劇場公開日 2018年5月19日

  • 予告編を見る

「【”真のロックンロール写真家は、世界的なロックの表現者の真の姿を永遠に写真に焼き付け、後世に残す。”】」SUKITA 刻まれたアーティストたちの一瞬 NOBUさんの映画レビュー(感想・評価)

3.67
12%
62%
19%
5%
2%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

4.0【”真のロックンロール写真家は、世界的なロックの表現者の真の姿を永遠に写真に焼き付け、後世に残す。”】

NOBUさん
2021年9月29日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

興奮

知的

幸せ

ー SUKITA=鋤田正義。
 80歳を超える現役の、デヴィッド・ボウイ、イギー・ポップ、マークボランら世界的アーティストの代表的なポートレートや、アルバムジャケットを数多く手がけてきた日本人写真家である。
 見かけは、只のオジサンであるが、彼に対するYMOメンバーや、ジム・ジャームッシュ監督や、是枝監督、永瀬正敏ら、現代を代表するアーティスト達の彼に対する絶賛に近い言葉が続く。
 そして、このドキュメンタリー映画では、彼らの言葉を裏付けるSUKITAの仕事ぶりが”これでもか!”と言うくらいに、紹介される。ー

・私が、今作の存在を知ったのは、今作の監督である相原裕美さんのドキュメンタリー映画「音響ハウス Melody Go Round」を鑑賞した時である。
 そして、私の手元には監督の第一作である「SUKITA 刻まれたアーティストたちの一瞬」があった。
 (私は、興味があったが、物理的に観れなかった映画のフライヤーを捨てないという癖がある。)

・今作で印象的なシーンや台詞は数々あるが、デヴィッド・ボウイを始めとした、世界的なアーティストがSUKITAの前では、彼の構えるファインダーから目を背けることなく、瞳の奥まで写し込まれている写真の数々である。
 ー デヴィッド・ボウイが、若い頃の喧嘩の影響で瞳の色が違う画などは秀逸である。ー

・デヴィッド・ボウイが京都を気に入り、暫く住んでいた事は知っていたし、白川通の古い喫茶店にその写真がある事は知っているが、今作で初めて見た、寛いだ彼の姿をSUKITAが収めた写真の数々は驚きであった。
 それは、イギー・ポップの普段見せない、寛いだ表情からも窺い知れる。

<SUKITAの凄さは、世界的なアーティストに対し、フツーの姿勢でファインダーを向け、彼らのフツーの姿を写し取った事である。
 簡単な様に思えるが、劇中の一流アーティストの出演者の言葉を聞いても、如何に難しい事かが良く分かる。
 世界に誇る、稀有な真のロックンロール写真家が、この日本にいる事を、同民族の遥か後輩として誇らしく思った素晴らしきドキュメンタリー作品である。>

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
NOBU
「SUKITA 刻まれたアーティストたちの一瞬」のレビューを書く 「SUKITA 刻まれたアーティストたちの一瞬」のレビュー一覧へ(全7件)
「SUKITA 刻まれたアーティストたちの一瞬」の作品トップへ