ハンズ・オブ・ストーンのレビュー・感想・評価

ハンズ・オブ・ストーン

劇場公開日 2017年7月24日
9件を表示 映画レビューを書く

ノーマス事件の真相!に迫るわけではなく

R15+
ロベルトデュランの幼少期からWBAライト級王者獲得、80年のWBAウェルター級タイトルマッチシュガーレイレナード戦。再戦のノーマス事件も。
最後は1983年6月、デビー・ムーアを8回TKOに下し、WBA世界スーパーウェルター級タイトル獲得で〆。
その後の戦績には触れず、最後に現在の夫妻の写真で終える。2人共丸々として相当美化されてます。
とはいえパナマとアメリカの関係をロベルトデュランと父親の関係に絡ませたり、殿堂入りトレーナーのレイアーセルの関係に見立てたり、思い込みのキーワードでロマンス発展させたり、脚本が上手。映像もしっかりしていて劇場で見ればよかった。JKのアナデアルマスからベッドシーン、出産シーン、年いってからの彼女もなかなか。WOWOW版ではベッドシーンのボカシが大き過ぎる。
80年代ディスコの雰囲気、乱痴気騒ぎっぷりがいい。

e
eさん / 2018年6月15日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  幸せ 興奮
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ロベルト・デュラン

パナマが生んだ伝説のプロボクサー、ロベルト・デュラン(エドガー・ラミレス)の実録もの。
1960年当時、パナマはアメリカの統治下にあり、デュランはアメリカ人を毛嫌いしていたが、名コーチのレイ(ロバート・デ・ニーロ)は別だった。
ボクシングシーンはよく出来ており、シュガー・レイ・レナードとの確執は見せ場になっている。

いやよセブン
いやよセブンさん / 2018年5月31日 / PCから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  楽しい 単純 興奮
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

期待値低い分

●2018年27本目(DVD鑑賞22本目)
アメリカではさっぱりだったがなんといっても最近お気に入りのアナデアルマスがでてるので評価甘めです。
ボクシング映画にハズレはないと思っていて今回も悪くはないけどエドガーラミレス自体そこまで人気じゃないからなぁ。
気になったのはロバートデニーロの髪の後退は役作りかな?

しゅんすけ13
しゅんすけ13さん / 2018年3月20日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  単純
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

石の拳 ロベルトデュラン

80年代を代表するボクサーの1人 ロベルトデュラン
豪快な発言と態度でヒールになっているが、実際には、貧困の中から這い上がった男
エドガーラミレスが上手く演じてましたね。ブレードランナーのアナデアルマスが、美しいね。
デニローは、さすがです。

大阪ぶたまん
大阪ぶたまんさん / 2017年12月31日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ロバート

パナマ人ボクサーの話、途中何度かパナマ運河巡る政治の話だとか、そもそも冒頭が反アメリカデモから始まるんだけど、今ひとつ絡んでいかない。

pigeyes
pigeyesさん / 2017年12月2日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 1.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ボクシング映画最高 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

貧困と犯罪がはびこるスラム街で生まれ育ったデュランは、ボクシングトレーナーのレイ・アーセルのもとで世界チャンピオンを目指す。やがてシュガー・レイ・レナードを倒してチャンピオンの座に就くが、その後のリターンマッチでは、第8ラウンドに突如として試合放棄してしまう。その後の再起を描いた力作。
パナマの英雄の栄光と挫折の物語。

Takashi
Takashiさん / 2017年11月4日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ビニーより面白い。

S・R・レナードの宿敵?みたいな凄い選手だったんだと関心させられた。

伝記映画お決まりの天辺から落ち込んでの自暴自棄もシンプルに物語のテンポも良く試合シーンも迫力があり楽しめる。

D・キングにR・チャールズ登場なサプライズも。

デ・ニーロ含めE・バーキン、J・タトゥーロと脇を渋く固めて効果もなかなか。

主人公の幼少時代が結構、楽しく過ごしている雰囲気でアメリカを憎んだり貧乏だったりな悲惨さがあまり伝わらない演出なのは残念。

デ・ニーロ演じるレイ・アーセルの人生に興味が湧き彼の功績を自伝映画にしたら傑作になる様な!?

同時期公開的な「ビニー 信じる男」のB・パジェンサと2度対戦してるのも興味深いし2度ともデュランが負けてるが映画の面白さでは本作の勝利!?

つうかポスターヴィジュアルがダサくてもう少し何とかならないものかと。

万年 東一
万年 東一さん / 2017年8月13日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  楽しい 興奮
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

技術と戦略

パナマのスラムで生まれ育ったボクサー、ロベルト・デュランと殿堂入りトレーナー、レイ・アーセルの実話に基づく話。

政治的な混乱期であったことと家族を捨てたアメリカ人の父親に対する思いからアメリカが大嫌いな主人公が、アーセルと出会い精神的に成長し戦略を身につけて世界チャンピオンになるが、戦う理由を見失い試合い引退し、復帰するまでのストーリー。

試合放棄から再起までの話が期待していた程深く描かれておらず少し残念。
嫁さんとの馴れ初めの話とかより、再起までの葛藤とか、アーセルの話をもう少しみせてくれたらなあと感じた。

デュランのことに興味が有るか否かで大きく評価が変わるんじゃないかとは思うし、物足りなさはあるけれど自分には面白かった。

Bacchus
Bacchusさん / 2017年8月13日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  興奮
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

パナマ vs アメリカ ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

ボクシング映画ではありますが、NYマフィアが取り仕切る利益主義の催し物から、いかに一般人の関心も集めるスポーツへと昇華させるか、De Niro演じる実在したアメリカ人トレーナーの苦悩と功績も描かれていました。

パナマの貧困層出身の主人公は、子供の頃に資質を見い出され、反米感情と愛国心、貧困層への還元を目的に戦っていた…と書くと凄く立派な響きですが、無学で気性の激しい性格から、あまり好ましい人物像には見えませんでした。戦う目的を見失う時はあるものの、(例の不戦敗以外)負け知らずで血一滴も流すことなく圧倒的に強いので、最後まで格別感動もしませんでした。しかしきっと、大国の圧倒的支配に反発して来た当時のパナマ国民は彼の姿に勇気付けられたのでしょう。

試合自体は臨場感があるので、ボクシングファンなら一層楽しめるのかも知れません。ただ対戦相手のベッドシーンまでは流石に要らないと思いました。

everglaze
everglazeさん / 2017年7月24日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

9件を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi