカ・ホール、オリーブ役を「ネオン・デーモン」のベラ・ヒースコートがそれぞれ演じた。

スタッフ

監督
製作
テリー・レナード
アンディ・レッドフォード
製作総指揮
アンドレア・スパーリング
ジル・ソロウェイ
脚本
アンジェラ・ロビンソン
撮影
ブライス・フォートナー
美術
カール・スプレイグ
衣装
ドナ・マロニー
編集
ジェフリー・M・ワーナー
音楽
トム・ホウ

作品データ

原題 Professor Marston and the Wonder Women
製作年 2017年
製作国 アメリカ
上映時間 108分

映画レビュー

平均評価
3.2 3.2 (全3件)
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

Amazonプライムビデオで関連作を見る

他のユーザーは「ワンダー・ウーマンとマーストン教授の秘密」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi