劇場公開日 2018年1月27日

  • 予告編を見る

星めぐりの町のレビュー・感想・評価

3.427
14%
47%
22%
11%
6%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

全27件中、1~20件目を表示

3.5脚本が少々甘いが、ほのぼのする

2018年1月28日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会

楽しい

舞台は愛知県豊田市。豊田市と言えばもちろんトヨタの企業城下町で、工業住宅都市なのだろうと思いきや、豊かな自然が残っていて、良い意味で予想を裏切られた。

大ベテランの小林稔侍が映画初主演というのも意外。頑固で恐い豆腐職人かと思いきや、割と優しいキャラクター。震災で家族全員を失って心を閉ざした遠縁の少年を預かり、その少年と徐々に距離を縮めていく過程が物語の主軸になる。

変だなと思ったエピソード。少年のが留守番中に地震があり、震災を思い出した少年が家を飛び出し行方不明に。稔侍が帰宅して少年の不在を知り、その後町民総出で捜索する場面が続き、見つからないまま夜に。そこで稔侍が「男は一人で乗り越えなければならない時がある」みたいなことを言うんだけど、捜索願い出したのあんたでしょうよ。一人で乗り越えさせたいなら、捜索願い必要ないし、町民がいい迷惑。脚本が甘いところもあるが、人情系でほのぼのする。

コメントする (コメント数 2 件)
共感した! (共感した人 0 件)
高森 郁哉

3.5ほっとけ、ほっとくしかないんだ。

shimoさん
2020年1月24日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
shimo

2.0壇蜜のバイクに二人乗り。俺だったら手をそんなところに・・・

kossyさん
2019年3月25日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

 これが小林稔侍の初主演作だと知り、驚いた。震災のトラウマから、地震への恐怖がある少年・政美くん。学校へも行かず、豆腐屋の家業を継ぐのかな?などと結末を予想しながらのTV鑑賞でしたが、壇蜜のバイクとか、走り屋の道を歩む可能性も十分に秘めていた。もしや頭文字Dへのオマージュ・・・名前も美で終わってるし。

 悪い人が出てこない作品で、豆腐に関する知識も学べる映画。「雪虎」などと風情のある魯山人も愛した厚揚げ料理。手作りのため、料理屋では品切れになることもあるのだとか。そして和紙工房への見学。教育映画としても通用しそうだ。

 そんないい要素満載の映画だったけど、セリフのやり取りなどが棒読みに聞こえるのはダメ出ししないのが原因なのか、編集が下手なのかはわからない。平田満の演技にもがっかりだったし、とにかく小林稔侍が一人で頑張ってる感じがする。また、他のエピソードなんかの伏線が全く回収されてないのも残念なところだろうか。壇蜜とラーメン屋の恋の行方とか、佐津川愛美がまた漫画家目指してる役だぞ!とか、クラシックカーは直ったのか?とか・・・。

 最後は宮沢賢治の「雨ニモマケズ」の暗誦合戦。いや、唐突すぎる気もするが、もっと気になったのは少年は5歳で被災してるので、いつの間に覚えたんだろうと不思議だった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
kossy

2.0邦画

2019年3月23日
iPhoneアプリから投稿

まったりしてた。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
@Jankichi@

3.5助け合う

2019年3月5日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

笑える

悲しい

豊田市で豆腐屋を営む主人公(小林稔侍)、自動車整備工の娘(壇蜜)と二人暮らしで、豆腐は美味しいと評判。
亡くなった妻の遠い親戚の男の子が連れてこられる。
この子は東北大震災で両親や妹ら家族をみんな失ったことから、殻に閉じこもってしまい、どこでもうまくなじめなかったようだ。
生きているのは有形無形の助けがあるから。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
いやよセブン

3.5ま~😆よかったよ👌

2018年10月15日
Androidアプリから投稿

小林稔侍がいい味出してたね‼️
皆、自分で乗り越えなければならない試練がある。そうして強く優しく成長するんだよね。過保護はいかんで〰️

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
シゲドン

2.0中途半端

隣組さん
2018年3月17日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

残念ながら作品の意図が充分に伝わらず中途半端な内容に感じた。途中は退屈になりzzz…。
2018-61

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
隣組

2.5豊田市の豊かな自然と豆腐を堪能する映画・・なのかな?

TAKAさん
2018年2月15日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

予告編がよく出来ており、震災遺児が主人公(稔侍さん)との交流で心を開いていくという映画ということで鑑賞しました。でも内容は残念ながら期待ハズレでした。

主人公と震災遺児の交流といっても二人の間に特に感動エピソードがあるわけでなく、少年は終始無言無表情で車の横に座っているだけです。時折主人公が示すいたわりの行動に思い出したように動き出しますが、そこにいたるまでの少年の心象風景を描くシーンが余りにも少なすぎるため行動の一つ一つが唐突な印象が否めませんでした。そもそもこの主人公の豆腐屋さんについて観客は簡単な家族構成とか京都で豆腐の修行をしたらしいということぐらいで何も知らされません。なぜ豆腐を作り始めたのか、豆腐への思い入れの原点ともいえる主人公の核となるものがまるで描かれていないので、プロの仕事としてこだわりをもっておられるのは分かるのですが、豆腐作りがこの物語を引っ張っていくだけの主人公の魅力になっていないように自分には感じられました。そんな二人が、出会いから終わりまでほとんど会話をかわすこともなく、あれよあれよというまに心がつながったかのようにめでたしめでたしとなって映画は終わってしまい、もっと濃厚な交流を期待していた自分としては肩透かしをくった感じで、ぜんぜん食い足りないというのが正直な感想です。

あとこれは個人的な意見で、震災をドラマ的に描く作品に全般に言いたいことなのですが、震災の悲惨さは直接体験、或いは見聞きしてもう十分世間に広まっていますからその悲惨体験をなぞるような「あの体験ゆえにこんなにかわいそうな状態です」的なエピソードはもう繰り返し見せなくてももういいと思うんですよね。それより、その回復過程の描写にこそ尺を使うべきと思います。本作もその点でバランスが逆のように感じました。実際、最初の見知らぬ土地の遠い親戚の主人公のところにいきなり連れてこられた少年の怯えぶりに、とても見心地の悪さを感じましたし、トラウマによる少年の奇行が繰り返し描写されて、感動よりもまえに、こんなところにいるよりプロのカウンセラーに診てもらってケアされた方がいいのではないか、と自分などはやきもきしてしました。仮に、少年の心の回復をうながすための田舎住まいをすることになったというのなら、いきなり連れてくる前にカウンセラーから勧められたとか、地元のそれらしき援助者の支援のもとで主人公と一緒に暮らし始めることになったとかのくだりをいれる等、丁寧な導入部が必要でしょう。

なんというか、豆腐づくりも仕込みが大切なように、物語にも伏線というか仕込みが大事だと思うんですが、本作はプロットの大枠だけ決まっていて、あとは監督さんの熱い思いで力まかせに作った感じがあって、それはそれで伝わるものも確かにあるのですが、震災遺児という繊細な主題を扱う映画としてはあまりにもラフすぎで、語り(描写)が足りなさすぎで、せっかくの監督さんの熱い思いも空回りしている感じがして残念に思いました(宮沢賢治の有名な一節のくだりも何の前触れもなく、あまりにも唐突すぎて気持ちがのれませんでした)

追記;
小林稔侍さんは好きな俳優さんの一人なので今後の益々のご活躍を期待したいと思います。それと、豊田市の豊かな自然、豆腐作りの過程やうんちく、昔風の生活の描写などはとても丁寧に撮ってあって、テーマ音楽も魅力的だったしその辺りの作りはとてもよかったと思います

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 3 件)
TAKA

4.0ラストに涙

由由さん
2018年2月11日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

途中までは、美しい自然に癒され、登場人物にはこんな人いるよねと思いながら、のんびり観ていたけれど、最後の山場には涙が出た。
自分の身に起こった耐えられない事実に一人で泣く悲しみや、それを毛布で暖かく包みこむ愛情、さりげなく相手を思いやり、抱きしめる強さには、生き続けることの大切さという、シンプルなメッセージを直に感じた。
何度も登場する一本の桜の木と、豆腐を作る様子、宮沢賢治の詩が、終わった後まで心に残る、美しい映画だった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
由由

3.0良さそうな映画ですが

2018年2月11日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

題材からけっこう期待して見ましたが、なんかちょっと変な臭いがする映画でした。
役者が、途中でイヤになったんじゃないかと思うほどのわざとらしさ。
脚本も無理やりかえられたみたいな感じです
あざとさがにじんでました
壇蜜さんはとても良かった。それだけが救い

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
Daikokumai

4.0美しい情景

すえさん
2018年2月10日
Androidアプリから投稿

美しい情景に、かぶさるBGMも良い。昔ながらの土間の台所等の風情。震災で心に傷をおった子供と小林稔侍さん演じる昔かたぎの豆腐屋の親父とそれを取り巻く人々との交流。チープかも知れないが、久しぶりにどっぷり浸れる映画でした。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
すえ

3.0なんだかなぁ…

kawausoさん
2018年2月10日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

単純

しまらない映画だった。
なんだろう?
話は拡散させまくり、回収もしないで終わるし、演技は良くないし、最後は、もっと子役がしゃべるべきだろう?
それをあんだけしゃべったらアカンわ…。正直、興醒めでした。
そして、トヨタを彷彿させる演出がありながら、どんだけ庶民的な社長やねん!って、思わず突っ込みをいれざるを得ない数々のシーン…。
残念でした…。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
kawauso

4.0震災の遺児どうなっているのかな?

とし 24さん
2018年2月8日
Androidアプリから投稿

小林稔侍の
映画初主演との事でしたかが、渋い演技で良かったです。壇蜜も最高です。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
とし 24

3.0可もなし不可もなし

stoneageさん
2018年2月4日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:映画館

小林稔侍に★星5つ!
次の主演作を観たいから、これ以上は何も言うまい!(笑)
次回は、山田洋次でぜひお願いします!

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
stoneage

4.0静かに見守る勇気

2018年2月3日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

癒えない心の傷はないけど、なかなか癒えない心の傷もある。分かった風に手を貸したり、逆に状況を全く分かってあげず拒んだりしがちな中、静かに見守るのは勇気がいるし、本当は一番の癒しになることってあるんだよな。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
こばりん

4.0高倉健と小林稔侍のタッグ

2018年1月30日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会

泣ける

知的

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
tomokiri2216

2.5☆☆☆ 豊田市が製作に深く関わっているらしいのだが…。 小林稔侍は...

2018年1月30日
iPhoneアプリから投稿

☆☆☆

豊田市が製作に深く関わっているらしいのだが…。

小林稔侍はこの作品が映画初主演らしく、それはとても目出度いのだが…。

映画の初め辺りに平田満が登場する。どうやら豊田市だけに、TOYOTAと何らかの関係があるのでは?と思うのだが…。

小林稔侍の娘役である壇蜜は、どうやらTOYOTA関連の修理工場で働いているようだ。

小林稔侍演じる無骨な男は昔ながらの豆腐屋。
そこに震災孤児の男の子がやって来る。

観た人の殆どがこう思うのではなかろうか!
豊田市が何故震災孤児の子の話を?
そして何故豆腐屋?
壇蜜絡みの恋愛模様は何処へ?
平田満の存在は何だったのか?
漫画家らしき佐津川愛美は、何の為に出て来たのか?…等。
なんでしょうねえ〜!映画の中で描かれる全てが中途半端にしか感じなかった。

映画の最後は石川啄木が…。
もうね!あそこで啄木ですから。古い人間が振りかざす【理想の押し売り】にしか感じなかったですね、残念ながら。

黒木監督は『蝉しぐれ』等、優れた監督だと思っていますが。今回は、色々な制約が有ったからなのか?…としか思えなかったですね。

2018年1月28日 イオンシネマシアタス調布/スクリーン4

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
松井の天井直撃ホームラン

5.0荒井陽太、小林稔侍、壇蜜連携バッチリ

2018年1月30日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

最後の荒井くんのセリフに泣きそうになりました。ゆっくり時間が流れて鑑賞でき最高でした。あまり観客がいなかったのが残念です。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
びわ湖のこーちゃん

3.5しみいるようなほっこりと優しくなれる映画でした

2018年1月30日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

泣ける

単純

幸せ

派手さはありませんがほっこりと優しくなれる映画でした。

時間の都合か、震災で心を閉ざした少年が心を開くまでの描写があっさりしすぎてしまったように感じたのは残念ですが、そこを差し引いてもじっくり関係をはぐくんだ2人の優しさが前面に出て、監督や俳優さんの作りたいという意思が見えるよい映画でした。
こういうしみいるような落ち着いた映画も素敵ですね。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ちいまめ

4.5小林稔侍さん

sunjaさん
2018年1月27日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:映画館

泣ける

幸せ

前情報もなく、映画をみました。豊田市。車の町の印象。スタートしたら、稔侍さんがお豆腐を作っている、そんな場面から、震災での遺児がつれられて、豆腐屋さんに一緒に住みながら、日々の暮らしからの変化など、静かに過ぎていきます。観ながら、涙が自然に流れてました。ラストまで心地よい時間がが過ぎ、見終わって、心が幸せになりました。
舞台挨拶で、稔侍さんが、ニューフェースの時にこの場所で面接をされたお話。この作品で初めての主演で、本当に自分で大丈夫なのかと思ったと、言われてました。
通常、舞台挨拶ですと、必ず皆さんにまた、観に来てくださいね。皆さんに宣伝してくださいね。等々、監督さんや主演の方など、宣伝に余念がないのですが。観に来てくれて有り難う。と、言われてたのが印象深かったですね。子役の子から稔侍さんへの感謝の手紙が読み上げられたのですが、稔侍さん。本当に感激してましたね。
また、スクリーンで観たい作品ですね

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
sunja
「星めぐりの町」の作品トップへ