劇場公開日 2020年10月16日

「狂気と情熱、そして魂の救済ドラマ」博士と狂人 シネマディクトさんの映画レビュー(感想・評価)

3.828
31%
50%
16%
3%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

4.0狂気と情熱、そして魂の救済ドラマ

2020年10月18日
iPhoneアプリから投稿

メル・ギブソンの新作は、ガッチリした骨太ドラマでした。学歴はないけど天才的な言語学者、軍医でありながら狂気の殺人者と言う二人の主人公のストーリーを並行して描きながら、辞書編纂を縦軸に、博士の狂人への熱い友情、狂人の被害者家族への贖罪を横軸にドラマが展開し、とても見応えがあります。メル・ギブソンの渋い佇まいもいいし、狂人役なのにオーバーアクトにならず、抑制の効いたショーン・ペンの演技も抜群でした。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 17 件)
シネマディクト
「博士と狂人」のレビューを書く 「博士と狂人」のレビュー一覧へ(全28件)
「博士と狂人」の作品トップへ