我は神なりのレビュー・感想・評価

メニュー

我は神なり

劇場公開日 2017年10月21日
8件を表示 映画レビューを書く

誰も彼も正気じゃない。

そないに涙をドクドク流さんでもええんちゃう。みんな泣きすぎやちゅうねん!
また韓国映画の場合、アニメじゃ残酷シーンに物足りなさを感じてしまう。😭

2018年5月28日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  悲しい 怖い
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

宗教と人の心の暗部という悪魔に取り憑かれた者たち ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

『新感染 ファイナル・エクスプレス』の前日譚『ソウル・ステーション パンデミック』でもアニメながらハードな衝撃作を放ったヨン・サンホ監督だが、本作はその比じゃない。
宗教や人の心の暗部をエグいくらいにえぐり取った問題作!

ダムの底に沈む予定の寂れた田舎村。
村人たちの心の拠り所になっているのは、ある宗教団体だった。
“牧師”と呼ばれる若い男と“長老”と呼ばれる中年の男は常に村人に寄り添い、牧師の有難い言葉に村人は耳を傾け、奇跡を目の当たりにし、天国に行けると信じている。
無論、この宗教は詐欺。
長老は指名手配されている詐欺師で、村人から有り金を騙し取っている。信仰心など全く無い。
見るからに怪しく胡散臭いのに、何故こうも騙される?
宗教とは、それほど人の心を惑わすのか。
それとも、身も心も廃れ切っている村人たちの何でもいいからすがりたい弱さか。

彼らの悪事に立ち向かう者が現れた。
村に帰ってきた一人の男。
きっかけはいざこざからだったが、指名手配のポスターに長老の顔を見つけ、村人たちの異常で異様な姿に危惧する。宗教にどっぷりハマってしまった娘を連れ戻そうとする。
一見、この男のやってる事は正しい行い。
が、どうしても共感出来ない。
と言うのもこの男、家族にも平気で暴力を震う粗野な性格。口も悪けりゃ態度も悪い。
単身宗教団体に立ち向かう理由も、村や村人を救いたいという正義の心なんかではなく、ただ自分を殴った長老をフルボッコにしてやり返したいだけ。
そもそも、娘が宗教にすがりついてしまったのも、この男のせい。娘が大学の為に貯めていたお金を全て使い、反省の色は全く見せず、それどころか殴る、蹴る。父を激しく憎み、恨み、そんな情緒不安定な時に、宗教を入り込ませる隙を与えてしまったのだ。

男に対する周囲の反応も冷たい。
男は村でも札付きのワルと知られている故、端から煙たがられ、毛嫌いされている。
なので、男がどんなにこの宗教団体が詐欺だと訴えても、誰も耳を貸さない。
それどころか、この男には悪魔が取り憑いてる。
警察に訴えても、信じて貰えない。
片や村人から絶大な信頼を得ている“善良”な団体、片や村人から厄介者扱いされてるクズ。
誰がクズの言う事を信じるものか。
歪んだ信仰心に加え、社会的立場の低い者への偏見が人の心の暗部により拍車をかける。

一体、誰を信じたらいいのか。
誰がこの最悪の現状を救ってくれるのか。
純粋に神を信じている牧師…と思っていた。
牧師はある時、村人同様、長老に騙され、利用されている事を知る。
長老は牧師の弱み(ある辛い過去)を握り、牧師はどうする事も出来ない。
自分の信仰心とは何なのか。
自分は本当に神に身を捧げられる存在なのか。
それでも村人は自分を頼ってくる。
神よ、自分はどうすれば…。
てっきり牧師が自分の心に目覚め、正しい行いをすると思っていたら…、確かにある行動はしたが、それは神の道にも人の道にも反れる所業。
粗暴な男も金の亡者の長老も見てて胸糞悪いが、最も質が悪いのは、偽善者の化けの皮が剥がれた瞬間。
まさかの形で、一応この村を揺るがした事件は片が付いた。

何も宗教やそれを信じる者全てが悪い訳じゃない。
しかしこの場合、悪徳宗教や人の心の暗部こそ、取り憑いた悪魔だ。
一体、悪魔は誰の心に取り憑いた…?
ラストシーンが何とも皮肉で、ゾッとさせるものであった。

近大
近大さん / 2018年2月27日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  悲しい 怖い 知的
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

イクチェン

完全な実写指向というか思考。単に予算的な問題でアニメにした感じ。アニメなら完全にコントロール出来るし。ただもう少しだけ、アニメでしか出来ない表現も加えたらとは思う、実写で撮れよって元も子もない文句言わせないために。そんな監督が、インディペンデント実写映画である息もできないのヤンイクチェンを声優に使うのは興味深いし、新幹線俄然気になる。

ssspkk
ssspkkさん / 2018年1月29日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 1.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

みんなみんなバカ

新感染の監督作品というとこで鑑賞。物語の最初は、ダム工事で沈む予定の村にインチキ教祖が来て、金をふんだくるという、ただそれだけですが、話が進んで行くうちにどんどん雰囲気が悪くなってきます。そして最後は、絶望へと叩き落とされます。とても良いラストでした。
アニメ映画でしたが、韓国産なので、まだまだ絵が汚い感じはあります。が、話は面白かったです。

Stockholm
Stockholmさん / 2017年12月6日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

神と父、どっちに転んでも地獄

恐ろしかったー
地獄を観てきたわー

ダム建設予定地に突如現れた神様
彼らは家が水没してしまう彼らのための家を提供するからと言って金を巻き上げる

もちろん、神を語り村人を騙すインチキ教団にも問題はあるけど、
自ら考えることを放棄して、彼らにすがりつく村人にも問題がある
さらに、その嘘に気付き告発したのが、ギャンブル、酒、DVにまみれた悪魔のような男

それはまるで、死にゆく村にしがみついているお前らが悪いと言わんばかりで、優しさも、容赦もない

純粋であることは良いことであるけれど、妄信的に信仰する前に、自ら考えることを放棄してはいけない

村人の純真さを利用する牧師も、神に妄信的になっている村人も、ギャンブルまみれのDVオヤジも、自分のしていることに、一切の迷いがなく、自分は絶対に間違っていないと思い込んでいることこそが恐ろしかった

とえ
とえさん / 2017年11月4日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館、VOD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

主人公のキャラ崩壊 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

娘の入学金は奪って遊ぶけど、その娘が水商売に行ったら心配して連れ戻すって行動で、おかしいの。どういう思考回路だと、そうなるのか考えちゃった。

主人公一人だけ、真実を言ってるんだけど、周りは誰も聞いてくれない。「そりゃそうだよね」という主人公の悪行っぷりなので、感情移入できないんだよね。

テーマは面白いんだよね。信仰とか信じるってどういうことかってことを問うてるの。でも話を回す主人公がなんかあれだから、冷めちゃった。

最後の「お前が一番悪かったのか!」ってのも、冷めためで見てるから、インパクト薄くなっちゃったな。

Scott
Scottさん / 2017年11月1日 / PCから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

重力の強さ ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

何故にこの作品がアニメーションで作られたのか、非常に興味深い作品であった。
崔洋一監督『血と骨』のそれと同じなとんでもないアウトローな親父と、ダム建設のため水没される村の住人、そして親父の娘、最後に宗教家の男と利用する詐欺師の物語だ。
結論からいうと運命で片付けてしまうハードコアな内容なのだが、その誰にも救われず、テーマの通り天国(死)に逝く順に解放されていくという身も蓋もない有無を言わさぬ重量級内容だ。
久しぶりに『韓流』ではない、韓国映画を表現したテーマで、改めて自分のルーツを否応無しにぶつけられた、頬を叩かれる想いだ。
作画自体のクオリティは正直低いのは否めない。只、却ってシンプルな造りが、今テーマの重さを救っている利点があるのではないだろうか。理不尽で不条理、誰も幸せになれず、破滅の道を怒濤のように突き進むシークエンスは正に韓国だからこその表現技法だと思う。娘がホステスになり接待してる客から乳首を弄られているシーンの生々しさからも分かるように、オーバーリアリティな演出を追求している事が痛い位伝わってくる。
バッドエンドも又テーマとして正しい選択であり、自由主義社会の暗部を白日の下に晒そうとしているのか、はたまた、『悪魔』の仕業なのか、その境界線が曖昧に滲み出てくる重い重い作品であった。

いぱねま
いぱねまさん / 2017年10月28日 / PCから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  悲しい 怖い
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

宗教とは、、神とは、、、

宗教とは、、神とは、、、色々考えさせられる映画でした。

モリコーネ
モリコーネさん / 2017年9月5日 / PCから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  泣ける 怖い 知的
  • 鑑賞方法:試写会
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

8件を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi