「小瀧望が惜しい」プリンシパル 恋する私はヒロインですか? Misato / Nonさんの映画レビュー(感想・評価)

プリンシパル 恋する私はヒロインですか?

劇場公開日 2018年3月3日
全49件中、10件目を表示
  •  
映画レビューを書く

小瀧望が惜しい

小瀧の表情は所々良かったが 言葉に違和感
“関西弁の人が 標準語寄りだが方言で演じる”
これが彼には難しかったのではないかと思った
アイドルにしては 期待していた以上に上手いのに
どこか大根に感じてしまう とても惜しい
ビジュアル抜擢の気がするが正解 彼で良かった

同じくアイドル出身の川栄は演技力抜群
あの役は彼女にしか出来ないと思う

主題歌と挿入歌を合わせて3曲もある
OPは“アニメの実写化”という感じ
Little Glee Monstersが最後に締めてくれた
脚本や演出ではなく 曲に助けられた印象

弦と和央の関係性に 少し引いてしまったが
これを軽く流せるのが キラキラ映画

Misato / Non
さん / 2018年6月11日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi
採用情報