「コッポラ夫婦が見えてくる感慨深いロード・ムービー。いつまでも仲良く、お元気で!」ボンジュール、アン さぽしゃさんの映画レビュー(ネタバレ)

メニュー

ボンジュール、アン

劇場公開日 2017年7月7日
全28件中、1件目を表示
  •  
映画レビューを書く

コッポラ夫婦が見えてくる感慨深いロード・ムービー。いつまでも仲良く、お元気で! ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

映画監督フランシス・フォード・コッポラの奥さんで、同じく映画監督ソフィア・コッポラの母ちゃん、俳優ニコラス・ケイジのおばさんである、エレノア・コッポラ80歳にして、初監督作品です。
才能のある人たちを陰で支え続けたエレノアさんの心の叫びを聞きたくて、張り切って観て来ました。

『ボンジュール・アン(2016)』
原題  Paris Can Wait
※ネタバレあり。

(あらすじ)
エレノアさんが監督・脚本をやってて、このお話は実体験らしいです。
夫マイケル(アレック・ボールドウィン)は映画プロデューサーで成功して、娘は独り立ち。全てが自分の手から離れ、ちょっと寂しさを感じるアン(ダイアン・レイン)。
そんな時、夫の仕事仲間ジャック(アルノー・ビアール)と車でパリに迎うことに。
7時間で着くパリなのに、美しい風景と、美味しい食事と、ジャックはいかにもなフランス男だしで、なかなかパリに着かない!っていうロード・ムービーですね。

このあらすじを読むと、なかなかお金が集まらなさそうな映画だなーって思うでしょ?
しかも監督は80歳にして、新人。
しかし夫は、あのフランシス・フォード・コッポラ!
旦那さんがお金集めに協力しなければ、完成しなかったかも?
じゃ、なんで旦那さんは協力したか?
そりゃ罪滅ぼしでしょうね(笑)
劇中、アンはずっとデジカメで写真を撮り続けてるんですが、その姿を観てなんだか切なくなってきました。

エレノアさんだって、したいこと沢山あったろうな。
けど、夫と娘の雑用係な人生(劇中バタバタしてはったよ)。
エレノアさんだって、映画撮りたかったのかも。夢、あったかも。
けど、フランシス・フォード・コッポラは、暴君だからね。
夢を脇に置いて、エレノアさんは尽くして来たんでしょうね。
そんなエレノアさんの苦労を、町山さんがどこかで語ってました。
そんな妻エレノアさんにもあった、数日だけのアバンチュール。
その映画化を助ける夫の図。
いやー、なんか感慨深いです。

ラスト、お金目当てだと思っていたフランス男が、約束通り借りたお金とチョコレートを送ってきます。
そのチョコを、カメラ目線でカリっとかじって意味深に微笑むアンにて終了。

「ラ・ブーム」のソフィ・マルソーのウインクみたいに、アンにも新しい恋が待っている?そんなラストでした。
この映画の制作を助けたであろうやんちゃだったフランシス・フォード・コッポラと、それを許して自分だっていろいろあったんだからね!って笑うエレノアさん。

全てが溶けて混ざって、ようやっと本物の夫婦になれたんだろうな。
表面的にはなんてことないロード・ムービーですが、コッポラ夫婦の心の中を覗くような、不思議な感覚に陥る映画でした。
いつまでも仲良く、お元気で!

さぽしゃ
さん / 2017年10月21日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi