はじまりの街のレビュー・感想・評価

メニュー

はじまりの街

劇場公開日 2017年10月28日
16件を表示 映画レビューを書く

青春 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

DVのの夫から逃げて母の友人と暮らす主人公の少年の心の葛藤と彼の周りで見守る人たちとの交流を描いた作品。新しい街で娼婦との出会いや友達の居ない寂しさ、彼のことを気にかけてくれるピストロの店主などに助けられながら生きていく少年の姿が切ない。友達も出来ないことで母親につらく当たったりするがラストでは友達にサッカーに誘われて嬉しそうに出かける彼の姿が印象的。

Takashi
Takashiさん / 2018年8月22日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

良い映画

母と息子の衝突、葛藤。大きな盛り上がりは無いが良い映画。

@Jankichi@
@Jankichi@さん / 2018年8月17日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

むちゃ素敵な作品だった

とにかく少年の繊細な心情描写が見事で役者の演技も秀逸。年上の女性への屈折した感情や母との関係も共感するばかり。トリノの街の美しい映像と切ない音楽もたまらなく良かった。

aopon
aoponさん / 2018年5月7日 / フィーチャーフォンから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

どこにでもある”今”

アンナは暴力亭主から逃げるため、13歳の息子を連れ、ローマから逃げ出し、バッグ一つでトリノの親友のもとに身を寄せる。
息子は全く知らない街に戸惑い、父親を恋しがるのだが・・・。
DV問題への対応があまりにも日本に似ていて驚く。

いやよセブン
いやよセブンさん / 2018年5月2日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  単純 難しい 幸せ
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

人生より素晴らしいものはない

少年の揺れ動く気持ちがバシバシ伝わってくる。過去の名作にも引けを取らない作品であり全てはこの言葉に詰まっている。
「過ちを嘆いたり、幸運を忘れたり、それでも人生より素晴らしいものはない」
2018-29

隣組
隣組さん / 2018年2月6日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  幸せ
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

思春期の男の子って大変

周囲の人に優しくしたい、されたい。でも、良い子にはなかなか慣れない。
本作品にあるように、きちんと見守ってくれる大人がいると、ちゃんとした子から大人への階段に向かうんだな。

こばりん
こばりんさん / 2018年1月27日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

カルキン君⁈

ヴァレリア君
マコーレーカルキンと
パニックルームの時の
クリステンスチュワートを
思い出させるお顔でした。

DVキツイゎ
顔じゃなくてお腹って...
そりゃ
出てくよね...

仕事も見つかり
友達も出来たし
はじまれて
良かった‼︎

snowball
snowballさん / 2017年12月8日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

終わり方が不満。

アンナとカルラが、仲の良い友達であると判ったが、彼女たちが、知り合いになった過程、接点が描かれていない。夫の暴力に耐えられずローマからトリノへ移り住んだ母子。すぐに新しい環境に慣れることはない。その生活は、ありきたりで退屈した。ラストの2カットの「でかい気球」の場面は、なにを意味していたのか。私には理解が出来なかった。一部「R指定」にすべき場面が有り。モレッティ監督の作品に出演していたマルゲリータの魅力をもう少し曳きだして欲しかった。作品中、ビストロ役のマチューは、スパイスの効いたキャラであったと思う。
最後の展開は、雑すぎないか?もっと丁寧に描くべき。

突貫小僧
突貫小僧さん / 2017年12月2日 / PCから投稿
  • 評価: 1.5
  • 印象:  幸せ
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

しみじみとした名作

少年の思春期の難しさ 母のDVから逃げて来た悲しみ!なかなか仕事が、見つからない!
少年の移民の娼婦に憧れる気持ち
人生ってほんとは、なんて素晴らしいんだろうね。
ハリウッド映画にはないしみじみとした名作だとおもいます。

大阪ぶたまん
大阪ぶたまんさん / 2017年12月1日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

風景、人の暖かさ

街の風景がイタリア、古い建物も超近代的なビルも素敵です。
男の子、お母さんと友だち、近所の人それぞれ色んな事情を抱えて生きている。人の暖かさを感じました。

Momoko
Momokoさん / 2017年11月30日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  泣ける 楽しい 幸せ
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

やはり子供は子供

この子役も素晴らしい。
この年頃の子供は、子供と大人の中間。
自分で何もできず、大きなジレンマを抱えている。
母親も大人と言うよりも、一生懸命生きている子供的な存在?
終わり方がとっても良いです。

シネパラ
シネパラさん / 2017年11月30日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

負の連鎖から正の連鎖へ ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

改めて、子どもってたいへんだな、と思います。自分の力で生きていけないが故に親に依存せざるを得ず、親の都合で運命が二転三転していく。大人ならばそれなりにあがけるけど、子どもは単に翻弄されるだけですからね。

親のDV、そのため遠く離れたトリノにある母の友人宅で過ごさなくてはならなくなったヴァレリオ。突然、住み慣れた街から切り離され、友だちとも離ればなれ。これは不条理、マジでキツいですよ。そもそもDVは児童虐待ですし(暴力の目撃は心理的虐待ですよ)、心に負ったダメージは半端じゃない。淡々とした描写ですが、ヴァレリオの置かれかた状況は壮絶です。
この状況下で、学校に適応して友だち作るなんて無理無理。ただの引越しですら子どもにとってはたいへんなのにね。
公園にいる移民のストリートガールに惹かれていくのも、自分の寄る辺なさを相手に重ねて見ているからかもしれません。

そんなヴァレリオ少年が再生するには、伴走者が不可欠です。バルのマスター・マチューの存在はデカかったですね。ヴァレリオに欠けていた父親機能を果たし、ちゃんと思いを受け止めていく。自転車を直して2人が交流するシーンやヴァレリオが失恋の思いを吐露し、それを受け止めていくシーンは出色の出来だと感じました。

そんなマチューも孤独です。ヴァレリオの母を受け止めたカルラも孤独。
この映画は、少し余裕のある孤独な人が、切迫した孤独な人に手を差し伸べる作品です。カルラなんか犬を飼うようになったりして少し成長しちゃうなど、差し伸べた側にも暖かな変化がある。負の連鎖から正の連鎖へと向かっていく様子を繊細かつ丁寧に描いた、本当に良心的な映画でした。

あと、本作で気になったイタリアの生活について。
カルラがヴァレリオに対して、「13歳だからコーヒーはダメよね」みたいなことを言ったと思います。イタリアでは子どもはコーヒー飲んではいけないのだろうか?ググってもよくわからなかった。
それから、児童心理の専門家にアクセスするのに両親の許可が必要、という被虐待児に対して酷すぎる法律があることにビックリ。イタリアは閉鎖病棟をなくすなど、精神保健に関して進んでいる印象を持っていただけに驚きは大きかったです。

kkmx
kkmxさん / 2017年11月30日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  泣ける 幸せ
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

男の子とお母さん頑張って

思春期の男の子とその母親と取りまき

びわ湖のこーちゃん
びわ湖のこーちゃんさん / 2017年11月27日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

2017年度ベストムービー!

主人公の13歳の男の子がとても良い。見知らぬ土地での恋心や葛藤に胸キュン必至だ。

stoneage
stoneageさん / 2017年11月26日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

キレイな映画

夫の暴力から逃れた母子が友人の女優を頼ってトリノへ行く。

孤独の中から、必死で自分の居場所を見つけようとする息子の軌跡がぐっとくる。

素直で、希望に満ちたエンディングもいい。

Radio21
Radio21さん / 2017年11月9日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

「逃げる」勇気が幸せを呼ぶ

夫のDVにより、古い友人を頼ってローマからトリノへと逃げてきたアンナと13歳の息子ヴァレリオ

トリノの友人宅で、心機一転、新しい生活を始める二人

夫の暴力から逃れるため、そして、息子のために始めた新生活。
しかし、息子はなかなか新しい生活に馴染めない

女性の自立と、思春期を迎えた少年の成長を描く。

DVを受けている女性や独身女性の他にも、移民の人たちの生活も描かれていて、弱者に対する視線が温かい作品だった

新生活を始めた当初は、息子が父親や友達を恋しがり、母親に反抗もしてハラハラするけれど、終わってみれば、新しい環境が彼をちょっと逞しくして、いい影響を与えたんだなと思った

もちろん、DV夫と別れた奥さんも大正解。

だから、もしも、うまくいかない毎日を過ごしているのであれば、こうして新しい土地で、心機一転、新生活を始めるのも、良いと思った

不安もたくさんあるけど、がんばっていれば、そのうちなんとかなる

舞台になっているトリノの秋の美しさも見どころの一つ

それに!久しぶりに観たヴァレリア・ゴリノは、ちっとも変わってなくて嬉かった

とえ
とえさん / 2017年10月19日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:試写会
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 2 件)

16件を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi