サバービコン 仮面を被った街のレビュー・感想・評価

サバービコン 仮面を被った街

劇場公開日 2018年5月4日
56件中、1~20件目を表示 映画レビューを書く

郊外の夢が暴かれる時

タイトルは郊外を意味するsuburbiaと騙すなどの意味のconをくっつけた造語だろうか。それをそのまま街の名前としている。内容もまさにそのふたつの単語がイメージさせるようなものになっている。

この映画は2つの大きな物語がある。1つはマット・デイモン一家の偽装殺人事件だが、これがコーエン兄弟の書いた脚本から生まれたもの。もう1つは、デイモン一家の隣に越してくる黒人一家のマイヤーズ家が巻き込まれる暴動だが、こちらは実話から取られている。50年代、「郊外の父」ウィリアム・レヴィットが作ったレヴィットタウンに越してきた黒人のマイヤーズ家が、周囲の白人から迫害された事件を基にしている。

この2つの物語が上手く融合していない点は本作の弱点だ。だが、映画の精神性というかテーマという点では共通しているものがあるだろう。どちらも、郊外の一軒家というアメリカンドリームの欺瞞的側面を暴き出すという点で。娯楽映画としてやや物足りなさは感じるが、アメリカの近代史についての学びは大きい作品だ。

ローチ
ローチさん / 2018年5月31日 / PCから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  知的
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

コーエン兄弟>ジョージ・クルーニー

コーエン兄弟の脚本をジョージ・クルーニーが監督し、マット・デイモン&ジュリアン・ムーア主演で映画化。なんとも豪華な布陣だが、一番前面に押し出されているのは、脚本を書いたコーエン兄弟の持ち味ではないか。

コーエン兄弟は、愚かな人間どもの所業を突き放したブラックユーモアで描くパターンが多く、本作も完全にその系譜のひとつ。それも共感を拒絶して、とにかく人間を自分勝手なバカとして描いている。兄弟の作品では『バーン・アフター・リーディング』辺りが近いブラックコメディであり、どことなく『ブラッド・シンプル』の匂いも漂っている。

なので監督としてのクルーニーの真摯な持ち味やマット・デイモンが醸す善良オーラみたいなものはまったく機能していない。とにかくコーエン兄弟らしい脚本を、クルーニーが兄弟に成り代わって撮った、という印象。人にはイジワルな映画を楽しみたい気分の時にピッタリだよとおススメしたい。

バッハ。
バッハ。さん / 2018年5月28日 / PCから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  笑える 怖い
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

画一的な郊外住宅街と住民への違和感や不信感を描く作品の系譜

郊外の町で起きる不穏な出来事という点で、1975年の『ステップフォードの妻たち』(と2004年のリメイク)や、『ウルトラセブン』の「あなたはだぁれ?」(団地の全住民が宇宙人に入れ替わるエピソード)などに通じる物語だ。

米国で40年代末から60年代にかけ、ウィリアム・レヴィットが格安の郊外住宅を大量供給し、「レヴィットタウン」と称する住宅街を各地に建設した。白人中流層が移り住み、その画一的な住居と同様、おそらく住民たちにも同質性を求め、“異物”を排除する傾向が醸成されたのだろう。本作は1950年代に米国で起きた人種差別暴動をモチーフにしている。

マット・デイモンの役は保険金殺人を画策する小悪党だが、非人間的な郊外から抜け出すことを切望した末の破滅的な選択だったのかもしれない。オスカー・アイザック扮する保険屋も、切れ者のようで案外そうでもないキャラがいかにもコーエン兄弟的で絶妙だ。

AuVis
AuVisさん / 2018年4月29日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  笑える 怖い 興奮
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

甥っ子の映画

甥っ子!甥っ子!とばかり出てきたから、Rosemaryの甥っ子のGeorge Clooneyのことなんだろうなぁ、と思ってみていた。
それは全然関係なくて、
Jazzyな音楽がかかっても関係なくて、
Julianne Mooreが奇妙な双子で出てきても関係なくて(どうやって撮ったのだろうとばかり・・)、
Matt DamonがママチャリでKEIRINしても関係なくて、
最初のパズルが、中盤までには十分に生きていたことにも関係なくて、
なんだか、よくわからない感じで、最後まで見たって感じも関係ないのかな?

critique_0102
critique_0102さん / 2018年6月3日 / PCから投稿
  • 評価: 1.5
  • 印象:  単純 寝られる
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ちょっと難しかったー。この後何かあるのかな?と思いながら観てたら、...

ちょっと難しかったー。この後何かあるのかな?と思いながら観てたら、何も起こらずに終わってしまった感じ。次々事は起こるけど、意外性はなくて起こるべくして起こっただけで...。まぁ、つまらなくはなかった。という感じ。

にいみくん
にいみくんさん / 2018年5月31日 / PCから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

実は深い Suburb Icon という寓話 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

人生の「ハードル」を越えるにはどうするか。
①無事飛び越えるのか、②力づくで取り除くのか、それとも③違う道を選ぶのか。

都会の喧騒を避け、白人だけの安心安全な居住環境を求めて③引っ越して来たのに(怒)!と、②過剰な嫌がらせで黒人のMayers一家をコミュニティから追い出そうとするSuburbiconの住民達。

②自分のためなら家族も殺す白人サラリーマンGardner Lodgeは、死体を捨てて戻った際、息子ではなく”愛人”の安否をまず心配するという有様(*_*)。③保険調査員の計画に乗れば、罪を重ねなくて済むものを、やはり②邪魔者を殺してしまうのです。目撃者を抹殺しようとするマフィアと何ら違いありません。

Uncle Mitchは、同じキリスト教でも宗派の違いをこじつけに、甥のNickyを助けようとしますが上手くいかず、②正当防衛でNickyの危機を救います。

Mayers家の騒動の影で、裏に住むLodge家で起こる保険金詐欺連続殺人事件には誰も気づかない。平和な黒人家族を目の敵にするばかりで、近所の殺人犯には目もくれないという皮肉。不吉な出来事は全て黒人のせいだと言い出す始末。

安心安全な居住環境とは、一体誰のためなのか。みんな自分の家族の平和を守りたいのです。目に見える違いを人間が独善的に排除しようとした所で成功しません。悪人は皆何らかの形で命を落とします。まるで神の采配のように…。

神様は越えられない壁を設けないと言いましたっけ?
①最後のキャッチボールは低い柵を越えて。
純粋な友情を育めば人種の壁は子供でも越えられるもの。裏庭は平和でした。

everglaze
everglazeさん / 2018年5月30日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

怖かったー(´;ω;`)

めちゃくちゃ怖かったよー

人の事なんて考えない完全自己中オトコとそれに振り回される家族(一緒になって御都合主義に乗っかってる人もいるけど)。息子の耐え忍ぶ姿が痛々しい。
そして柵一つ越えた隣のお家では何も悪いことをしていないのに人種的マイノリティという理由だけで1人では何もできないくせに集団になると急に強くなったと勘違いする人達の攻撃の対象となってしまい可哀想な目に遭う家族。

誇張した捉え方かもしれないけれども保護主義を唱え、自国の民のためにという大命題のために他への配慮を欠く経済大国と、その大国と隣接し、今後壁で隔てられると言われている国の今後辿るであろう道のミニチュア縮図を見ているよう。
柵の向こうの家族を攻撃しているのは柵を建てた側の人間たち。普通に暮らしているだけの人達にとっては彼らの生活に勝手に干渉してくる侵略者でしかない。大袈裟に見えるけど、でも普通に起きそうな事が全てきっかけとなっている。本当に恐ろしい。この怖さが有名なコーエン兄弟の作風なのかな?

マット・デイモンは相変わらず役の幅が広い✩⃛✩⃛✩⃛

らま+たん
らま+たんさん / 2018年5月27日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

2018-56

期待してたトーンとは違う。
とりあえずきちんとした格好のオスカー・アイザックは、デニスの行雄ちゃんにしか見えなかった。

何が伝えたいんだろう。
この感じ、『聖なる鹿殺し』を観たときとおんなじ。
あちらのほうが数倍ブラックでしたが。
アンビリーバボーや世界仰天ニュース的なノリを期待してたので、あぁ違ったーという感想です。
あんな偏屈な家庭で育ったニッキーがいい子だっていうのが救い。
皆さんのレビュー読むと、ジョージ・クルーニーはこういうこと伝えたかったのかぁと感銘を受けるのですが……。

あぁでもこういう映画もハリウッドなんだなぁと。
思ったことをストレートに言うアメリカ人、Noと言えない日本人みたいなステレオタイプが言われるくせに、
なにかしらメッセージを伝えたいのはわかるんだけど、はっきりとは言ってこなくて、はい!あとはよろしく!みたいな映画は、アメリカのほうが多い気がする。

かいり
かいりさん / 2018年5月24日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  難しい
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

サブタイトル通りの作品

第一印象は、
何となく「アダプテーション」に似てるな…。

ブラックユーモアたっぷりの作品。

サブタイトル通り「仮面を被った街」が
映画の主題。

一見何の不自由もないように見える
ニュータウンで繰り広げられる
はちゃめちゃなストーリー展開。

街では、表向きの上品さとは裏腹に、
実体はかなり歪んだ感情が渦巻く。

登場人物が
どんどん破綻していくテンポ感がいい。

あまり真面目にみる必要はないと感じた。
ただ、誰にでもあり得る本質的な要素を描いた
サスペンス風のブラックコメディといった印象。

tbgoh
tbgohさん / 2018年5月23日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

なんかもうどうでもよくなる

決して真剣に観てはいけない。
人種差別とか出てきますが、とくにそれがなんだとかいう話でもない。

ブラックコメディの割りに、構成はかなり真面目に練られています。
他の人間がやってたらもっと良いドラマが生まれるのではないかというくらい真面目。
でもドラマなんて少しも起きない。
それがまた可笑しい。

全体的にもっとテンポがよければなと思った。展開がバレて、起こる前に笑ってしまったりした。

どうしようもない事で悩んでぐったりしてる日の夜中とかに何も考えずに観るのが最適。
ああもうなんでも良いよ、ってなって結構スッキリする。

銀蠅
銀蠅さん / 2018年5月23日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

コーエン兄弟風味は薄め

女優さん二人の表情の演技が上手い!

Zita
Zitaさん / 2018年5月21日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ちょったおもってたのと違う ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

ブラックといいながら深く立ち入るわけでもないし、まぁそんな裏でこんな事件があったというようなサスペンスですよね。
子供はええ子に育っててそこだけはハッピーエンド

nakawankuma
nakawankumaさん / 2018年5月20日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

もう一度観たい

よくあるブラックジョークもの。
必ずフリがあるのとても分かりやすい。
結局どっちを訴えていたのかが微妙。

どれびん
どれびんさん / 2018年5月20日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

コーエン兄弟のクラシックサスペンス

マットディモンと子役のノアジュプ、保険屋のオスカーアイザックが印象的だった

MAX
MAXさん / 2018年5月19日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  知的
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

とことん身勝手になれば自分だけは幸福

ジョエル&イーサン・コーエン脚本、ジョージ・クルーニー監督作。
1950年代アメリカの閑静な住宅街で巻き起こる騒動を描いた、シニカルでブラックなサスペンス。

冒頭で紹介されるサバービコンの街は、まさしく『旧き良きアメリカ』のイメージそのものだ。
太陽はさんさんと降り注ぎ、車も服もキッチュで鮮やか、人々はみな明るくフレンドリーで、
幸福そうに満面の笑顔を浮かべている。なんて快活で健康的! 素晴らしきかなアメリカ。

だがまあ、『旧き良き』というイメージは、暗い2018年現在に疲弊した人々が、
現代よりも夢や希望や未来を感じる場所として理想化している側面もある。
血生臭い殺人や酷い人種差別など、後ろ暗い出来事はむしろ多かったのではと思うのだが、
大抵の人間は汚いものや恥になるものは公には残したがらないものだし、そうやって
『昔は良かった』と思える部分ばかりが際立ってしまうのかもしれない。
で、この映画で描かれているのは……そんな明るい陽射しの裏に隠れた暗い影の部分。

...

主演の2人は流石の演技!
マット・デイモン演じるパパ。マジメそうで、いつも仏頂ヅラで、いかにも堅物だが、
物語が進むにつれてどんどんボロボロになり、同時にそのこすっからい本性も明らかになっていく。
ジュリアン・ムーア演じるママ。彼女は自分の欲望に常に忠実で、思考パターンも短絡的。
自分の為なら他人を少しも気に掛けない所も含め、まるで無邪気で残酷な子供のようだった。

そして息子を演じた若干13歳のノア・ジュプが見事! 実質的な主人公はこの子。
周囲で起こる理不尽な騒動を受け、どんどんオトナへの不信感を募らせていく表情が巧い。
終盤の食卓でのシーンで見せた怒りと悲しみ、ラストで僅かに和らぐ表情が、実に良かった。

...

本作に登場する人々が、黒人を追い出そうとしたり、殺人を犯したりするのは、
煎じ詰めれば自分の価値観に基づく快適な生活、理想の人生に近付きたいが故だ。
自分が幸福になる為ならば他者を蔑むことや貶めることもいとわない訳である
(おまけにこの頃は黒人差別を“差別”と思わない人も多かっただろうし)。

にこやかな笑顔と健全な心で幸福な暮らしを手にしたように見えても……
そうして手にした幸福というのは、ずいぶんと醜く汚れて見えてしまう。
作り手は本作で、保守的・排他的な価値観に縛られた人々の偽善や欺瞞を描きたかったのだろう。

他方、他者に優しくなることで得られる幸福もある。
少年を我が子のように心配してくれる叔父のあの時の笑顔や、
黒人の少年と仲良くしなさいというある人物の助言が、
最終的には主人公の少年の救いとなる展開が優しい。

...

しかしながら……『旧き良きアメリカ』の暗部を描いた映画や、黒人差別にまつわる映画と言うのは
これまでも作られてきているし、それら過去作より踏み込んだ描写が本作にある訳でもない。
くわえて本作は、往年のサスペンス映画を意識したようなゆったりめのテンポで、クラシカルな演出
(殺人シーンで壁に映った影だけを映す等)も多く、どうしても新味が薄いと感じてしまう。

サスペンス映画としての強度もあまり強くは無い。
序盤の警察署のシーンで「面白くなってきた!」と思う瞬間はあったが、そこから先は
大胆な展開や二転三転する展開もあまり見られず、驚きや緊張感は総じて薄い。
サスペンスでは無くドラマの起伏と言う点でも、全体的には淡々としたリズムで進むので、
スピーディで派手な映画に慣れ過ぎた自分のような観客は……ちょいと眠くなってくる。

...

残念ながら個人的には、あまり印象に残る映画にはならなかったかな。
しかしながら雰囲気は嫌いじゃないし、演技やテーマのようなものも気に入ってはいる。
クラシカルな雰囲気のサスペンスがお好きな方、そして恐らくキャリア史上
最も情けなくこすっからいマット・デイモンが観たい!という方はご鑑賞あれ。

<2018.05.04鑑賞>

浮遊きびなご
浮遊きびなごさん / 2018年5月19日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  笑える 悲しい 寝られる
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

偽りの豊かさ

正直あまり期待してなかった分、面白さがジワジワ来ました。
マット・デイモン扮するガートナー・ロッジは、サバービコンという街の少しリッチな家に、足が不自由な妻、その姉、息子の4人で暮らしている。1950年代の、豊かなアメリカを象徴する郊外の街サバービコンで、絵に描いたような家族だ。その隣家に、黒人の一家が引っ越してくるところから、物語は始まる。

差別をテーマにした映画かと思っていたが、それは一部の話。ある事件をきっかけに、物語はカオスにはまり込んでいく。
古い映画を思わせるシーンやカット割りを散りばめつつ、伏線・回収がテンポよく続き、カオス度が増していく。ブラックな風刺やジョークが、破綻を感じさせない程度にうまく作られている。

古き良きアメリカの裏にある実態を、ブラックコメディとして描いた良い映画だと思う。が、難しく考えず楽しめると思う。

aMaclean
aMacleanさん / 2018年5月16日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

コーエンらしさはあるんだけど、可笑しさはあんまりない。いや、おかし...

コーエンらしさはあるんだけど、可笑しさはあんまりない。いや、おかしな人たちの話だが。ラストシーンはいい。

ghostdog_tbs
ghostdog_tbsさん / 2018年5月15日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ブラックジョーク? お悔やみ言いまくられてうざったくなるのは分かる...

ブラックジョーク?
お悔やみ言いまくられてうざったくなるのは分かるなぁーと思ってニヤケタけど、
特に展開が面白いとかどーとか感じなかった。
最初に殺されたママは、ブロンドヘアだっけど、白髪と思い込んでて完全にお婆ちゃんと思ってたから途中まで頭こんがらがってた

主に1人
主に1人さん / 2018年5月15日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

面白い

黒人に対する差別の物語かと思ったらさにありなん。
コーエン兄弟が絡んでいるだけに、スリル満点で面白かった。
上映館が少ないのは何ゆえ?
一般受けしないとの判断なのか?

Fighters1110
Fighters1110さん / 2018年5月14日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

ムラ社会を笑い飛ばす

 ジョージ・クルーニー監督は現代という時代に相当な危機感を抱いているのではないか。この映画の制作のモチーフについてそう感じた。

 映画は、マット・デイモンが主人を演じるリッジ一家の話と、町に越してきた黒人家族に対する人々の反応が平行して描かれる。振興のニュータウンであるサバービコンは白人ばかりが移り住んで住民全員が仲良くしているように見えるが、リッジ夫人の黒人家族に対する対応からすると、リッジ一家は必ずしも町の人々と精神的に共鳴している訳ではなさそうである。

 町のマジョリティはムラ社会の精神性を有している。他人に過剰に介入する、つまりお節介な傾向があり、異物の侵入には極端に警戒心を高める。黒人家族という町にとっての異物には町全体が国家主義みたいな高揚に包まれ、敵対行動がエスカレートしていく。一見ユートピアに見えるサバービコンは、実は不寛容で閉鎖的なムラ社会なのだ。
 対してリッジ一家は個人主義であり、利己主義である。ムラ社会の人々の暑苦しい精神性に辟易している一方、自己の欲求を満たすためには手段を選ばない無法者の側面を持っている。

 いずれも愚かで未来のない精神性で、共通しているのはどちらも不寛容であるという点だ。不寛容な精神は一元論に収斂される。一元論は異論を認めず、異論を説く人間の人権さえも否定する。それはつまり民主主義の否定である。
 映画は愚かな登場人物の愚かな行動を否定するが、最近の現実の世界はまるでサバービコンである。価値観の多様性が否定され、愚かで暴力的な事件が多発している。他国に対して不寛容であり閉鎖的である。この作品が描いたのは、アメリカの小さな町の何十年も前の話ではないのだ。
 映画は世界に遍在する反民主主義のムラ社会であるサバービコンを相対化して笑い飛ばす。そして未来に残る子供たちは互いの多様性を認め、寛容な精神をもって生きていく。スケールの大きな傑作である。

耶馬英彦
耶馬英彦さん / 2018年5月13日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  怖い
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

56件中、1~20件目を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi