いつまた、君と 何日君再来(ホーリージュンザイライ)のレビュー・感想・評価

いつまた、君と 何日君再来(ホーリージュンザイライ)

劇場公開日 2017年6月24日
32件中、1~20件目を表示 映画レビューを書く

母と見た。映画館で見なくても…という感想。2時間ドラマって感じ。 ...

母と見た。映画館で見なくても…という感想。2時間ドラマって感じ。
祖父が満州に行っていた話を聞いていたので、それとリンクさせると感情移入しやすい。そういう話を聞いたことがない若い世代には面白くないかもしれない。
このような人はたくさんいたと思うので、祖父や曾祖母の話も映画になるかな?と思える。

ヨーグルト
ヨーグルトさん / 2018年5月21日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 2.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

昭和史の一ページ

主人公(尾野真千子、晩年は野際陽子)は結婚して中国大陸に渡る。
敗戦により着の身着のままで愛媛の実家に落ち着く。
夫(向井理)は義父の嫌味に耐えられず、家族ともども関東に向かう。
その後、何をやってもうまくいかず、極貧生活が続く。
折り合いの悪い娘(岸本加世子)との経緯が後半の軸になる。
こんな時代を経て今がある。

いやよセブン
いやよセブンさん / 2018年5月6日 / PCから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  泣ける 悲しい
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

家族ありき。 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

俳優・向井理の祖母の手記を元に描かれた、きわめてパーソナルな
ファミリーヒストリーなのだが、戦中戦後を生き抜いた市井の人々
を彷彿とさせる。どんなに頑張っても報われない、やればやるほど
失敗続き…なんていう経験は現代人も数多く経験していることだが、
何も無い、食う物にも困る毎日を生きた知恵と工夫が描かれている。
向井は晩年の祖母・朋子さんと同居していたらしい。所謂おばあち
ゃん子だったそうで、だからこそ今回の企画・映画化にこぎ着けた。
演じた野際陽子が急逝したこともあって、彼女のシーンは痛々しく
もあるが、最後まで女優として演じ続けた強さを感じる。朋子さん
御本人も芯の強い女性で、あの夫を支え続けたのだから素晴らしい。
尾野真千子だったから出来たと思う表情や泣き笑い、人生の機微を
完璧に演じていたのはさすがだ。ただ娘との修復が駆け足になった
のが残念、母親の苦悩が感じられる展開だったらもっと感動できた。

ハチコ
ハチコさん / 2017年7月16日 / PCから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  悲しい 知的 幸せ
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

実話だから

真面目に一生懸命 人を愛しながら生きる 。それだけに泣ける!

sinちゃん
sinちゃんさん / 2017年7月16日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

夫婦愛を繊細に表現していて、また、戦争の頃の混乱が良く描かれている...

夫婦愛を繊細に表現していて、また、戦争の頃の混乱が良く描かれている
主役の2人は、勿論のこと、子役達、野際陽子、岸本加世子の演技に泣けた
エンドロールの高畑充希の歌も、映画の余韻に浸れる素晴らしい歌唱だった

アップル
アップルさん / 2017年7月14日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

娯楽作品ではない

都合のいい作り話ではなく、再現ドキュメントのようなものなので明快なオチは無いし逆転なんかもありません。小さな幸せを求めて奮闘するのにまったく報われない。戦争なんかまったくいい事なんてない。自身か家族が戦後体験者なら共感できる部分ありです。私はラストで泣きました。

けざ+α
けざ+αさん / 2017年7月10日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  泣ける 悲しい 幸せ
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

時代背景を念頭に❗

野際陽子さんの御冥福をお祈り申し上げます。

遺作となった本作を鑑賞させていただきました。若干現実と被っているようで・・・。

普通の家族の物語。最後に誤解が溶けて良かったと思います。

タイガー力石
タイガー力石さん / 2017年7月8日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

いつかまた、君と 13:20〜 敬愛する尾野真千子さん主演 お相手...

いつかまた、君と 13:20〜
敬愛する尾野真千子さん主演
お相手は、向井理さん
・確か、向井理さん祖母のお話
家族とは? 親とは? 人生とは?
色々と考えさせられる秀作!
ご鑑賞をお薦めします。

浪花のしんちゃん
浪花のしんちゃんさん / 2017年7月7日 / PCから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

家族について考えさせられました ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

決して何か派手な出来事が起こるはなく、戦前戦後を生きた一人の男、そしてその家族の生き様が淡々と描かれています。

向井理のお婆さんの自伝ですが、本当に旦那の五郎を愛する思いがひしひしと感じられ、辛い体験のお話の方が多いですが、幸せな気持ちになります。不遇を感じながら生きた五郎ですが、行動力のある方で家族を引っ張ろうとひたむきに生きる姿が印象的。ただ、悩んだりお酒に逃げたり少し感情的になる等、弱い部分もたくさんあって、もちろん共感できないとこも多いのですが、ちゃんと思いのある人で人間らしさを感じました。
ただ、この時代にも本心ではないにしろ別れるという考え方があったことに驚きました。

まるで亡くなった旦那への恋文のように愛があふれていて本当に素敵でした。このような形で世に出ることは不遇を感じ続けた旦那様にとってもうれしいことではないでしょうか。この手記を手伝った結果として母と祖母のわだかまりが解消したことは、子どもとして素晴らしいことだと思います。自分も祖母は生きていますが、今しか聞けないことだからこそ、何より昔の話をしている祖母は楽しそうなので、自分もまた聞いてみたいなと思いました。

向井さんのお婆さんの現代への適応意思がすごくて、尊敬します。80、90代の方が自伝を書き、更にpcで打ち込むという積極的な行動はなかなか出来ないことではないでしょうか。

俳優の皆様も良かったです。野際陽子さんが亡くなってすぐの作品でした。明るい祖母役良かったです。亡くなったのが残念です。尾野真千子さんは、こういう明るく強い心を持った方を演じている時が本当に好きです。周りに幸せを感じさせる笑顔を持ってる人だなーと思います。現在の向井さん役の方がどちらかというと松坂桃李くんのような笑い方するなーというのが感想です。片桐はいりさんが少し出られてましたが、最初誰か分かりませんでした。ただ、あのシーンでぐっと引き締まり、厳しい世界であったことが伝わる素晴らしい演技だったと思います。

高畑充希ちゃんの歌、上手かったです。知らなかったので、エンドロールで出てくるか分かりませんでした。

食べることもままならないような、そんな世界を生きた方々が頑張ったおかけで今の時代があることを再認識し、自分まで命を繋いだ家族を含めて先祖に感謝すべきだと感じる1作です。

パセリ
パセリさん / 2017年7月3日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  悲しい 幸せ
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

中身の薄い

向井理、尾野真千子の演技は良かったと思いますが
内容があまりにも薄っぺらく、面白みにかける。

現代の配役の野際陽子、岸本加代子の演技がストーリーのせいで滑稽にも思えた。

久しぶりに中身のない映画を見た気がする。
実に残念

パンダ郎
パンダ郎さん / 2017年7月1日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 2.0
  • 印象:  寝られる
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 1 件)

普通の日々に感謝

何をやってもうまくいかず、裏目に出てしまう
努めて明るく振舞って家族を支えていたんだろうけど、悔しかったんだろう…。
でも、こういった家族は戦後の日本にはたくさんいたんでしょうね。
今の日本があるのは政治家のおかげじゃなく
こういった普通の人達のおかげなんだと思う。
最後の最後に押し花のシーンには泣かされました。

しげぼん
しげぼんさん / 2017年7月1日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

命を繋いでくれた人たちがいること。 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

20歳の私が観て、驚きの連続でした。

戦争があったのは知ってるけど、
『そんなのずっと昔のことじゃないの』
って思ってました。

命を繋ぐってこんなに大変なことなのか、、
家族で一緒に暮らせるのは当たり前じゃないのか、、

でも、家族の温かさって
いつまでも変わらないものなんですね。

もっと家族の思い出を作りたいと思いました。

観終わった後、
ラストがなんだかスッキリしなくて、、
え、これで終わり?みたいな。

でも、これが現実なんだと。
昔にあった家族のありのままの物語なんだと。

戦争があったこと。
戦争に振り回されたこと。
それを生き抜いた人がいて、
命を繋いでくれたこと。

忘れちゃいけないなと思いました。
語り継がなきゃなと思いました。

もも
ももさん / 2017年6月30日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

う〜ん

映画にしなくてもいいんじゃないか?

西国くん
西国くんさん / 2017年6月29日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

コメントしづらい。。

コメントしづらい。。とにかく、とっても想いが込もっていることは感じました。以上。

みな
みなさん / 2017年6月29日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 2.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

予想を超える感動作!!

予想をはるかに超える作品でした。
戦後、貧乏な生活から成功して豊かになるのではなく、貧しい生活の中でも愛を育む、ごく普通の1つの家族の物語。
尾野真千子さんが演じる朋子の愛情とたくましさに涙が溢れました。
日本人の感性でしか作れない名作だと思います。

ond
ondさん / 2017年6月28日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 4 件)

家族の..自分のルーツがここにある。

上映2日目だった。250人は入れそうな劇場に観客は25人程度だった。「選定を誤った可能性がある」と不安になったが、見ているうちに映画に引きこまれた。この映画を見ようと思った理由は、家族で見れること、結婚に感心がない適齢期の息子と、婚活を勧める妻と一緒に見てみんなで人生について考える機会になること…だった。団魂の世代に育った私には共感するシーンが一杯だった。ドラマは実話にもとづいている。世代を越えて伝えられなければならないこと。先祖の苦労の積み重ねの延長線に今自分がいる事。それらを改めて思い起こさせる良い映画だった。
最後の字幕の場面で主題歌が流れるが… これが明るく、希望に満ちた歌に聞こえ心地いい。歌が終わるころには涙も乾いて人に悟られることもなかろうと思ったが、トイレの鏡に映った顔を見て驚いた。目が充血して隠しようがない。映画を見終わった後、しばらくは人と目を合わせてはいけない。でもぜひ家族と映画館で見たほうがいい。

hide
hideさん / 2017年6月27日 / PCから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  泣ける
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 3 件)

素晴らしい!

現在の日本を支えてこられた時代の方達に映画を見ながら感謝の気持ちで涙が溢れました。今ある人生を力強く生きて行こうと思います、人生を考え直すことができました。本当にありがとうございました、大切な作品となりました。

あい
あいさん / 2017年6月27日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  泣ける 悲しい 幸せ
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 2 件)

久しぶりの号泣

市井の人の戦前・前後の夫婦の物語。その時代に生きた人は誰でもが経験したはず。戦争経験者でなくても家族の中にそういう経験した人はいるはずです。漫画原作、アクション、CG満載の映画に別の角度からチャレンジした地味だけど価値のある映画です。
普通の人なら見れば必ずなく映画です。もし泣けなければどこか心に欠陥があると思った方が良い。昭和風味の好感度NO1の映画。

それとは別に向井理は企画力がある。もうしないといってましたが、いやいや今後も期待します。

sunson
sunsonさん / 2017年6月27日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  泣ける 悲しい
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

茶のみ話程度

昔の苦労話を長々と聞かされているようで時間もかなり長く感じた。戦後にはよくある話だと思うが、いかにも自分達は人一倍苦労してきたかのような内容であり、茶のみ話程度の印象。
2017-87

隣組
隣組さん / 2017年6月26日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 2.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 2 件)

あらためて

向井理はすごいと思いました。

高畑充希の歌もよかったです。

かん
かんさん / 2017年6月26日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 3 件)

32件中、1~20件目を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi