劇場公開日 2017年7月24日

  • 予告編を見る

ハンズ・オブ・ストーンのレビュー・感想・評価

3.210
8%
44%
40%
4%
4%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

全10件を表示

2.5“石の拳”の伝記映画は“並みの拳”

近大さん
2018年11月25日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

単純

興奮

パナマの伝説的ボクサー、ロベルト・デュラン。
ボクシングと言うか、スポーツ自体に疎いので、名を聞くのは初めて。
Wikipediaで調べてみても、数々の防衛やタイトルを成し遂げた輝かしい実績。ガッツ石松ら日本人ボクサーとも対決。
その無敵の強さから“石の拳”のあだ名を持つチャンピオン。

映画としてはオーソドックスな作り。
生まれは貧困と犯罪蔓延るスラム街。
ボクシングを始め、メキメキと実力を発揮。
どん底に居た者が自らの拳で運命を切り開く…ボクシング映画の定番とは言え、実話ならではのハングリー精神。
やがて元名ボクサーで今は名トレーナーのレイ・アーセルと出会う。
多くのチャンピオンを育てた彼の下で指導を受け、そして遂に登り詰める。
妻との出会いも。アプローチはかなりしつこいナンパだったけど。
自信に満ち溢れた性格。一時期“デュランの日”が制定されるなどキャリアも私生活も絶好調。
しかし、ある試合が事件となる…。

ボクシング・ファンの間では有名らしい“ノー・マス事件”。
一度戦い勝った相手と再戦するも、試合途中で「ノー・マス(もうたくさんだ)」と言い放ち、棄権。(本人は否定)
これ以降、無敵を誇った彼のキャリアは揺らぐ事に。
本人にとっても曰く付きの事件。
映画はその真相に迫り、そこが作品に於ける重心になってると思いきや…、
バッシングやプレッシャー、愛国心や常に目の敵であったアメリカ…。
多くのものを背負い、戦ってきたのは分かるのだが、特別そこが深く描かれている訳でもなく。
あくまでデュランのボクシング人生の大事件の一つで、勿論ラストは再起。波乱の半生をコンパクトに纏めた感に過ぎない。

作品的には王道スタイルのストレート・パンチ。
が、“石の拳”ほどの破壊力には欠けた。

エドガー・ラミレスは熱演と白熱の試合シーンを披露。
『レイジング・ブル』がトレーナー役とは、ニヤリとさせるキャスティング。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
近大

4.5ノーマス事件の真相!に迫るわけではなく

2018年6月15日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

幸せ

興奮

R15+
ロベルトデュランの幼少期からWBAライト級王者獲得、80年のWBAウェルター級タイトルマッチシュガーレイレナード戦。再戦のノーマス事件も。
最後は1983年6月、デビー・ムーアを8回TKOに下し、WBA世界スーパーウェルター級タイトル獲得で〆。
その後の戦績には触れず、最後に現在の夫妻の写真で終える。2人共丸々として相当美化されてます。
とはいえパナマとアメリカの関係をロベルトデュランと父親の関係に絡ませたり、殿堂入りトレーナーのレイアーセルの関係に見立てたり、思い込みのキーワードでロマンス発展させたり、脚本が上手。映像もしっかりしていて劇場で見ればよかった。JKのアナデアルマスからベッドシーン、出産シーン、年いってからの彼女もなかなか。WOWOW版ではベッドシーンのボカシが大き過ぎる。
80年代ディスコの雰囲気、乱痴気騒ぎっぷりがいい。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
個人的下書き

3.5ロベルト・デュラン

2018年5月31日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

楽しい

単純

興奮

パナマが生んだ伝説のプロボクサー、ロベルト・デュラン(エドガー・ラミレス)の実録もの。
1960年当時、パナマはアメリカの統治下にあり、デュランはアメリカ人を毛嫌いしていたが、名コーチのレイ(ロバート・デ・ニーロ)は別だった。
ボクシングシーンはよく出来ており、シュガー・レイ・レナードとの確執は見せ場になっている。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
いやよセブン

2.5期待値低い分

2018年3月20日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

単純

●2018年27本目(DVD鑑賞22本目)
アメリカではさっぱりだったがなんといっても最近お気に入りのアナデアルマスがでてるので評価甘めです。
ボクシング映画にハズレはないと思っていて今回も悪くはないけどエドガーラミレス自体そこまで人気じゃないからなぁ。
気になったのはロバートデニーロの髪の後退は役作りかな?

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
しゅんすけ13

3.0石の拳 ロベルトデュラン

2017年12月31日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

80年代を代表するボクサーの1人 ロベルトデュラン
豪快な発言と態度でヒールになっているが、実際には、貧困の中から這い上がった男
エドガーラミレスが上手く演じてましたね。ブレードランナーのアナデアルマスが、美しいね。
デニローは、さすがです。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
大阪ぶたまん

1.0ロバート

pigeyesさん
2017年12月2日
iPhoneアプリから投稿

パナマ人ボクサーの話、途中何度かパナマ運河巡る政治の話だとか、そもそも冒頭が反アメリカデモから始まるんだけど、今ひとつ絡んでいかない。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
pigeyes

4.0ボクシング映画最高

Takashiさん
2017年11月4日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
Takashi

3.0ビニーより面白い

2017年8月13日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

楽しい

興奮

S・R・レナードの宿敵?みたいな凄い選手だったんだと関心させられた。

伝記映画お決まりのテッペンから落ち込んで自暴自棄もシンプルに物語のテンポも良く試合シーンも迫力があり楽しめる。

デ・ニーロ含めE・バーキン、J・タトゥーロと脇を渋く固めて効果もなかなか。

主人公の幼少時代が楽しく過ごしている雰囲気でアメリカを憎んだり貧乏だったりな悲惨さがあまり伝わらない演出なのは残念。

デ・ニーロ演じるレイ・アーセルの人生に興味が湧き彼の功績を自伝映画にしたら傑作になるような。

同時期公開的な「ビニー 信じる男」のB・パジェンサと二度対戦しているのも興味深いし二度ともデュランが負けてはいるが映画の面白さでは本作の勝利!?

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
万年 東一

3.0技術と戦略

Bacchusさん
2017年8月13日
Androidアプリから投稿

興奮

パナマのスラムで生まれ育ったボクサー、ロベルト・デュランと殿堂入りトレーナー、レイ・アーセルの実話に基づく話。

政治的な混乱期であったことと家族を捨てたアメリカ人の父親に対する思いからアメリカが大嫌いな主人公が、アーセルと出会い精神的に成長し戦略を身につけて世界チャンピオンになるが、戦う理由を見失い試合い引退し、復帰するまでのストーリー。

試合放棄から再起までの話が期待していた程深く描かれておらず少し残念。
嫁さんとの馴れ初めの話とかより、再起までの葛藤とか、アーセルの話をもう少しみせてくれたらなあと感じた。

デュランのことに興味が有るか否かで大きく評価が変わるんじゃないかとは思うし、物足りなさはあるけれど自分には面白かった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
Bacchus

3.5パナマ vs アメリカ

everglazeさん
2017年7月24日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
everglaze
「ハンズ・オブ・ストーン」の作品トップへ