「サスペンスでなくラブストーリー❓」嘘を愛する女 bumeiさんの映画レビュー(感想・評価)

メニュー

嘘を愛する女

劇場公開日 2018年1月20日
全238件中、14件目を表示
  •  
映画レビューを書く

サスペンスでなくラブストーリー❓

予告を観る限りでは、高橋一生の過去を巡ってのミステリー・サスペンスかと思っていましたが、最後は、ホロリとさせるラブ・ストーリーに仕上がっていました。

チョット、期待していた落とし所とは違っていたり、セットの違和感があったりしましたが、それなりには楽しめた作品でした。

長澤まさみの濃さと高橋一生の薄さは、本来のそれぞれのキャラをそのまま演じており、とても自然体で、役になりきっていたと思いました。

そこに吉田鋼太郎の渋さが間に加わって、少ない出演者でしたが、メリハリのあるキャスティングだったと思います。

知らなければ、知らなくてもいいもの…。
知らなければ、幸せだったもの…。

世の中には、そうした人の業や秘密って、実際たくさんあるんですよね。

bunmei21
さん / 2018年9月30日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi
採用情報