「ビルドの良さが発揮されていた」劇場版 仮面ライダービルド Be The One よしのさんの映画レビュー(ネタバレ)

劇場版 仮面ライダービルド Be The One

劇場公開日 2018年8月4日
全17件中、3件目を表示
  •  
映画レビューを書く

ビルドの良さが発揮されていた ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

公開直後と最終回放送後に2回見に行きました。
仮面ライダービルドは本編自体も構成や設定が甘く、粗の多い作品です。実際この映画もブラッド族の目的や行動にイマイチ整合性がなく、演出過多だなと感じる部分も多かったです。クローズビルドの最終決戦もCGがごちゃごちゃしててちょっと目が疲れた……。

それでもなおファンを引きつける魅力は描きたいテーマにブレがない所でしょう。「見返りを求めない正義」と「桐生戦兎と万丈龍我の友情」この2点においてはとても丁寧に描かれていたと思います。
民衆に感謝されない仮面ライダーの孤独を
大人数のエキストラから攻撃されることで描き切ったのは面白いと思いました。
また、桐生戦兎と万丈龍我に関しては本編での台詞や映像を使用して思い出深く描かれていて、ここまで築き上げた彼らの
友情の大きさをひしひしと感じます。

この2つを描くためにあえてストーリーや設定の整合性を捨てているのかなと感じているので、特にそこで減点されるような作品ではないと思いました。

見なくても本編を楽しめる映画ではありますが、見ればより2つのテーマに深みのでる映画だと思います。
ぜひ円盤化された際には購入したい作品です。

よしの
さん / 2018年8月28日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi