「古典落語「芝浜」の世界」億男 どっきどきさんの映画レビュー(感想・評価)

ホーム > 作品情報 > 映画「億男」 > レビュー > どっきどきさんのレビュー
メニュー

億男

劇場公開日 2018年10月19日
全148件中、54件目を表示
  •  
映画レビューを書く

古典落語「芝浜」の世界

「何者」の時も思ったけど、主役とはいえ、佐藤健はよくもまあ、こういうショボい男の役を引き受けたなぁと思った。
普通、出来れば、あまり受けたくはない「おいしくない」主演だと思う。
しかし、彼はダサい一男を思い切りダサく、面白く演じていた。
一男は主役であるけれど観る人自身が自分を投影する役割の主役だ。だから、主演であっても目立つことなく、ヒーローでもない。こういう「透明」な役を演じられる佐藤健は凄いと思う。一男の目を通して、「もし、3億円当たったら」を疑似体験していく寓話的な物語。落語の『芝浜』を知ってるとさらに面白い。

どっきどき
さん / 2018年10月28日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  笑える 興奮 知的
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi
採用情報