「過去ネタてんこ盛り」ANEMONE 交響詩篇エウレカセブン ハイエボリューション クォードさんの映画レビュー(感想・評価)

ANEMONE 交響詩篇エウレカセブン ハイエボリューション

劇場公開日 2018年11月10日
全51件中、4件目を表示
  •  
映画レビューを書く

過去ネタてんこ盛り

このシリーズの映画は未鑑賞。アニメは何回か見たはずですが、印象がありません。

個人の思念が異世界を生み出すというのは、SFではよく取り上げられるネタで、70年代中盤の永井豪氏による「凄ノ王」が代表例でしょうか。
ただ、この場合、ネタバレすると話の内容が急激にスケール・ダウンする事が多いのです。残念ながら本作品もそのパターンから逃れられませんでした。

また、ロボットの造形が他のアニメに類似している等「ああ、あれね」というシーンが多かったですね(極めつけはCVの一人が赤木リツコ博士だった事かな)。

そういう意味では、昔からのアニメファンには「???」という印象になる映画かもしれません。

クォード
さん / 2019年1月12日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  単純
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi
採用情報