私は絶対許さないのレビュー・感想・評価

私は絶対許さない

劇場公開日 2018年4月7日
12件を表示 映画レビューを書く

見方によれば危ない

私は、勇気を与えられた。どんな生き方も誰にも否定されるものではないと感じた。
作者は自分を悲劇のヒロインにするわけでもなく、生きているそのままを語ったと思う。
見方によっては、レイプを肯定する人や、売春を良しと思う人がいるかもしれない。
様々な受け取りかたをする可能性のある映画。ラストは、笑わせるのかと思わせるものだが、それが事実だから、とても、もの悲しい。
カメラワークは面白いが、多用しすぎて見るのがしんどい。主演女優の演技はよかったと思う。誰でもよいわけではない。真に迫るものがあった。

りん506
りん506さん / 2018年5月22日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  難しい
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

主観映像にするなら目線の位置は気にして欲しい

作者がこの作りで満足なら文句は無い。やはり原作を読んでから観るべきだったのか。
主観映像で辛さを疑似体験させる、という意図や、もう一人自分が自分を俯瞰するっていうのも聞いた事があるので演出としては理解出来るが、視線の位置が合ってなかったり音嘘っぽかったり細部の甘さが気になって真に迫って来ない。
吐きダコやリストカット跡等はよくできていたとは思うけど。
とはいえ輪姦シーンは目を覆いたくなるような悲惨さで直後のくだりなど尺を割いてしっかり描いてある。
あとは田舎の悪さを際立たせる感じ、あれも手記がベースなので何ともいえないが。
お金も大事よね、あまり描写される事がないけど。
整形外科医のok!が気になる、実際あんな感じなのか?
何だか作りものっぽいストーリーに感じられるのもちょっと(実録だろうにスミマセン)。
エンディングにSMプレイシーンを持ってきて、タイトルの後にまた赤字で署名風にもう一度出すので余計そう思わせる。
許さない、でも復讐なんかせずに私は自立して生きていく!という決意表明なんだとは思うけど。
加害者へ復讐だけを生きる糧に〜感は感じられなかった。
主演の二人、特に若い子の方も良かったけれどやはり一番は隆大介!二度目の登場まであるし、やはりこの面子では別格。他にも結構名のしれた役者さん多く出ていて意外だった。
R18版を観るために劇場に行った。
加害者達の名前はそのまま使われたとか。ネットで晒され制裁を受けたとしても同情はしない。

e
eさん / 2018年5月8日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  悲しい
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

実話の重みを受け止めたい

おぞましい性犯罪被害に遭った女性の半生を実話に基づいて描いた作品。家族や学校の仲間達からも邪険にされ、転落の道を歩んでしまう主人公。しかしやがて自我に目覚め、自分の居所を見つけて行く、そんな主人公の壮絶だがしたたかな生き様に目を奪われました。単なるスケベ映画でもないし、人権擁護を主張している作品でもありません。人生のどん底から這い上がった女性の素の生き様に共感出来れば... そんな作品のように感じました。主人公役のお二人の体当たりの演技に拍手です。

ホワイトベア
ホワイトベアさん / 2018年5月1日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

主人公目線の描写はね・・・

襲われたり殴られているときはまだいいが、結局最後まで主人公からみた目線のカメラワークは違和感しかない。
これでは演じた女優は誰でもよかった、ホントに演じてるのか、吹き替えでもわからないわけだし。
青年期の女優さんが年齢的に女子大生を演じるのには無理があった。大学の友達が当然だがみんな若いのに、一人30歳過ぎが
混じっているのにも違和感あり。少女期の女優さんがそのまま演じればよかったのに、なぜこの年増の女優を起用しないと
いけないのか。
題材はいいしストーリーとしてはよかったが、カメラワークとキャスティングがダメだとすべてぶち壊しになると感じだ映画。
ただただもったいない。
ちなみに上映終了後に出口でありがとうございましたと挨拶する女性がいたが、どうやら原作者らしいとのこと。顔出しNGだと思っていたが。

yamatakayama
yamatakayamaさん / 2018年5月1日 / PCから投稿
  • 評価: 1.0
  • 印象:  悲しい 難しい
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

魂の救済のドラマ

 タイトルからするとリベンジの物語のように思われるが、実は救済のドラマである。

 中島みゆきの「友情」という歌の歌詞に「救われない魂は傷ついた自分のことじゃなく(中略)傷つけ返そうとしている自分だ」という一節がある。
 人は他人を理不尽に傷つける。傷つけた人間はいつかそのことを忘れてしまうが、傷つけられた側は、一生忘れることはない。子供のころにいじめられた思い出は数十年後にも激しい怒りの発作をもたらすことさえあるのだ。
 しかし復讐することには、一瞬のカタルシスがあるだけだ。復讐もまた、行為としては人を傷つける以外の何物でもない。傷つけられたから傷つけるというのは、相手と同じ罪に自分を貶めることになってしまう。そこに魂の救済はない。
 理屈で理解するのと、感情としてコントロールできるようになるのとは雲泥の差がある。高ぶる魂を鎮めるのは、恨みが深ければ深いほど困難を極めることになる。レクイエム(鎮魂歌)は死んだ人のためにあるのではない。生きている人の魂を鎮めるためにあるのだ。中島みゆきはそのあたりを朗々と歌い上げる。「友情」は彼女なりのレクイエムなのだ。

 さて、レイプされて心身ともに深い傷を負った本作品の主人公だが、ムラ社会の力関係とメカニズムから、泣き寝入り以外の選択肢がないことを中学生ながらよくわかっている。自分が死ぬか相手を殺すかの極端な二択を思いつきはするものの、実行に移すにはあまりにも代償が大きすぎることもわかっている。
 救われない魂を抱えたまま流されるままに生きて、いつしか、いつまでも消えないでいる怒りの炎と折り合いをつけてゆく。凝り固まった魂を溶かし、怒りと憎しみを春の川に流す。人は故郷を捨てて流浪の民となるが、どこかで心の中の故郷に帰っていくのだ。
 女が女であることだけで曝される偏見と差別の中で生きていくのに、外見はいろいろな意味で影響力のあるファクターとなる。何度も出てくるヌードはいずれも必然性のある場面となっていて、女優陣も納得の演出だったと思う。
 主人公が救われることで観客も救われる。陰惨ではあるが、ホッとする物語でもある。心に残るいい映画だった。

耶馬英彦
耶馬英彦さん / 2018年4月24日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  悲しい
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

実話ベースがずっしり。

実話ベースがこれだけずしっとくるのは珍しい。
田舎の感じと、風俗の感じがリアリティ抜群。
心にずしっと来る出来事があると、それをずっと引きずっちゃうんだね。自分の価値が売春でしか決められなくなるというのも何だかねと思うけど、そうなんだろうね

khapphom
khapphomさん / 2018年4月22日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

車酔いのある人には、おすすめできません。

トラウマ系の映画は、割と好きで、観に行ってしまうのですが、今回の映画のカメラワークは、車酔いのように気持ち悪くなり、画面を見ていられず、残念でした。
中瀬さんと監督のトークショーを楽しみにしていましたので、行って良かったと思いましたが、酔いやすい人には、ただただツライ映画だと思います。

ルキ
ルキさん / 2018年4月21日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 2.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

Inscrutable are the ways of Heaven ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

『人間万事塞翁が馬』と、劇中の主人公の実家に飾ってあった色紙が物語る通り、糾える縄のように、メーターの吹っ切った出来事が悉く主人公に訪れる、それこそ事実は小説よりも奇なりを地でいくストーリー内容である。『フォレストガンプ』のように愉快ならばいいのだけど、こちらははっきりとシリアスで非常にトラウマ的ダークな顛末なので、鑑賞後の何ともドンヨリ感はここ最近体験していない感覚である。バッドエンドとは違うがそこに救い様の無さがありありと見せられて、人間の悪という部分をまごう事なしに演出されている作品である。
確かに、ツッコミどころは数多いのだが、なにぶん原作未読なので、比較が出来ないからストーリー展開自体は語らないでおく。
POVの撮影手法は、ロシア映画『HARDCORE』で鮮烈にその演出方法を広めていったのだが、しかし今作品、これを取り入れたとの舞台挨拶での話だったのだが、果たしてそれは正解だったのか・・・件のハードコアは、ほんとにラストで初めて自分を客観視するカットを観客に見せているのだが、今作品は、ちょこちょこと主人公のもう一人の俯瞰した自分を登場させることで、そのもう一人の自分から観たシーンも観客に見せる造りになっているのが正直中途半端であり、復讐譚を予見させておいて、ミスリードをさせる展開に於いて、その手法で外連味を出す算段を目論んでいたようだけど、あまり効果的には感じられない。アバンタイトルの暴行シーンのみに使用すれば良かったのではないかと思う。それ程、あの異様に長いシーンは、観客を凍り付かせてしまう非常に厳しい内容なので、それ以降も感情先行の演出に疲労感がずっとついて回ってしまうのだ。
結局の所、運命ってのは人間を弄ぶだけ弄ぶという事がテーマなのだろうけど、映画作品としては、ユーモアを取り入れれば話が拡がると思うし、徹頭徹尾、モキュメントを貫くのならば潔かったのに、それも感じられない。正直、これは加虐と被虐の両方のマニア向けの作品ってことに堕とされてしまうことに成ってしまわぬのかと、些か勿体ないと思ってしまった。まぁ、別に主人公の女性はスーパーマンに成る必要もないし、偉人に成る訳でもない。あくまで自分に正直にそして誰の力にも頼らず生きるということを実践しているのだから、そういう人生もショーケースとして披露したということなのであろう。

いぱねま
いぱねまさん / 2018年4月13日 / PCから投稿
  • 評価: 2.0
  • 印象:  難しい
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

苦しい人の気持ちのわかる人に観てほしいです

和田監督作品でもベストだと思います。
原作者は作品がヒットして加害者たちが観ることも願っていらっしゃいいますが、観る人の心を揺さぶる面がすごい作品なので、やはり人の心の痛みのわかる人が観た方がいいと思います。

KAZ
KAZさん / 2018年4月12日 / PCから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  悲しい 怖い
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

レイブ犯より悪い奴らが多過ぎてテーマがバラバラ

レイブ犯より悪い奴らばかりだから
目標がブレるし
そのレイブ犯と話したりしてるし
結局、自分が一番馬鹿だし、
ラストに至っては
「はぁ?」って口にでちゃいました。
あのカメラワークも
感情移入出来ないです。
観る前はtwitterで拡散しようと思ってたのですが
酷評しかないので止めました。

溶かしバター大盛りポップコーン
溶かしバター大盛りポップコーンさん / 2018年4月10日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 0.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

虚栄

原作未読

実際に15歳の頃に拉致され輪姦された女性がその後の人生を書いた手記に基づく話。

壮絶であり、凄惨であり、悲惨であり、と言葉で表現するにはあまりに陳腐にも感じる惨い15歳の体験と波乱万丈なその後の人生であり、衝撃的な作品で最後まで見入った。

性別も年代も産まれ育った環境も違うし性格も経験も違う自分が抱く感情は的外れなのかも知れないが…その時々の感情や出来事はどこまで事実に則しているのかと疑問に思うところや、タバコを買った件りから始まり自分に言い聞かせているのか、今の著者自身に対する言い訳なのかと感じるところが多々あった。

それと映画として、かなりの割合で主観映像での撮影となっているけれど、カメラに映る映像と実際に目に入るものとは違うんだし、それを強調したいところだけにした方が効果的じゃないかと感じた。

Bacchus
Bacchusさん / 2018年4月7日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  難しい 単純 悲しい
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 2 件)

自らの性犯罪被害をつづった雪村葉子の手記を、『受験のシンデレラ』な...

自らの性犯罪被害をつづった雪村葉子の手記を、『受験のシンデレラ』などの監督を務めた精神科医の和田秀樹が映画化したドラマ。15歳のときにレイプされ、その後風俗嬢として働きながら看護師を目指した主人公の半生を描いた作品なんですが・・・・

正直、中学三年生の時、地元の不良グループに拉致され、性的暴力を何人もの男達から受け、その後の主人公の人生がおかしくなった事に対して同情はあるのですが・・・・

彼女の場合、家庭環境も正直決して良くなかったのが合わせて彼女の人生を狂い出したものだったのかな・・・

主人公とある意味、亡くなった飯島愛は似ている部分はあり、私は女性ではないので、こんな事を書くのはいいのかと思いますが、話が進むにつれ、彼女の人生に共感出来なくなりました。

私自身、若い頃から色々あり、死にたいほど追い込まれた事がありますが、それでも、何かが正しくて、何が悪い事位は分かっていて、どんなに窮地に追い込まれても、悪い事をしない奴はしないし、復讐にしろ、やり直しにしろ、もっと色々な方法論があると思います。

確かに彼女の受けた経験は酷いモノだと思うけど、しかし、ラストにしても、その後の彼女の人生論って、同情や共感が出来ないな・・・

上を見たらきりがないし、下を見たらきりがないし・・・・

生きてく以上、結局、試練に耐えていくのは、はやり自分しかないでしょうし・・・・

和田監督の言いたい事や、訴えたい事も分かりますが・・・・・

う~ん、しかし・・・・

ま、人それぞれの捉え方は違うと言う事でしょうか・・・

気分を害された方にはすいません。

sally
sallyさん / 2018年4月6日 / PCから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  怖い
  • 鑑賞方法:試写会
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

12件を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi