「ボニーとクライドの印象は変わる」ボニー&クライド 俺たちに明日はない 万年 東一さんの映画レビュー(感想・評価)

3.01
33%
0%
0%
67%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

2.0ボニーとクライドの印象は変わる

2019年4月8日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

興奮

どうしたって67年の「俺たちに明日はない」と比較してしまうし、上映時間が三時間って大作!?

W・ベイティが演じたクライドをE・ハーシュが、H・ハンターにW・ハートと豪華な出演陣、監督もベテランで「ドライビング・MISS・デイジー」を撮った人らしく力は入っているなぁ、と。

67年版では描かれなかったクライドの幼少時代から、互いが出会う前の出来事に親の描写や追う側の警察サイド&記者と登場人物が盛り沢山。

ボニーを演じた女優さんは、何をドウしたってF・ダナウェイには敵わない訳で。

さすがに三時間は長いと思わせる出来ではあるが、67年版の存在を無視すればそれなりに興味深く観れる。

が、作ってしまったコトの理解に苦しむのは否めない。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
万年 東一
「ボニー&クライド 俺たちに明日はない」のレビューを書く 「ボニー&クライド 俺たちに明日はない」のレビュー一覧へ(全1件)
「ボニー&クライド 俺たちに明日はない」の作品トップへ