ウォーキング・ウィズ・エネミー ナチスになりすました男

劇場公開日

  • AmazonVideoで今すぐ見る
ウォーキング・ウィズ・エネミー ナチスになりすました男

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

第2次世界大戦下のハンガリーでナチス兵に成りすましてユダヤ人の救出作戦に身を投じた青年の物語を、実在の人物ピンチャス・ローゼンバウムをモデルに映画化した戦争サスペンス。1944年、ナチス・ドイツ同盟国のハンガリーは戦火を免れていたが、国家元首ホルティが連合国との講和を模索していることに気づいたナチス軍がブダペストに侵攻、アイヒマン指揮下でユダヤ人の一掃作戦に乗り出す。労働奉仕に収監された青年エレクは収容所から逃亡し、離散した家族や仲間を探し出すことを決意。愛する女性ハンナの助けでナチス将校の制服を手に入れた彼は、ナチス兵に成りすまして大胆な行動に出る。主人公エレク役に「オール・ユー・ニード・イズ・キル」のジョナス・アームストロング。共演に「ガンジー」のベン・キングズレー。ヒューマントラストシネマ渋谷、シネ・リーブル梅田で開催の「未体験ゾーンの映画たち2018」上映作品。

2014年製作/113分/アメリカ・カナダ・ルーマニア・ハンガリー合作
原題:Walking with the Enemy
配給:インターフィルム

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10
  • 画像11

(C)2014 LIBERTY STUDIOS, INC. ALL RIGHTS RESERVED.

映画レビュー

4.5実話系の重み

未読さん
2019年5月21日
PCから投稿

悲しい

怖い

難しい

矢十字なる言葉を今まで知らなかった
鉤十字はあまりにも有名だが

それにしても、侵略戦争がいかに悪の根源であるかが
この映画から伝わってくる

今、ネットや某議員の勇ましい言葉が乱舞している日本
喉元過ぎればの怖さをしらない世代の跋扈

なぜ鬼畜からギブミーへと華麗に転進したのか
そのあたりをよく考えないと歴史は繰り返すかもしれない

コメントする
共感した! (共感した人 1 件)
未読

5.0ハンガリーの事情がよく伝わってきた。

kossyさん
2019年3月14日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

 勉強不足のため、矢十字党というのも知らなかったし、スイス保護状というものも知らなかった。それまでの摂政ホルティ(ベン・キングズレー)はソ連軍との休戦を画策するが、それがナチスに知られることとなり、矢十字党のサーラシがクーデターで政権を掌握することになった。親ナチスの矢十字党。どことなくハーケンクロイツにも似ているマークは不気味だ。

 それにしても『シンドラーのリスト』以降、ユダヤ人を救ったという実話がどんどん出てきたものだと驚きの連続。この映画もかなりの残酷描写があり、随所でのユダヤ人の虐殺も描かれている。特に胸が苦しくなったのはヒロイン・ハンナの妹が銃殺されるシーン。壁に手をつき、一人ずつ銃殺されていき、次は自分か、次なのか・・・と、辛さをこらえる苦悶の表情は涙無しでは直視できない。

 最初にSSの制服を着て友人のフェレンツを助けたエレク。「失うものはない」と言ったエレクは次から次へと無謀なまでの作戦でユダヤ人を救出していく。さらに行方不明となった自分の家族の消息をつかもうとナチスのパーティにまで参加したりする。結局ポーランド・アウシュビッツをはじめとする収容所に送られるユダヤ人を全ては助けられない。スイス保護状(偽造したものも含む)にしても7千枚ほどしか作れなかったようだ。

 矢十字党の幹部と数度に渡り対峙したエレク。終盤の銃撃戦は凄まじいものがあった。さらにはソ連軍侵攻。そんな国の危機が迫る中でも矢十字党はユダヤ人を銃殺しようとしているのだ。

 痛快さもある終盤だったが、それにも増して自分の英雄行為の多くを語ろうとしなかったところが偉い。同じ状況に置かれたら、こんな行動を自分がとれるかどうか。やはり何もかも失い、ヤケクソにならなきゃ出来ない行為だな・・・

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
kossy

4.0思っていた内容と違って。胸に来た

fukui42さん
2019年3月11日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

「ナチスになりすました男」というサブタイトルの邦題から。
潜入捜査のような話かなと思って、録画したままでした。

違いました。

ユダヤ人の労働収容所=アウシュビッツ行きから、仲間を匿ったり逃がそうと奔走する主人公の話。実話に基づくというのだから驚き。

最初は「銃では戦えない、外交条約なら戦える」と、スイスが発行する保護状を印刷し。それが免罪符となり逃がしていたものの。
保護状は7,800枚、でもユダヤ人は20万人・・・。
先が見えない中、戦争が終わってよかった~。杉原千畝さんと同じような人がいたのだな。が前半。

???。

主人公は前半途中から、ナチス親衛隊の軍服を着て「ナチスになりすまし」。
いかにもな顔をして、ユダヤ人を逃がしていくんだけど。
制服だけでは救えないと、酒場で情報収集したり危険な橋をわたっていくのがもうドキドキハラハラ。
「お前の上官は?」って、答えられないよね。

ヒトラー、アウシュビッツ、スターリン。アイヒマンによる一掃作戦。何となくしか知らない話だけど。銃一発や毒ガスで奪われる命の悲しさが十分伝わってきました。

「運命を他人に決められたくない」。主人公の言葉が印象的。
それが当たり前じゃなかった時代を、忘れてはいけないと感じました。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
fukui42

4.0かなりの良作

素子さん
2019年2月15日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

ハンガリーでナチスになりすましてユダヤ人を救った男の実話、演出もエンタメ要素たっぷりでとてもおもろいし、メッセージもしかり伝わって素晴らしい。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
素子
すべての映画レビューを見る(全8件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る