劇場公開日 2017年6月24日

  • 予告編を見る

いつまた、君と 何日君再来(ホーリージュンザイライ)のレビュー・感想・評価

採点する

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

全36件中、1~20件目を表示

4.0この時代の人間は逞しいし明るい

minaizuさん
2019年10月25日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

泣ける

知的

幸せ

戦後の日本。貧乏で職を求めて居場所を求めて色々な場所を転々とする朋子(尾野&向井)一家。

まず70年前の日本の情景を上手く再現してて泥だらけになりながらも必死で生きてる姿がまぶしい。尾野真千子と向井理の夫婦二人で会話するシーンが印象的。貧しいのに暗い顔せず、特に尾野真千子が歌を歌って場を明るくしたり、いつも健気で夫や子どもに対する愛情をしっかり言葉で伝えたりする部分に感動した。向井理も男らしいし、一昔前の日本人はこんなに逞しくて素敵だったんだなぁとドキュメント映画を観てる気分になった。

今のスマホな世の中だからこそこんな映画たくさん作ってほしい。すごい考えさせられた。

それと、やっぱり尾野真千子の存在が大きい。生活感出す自然な演技と妻でありお母さん役、涙の演技が安心してみれる。ただもう少しだけ夫婦の心情を詳しく描いてほしかったかな。何回か見たらもう少し感情移入できるのかもしれないが。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
minaizu

4.0南京事件

kossyさん
2019年3月2日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

 南京大虐殺という史実は時を経て、政治的、心情的にも変遷があり、殺害人数について特に問題とされてきている。特に日本においては、中国側の一方的な30万とも40万ともいう莫大な被害者人数が虚偽であるとして、“マボロシ派”、“虐殺派”、“中間派”とそれぞれ主張する人数に相違がある。資料は日本軍によってほぼ焼却されているため、正確な人数はわからないが、南京占領にあたり捕虜、民間人等、戦闘員以外の人間を殺していたのは事実なのだろう。全くなかったなどということはありえない・・・

 南京で中国国民党とのパイプ役の仕事をしていたと思われる吾郎(向井理)は、昭和15年に朋子(尾野真千子)に求婚。そして南京での新婚生活を迎えるが、終戦後、幼い二人の息子を連れて上海を経由して引揚者となる。朋子の実家である愛媛の山間の農村へと移り住むが、父親(イッセー尾形)に煙たがられて、茨城へと引っ越すことに・・・

 裸一貫で始めた生活。最初はフォード製のオンボロトラックで運送屋からスタートするものの、トラックの不調。タイル工場へ就職するも経理係が金を持ち逃げして倒産。友人高杉が寒天を送ってくれたことから、ところてん屋を始める。

 吾郎の父親が地元でチフス感染を止められなかったことを苦に自殺したことで、チフスの呪いとかも蔑まれたりした暗い過去。そこから彼は天に見放されたかのように全ての商売にツキがない。子どもたちも貧乏だったという記憶しかないくらいだ。

 昭和27年には高杉を頼って大阪に行き、石油会社に就職し、家族にも笑顔が戻ったのであるが、腰を患い、吾郎は帰らぬ人となってしまう。何もかも失ってしまった朋子は自分が働きたいと高杉に懇願し、末っ子真美だけを実家に預けて寮母として働くことになった。

 鼻をたらしている真美が印象的。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
kossy

2.5ずっと、君と

近大さん
2018年10月29日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

泣ける

単純

幸せ

向井理が自身の祖母の手記を、企画・主演で映画化。
てっきり著名な人なのかなと思ったら、ごく普通の一般人。
話もよくある戦後の家族の苦労話。
なので、赤の他人と言ったらアレだけど、何で向井理の祖父母の話を映画で見せられてるのかなぁ…と、ついついひねくれて思ってしまう。
しかし、誰の身にも置き換えられる庶民視点で、見易く、悲喜こもごもに共感出来る。

よくある…と言ったが、波乱万丈。と言うか、苦労の連続しかない。
祖母・朋子と祖父・吾郎の若かりし頃。プロポーズからスタート。
日本と中国の国交に携わる吾郎の輝かしい仕事で、南京へ。
が、戦争で引き揚げ。
朋子の愛媛の実家に身を寄せるが、厄介者扱い。加えて、吾郎の家族の訳ありの過去で邪険にされる。
愛媛を出て、裸一貫で再スタート。茨城~福島を転々とする。
職を得るも、吾郎の怪我、会社の不祥事で幾度も職を失う。
夫婦で小さな店を始める。思いの外繁盛するが、それも最初だけ。すぐに客足が遠退く。
知人を頼って、大阪へ。
働きぶりが評価され、新しく造る工場を任される話も。
やっと軌道に乗ったと思いきや、またまた不幸が襲う。
さらに、吾郎の身を、家族と同じある病が…。

劇中の台詞で「生きていくとは面倒」とあるが、そう思ってしまうのも無理はない。
どれだけ職を失い、どん底に落ちた事か。
吾郎は普段は穏やかだが、暴れたりはしないものの、あまりの不幸ぶりに酒に溺れる事もしばしば。
自分の不甲斐なさに、ある時別れを切り出す…。

苦労の連続だが、その中にも確かにささやかな幸せもあった。
苦楽を共に歩み、その夫婦愛と絆は絶対的なモノ。
苦労と不幸とどん底が襲いかかっても、二人が離れる事は絶対無い。
朋子にすれば吾郎が居ない人生なんて考えられないし、吾郎からしても朋子が居ない人生なんて考えられない。
死が二人を分かつまで…。
それは思いがけず、目前に…。

朋子役の尾野真千子はさすがの好演。
向井理も自身の祖父を熱演するが、ちと演技力の差を感じてしまった。
キャストではやはり、現在の朋子役で映画では本作が遺作となった野際陽子。改めて、合掌。

苦労を重ねた祖父母が居て、それを覚えてる親が居て、孫に当たる自分(向井理)は今人気俳優に。
人生や家族はどうなるか本当に分からない。
祖父母の人生は幸せだったんじゃないかと思う。
とあるシーン…。
子供たちが一人立ちしたら、二人で海外旅行をしよう、と。
それは残念ながら実現出来なかったが、別の意味では叶った。
描かれたその夢に、胸がジ~ンとさせられた。

悪くはない作品ではあった。
でも、映画でなくとも、2時間のTVSPでも充分のような…。
画に描いたような普遍的な夫婦愛の物語。
画に描いたような可もなく不可もなく。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
近大

4.0生き様に感動

星空さん
2018年8月8日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

泣ける

知的

幸せ

真面目に生きてる生き様 よかった!

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
星空

2.0タイトルなし

2018年5月21日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

母と見た。映画館で見なくても…という感想。2時間ドラマって感じ。
祖父が満州に行っていた話を聞いていたので、それとリンクさせると感情移入しやすい。そういう話を聞いたことがない若い世代には面白くないかもしれない。
このような人はたくさんいたと思うので、祖父や曾祖母の話も映画になるかな?と思える。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ヨーグルト

3.5昭和史の一ページ

2018年5月6日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

泣ける

悲しい

主人公(尾野真千子、晩年は野際陽子)は結婚して中国大陸に渡る。
敗戦により着の身着のままで愛媛の実家に落ち着く。
夫(向井理)は義父の嫌味に耐えられず、家族ともども関東に向かう。
その後、何をやってもうまくいかず、極貧生活が続く。
折り合いの悪い娘(岸本加世子)との経緯が後半の軸になる。
こんな時代を経て今がある。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
いやよセブン

3.5家族ありき。

ハチコさん
2017年7月16日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

悲しい

知的

幸せ

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
ハチコ

4.0実話だから

2017年7月16日
iPhoneアプリから投稿

真面目に一生懸命 人を愛しながら生きる 。それだけに泣ける!

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
sinちゃん

3.5夫婦愛を繊細に表現していて、また、戦争の頃の混乱が良く描かれている...

2017年7月14日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

夫婦愛を繊細に表現していて、また、戦争の頃の混乱が良く描かれている
主役の2人は、勿論のこと、子役達、野際陽子、岸本加世子の演技に泣けた
エンドロールの高畑充希の歌も、映画の余韻に浸れる素晴らしい歌唱だった

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
アップル

4.0娯楽作品ではない

2017年7月10日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

泣ける

悲しい

幸せ

都合のいい作り話ではなく、再現ドキュメントのようなものなので明快なオチは無いし逆転なんかもありません。小さな幸せを求めて奮闘するのにまったく報われない。戦争なんかまったくいい事なんてない。自身か家族が戦後体験者なら共感できる部分ありです。私はラストで泣きました。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
けざ+α

3.0時代背景を念頭に❗

2017年7月8日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

野際陽子さんの御冥福をお祈り申し上げます。

遺作となった本作を鑑賞させていただきました。若干現実と被っているようで・・・。

普通の家族の物語。最後に誤解が溶けて良かったと思います。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
タイガー力石

4.5いつかまた、君と 13:20〜 敬愛する尾野真千子さん主演 お相手...

2017年7月7日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

いつかまた、君と 13:20〜
敬愛する尾野真千子さん主演
お相手は、向井理さん
・確か、向井理さん祖母のお話
家族とは? 親とは? 人生とは?
色々と考えさせられる秀作!
ご鑑賞をお薦めします。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
浪花のしんちゃん

3.5家族について考えさせられました

パセリさん
2017年7月3日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

悲しい

幸せ

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
パセリ

2.0中身の薄い

2017年7月1日
スマートフォンから投稿

寝られる

向井理、尾野真千子の演技は良かったと思いますが
内容があまりにも薄っぺらく、面白みにかける。

現代の配役の野際陽子、岸本加代子の演技がストーリーのせいで滑稽にも思えた。

久しぶりに中身のない映画を見た気がする。
実に残念

コメントする
共感した! (共感した人 1 件)
パンダ郎

4.0普通の日々に感謝

2017年7月1日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

何をやってもうまくいかず、裏目に出てしまう
努めて明るく振舞って家族を支えていたんだろうけど、悔しかったんだろう…。
でも、こういった家族は戦後の日本にはたくさんいたんでしょうね。
今の日本があるのは政治家のおかげじゃなく
こういった普通の人達のおかげなんだと思う。
最後の最後に押し花のシーンには泣かされました。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
しげぼん

4.0命を繋いでくれた人たちがいること。

ももさん
2017年6月30日
iPhoneアプリから投稿
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
もも

2.5う〜ん

2017年6月29日
iPhoneアプリから投稿

映画にしなくてもいいんじゃないか?

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
西国くん

2.0コメントしづらい。。

みなさん
2017年6月29日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

コメントしづらい。。とにかく、とっても想いが込もっていることは感じました。以上。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
みな

4.5予想を超える感動作!!

ondさん
2017年6月28日
iPhoneアプリから投稿

予想をはるかに超える作品でした。
戦後、貧乏な生活から成功して豊かになるのではなく、貧しい生活の中でも愛を育む、ごく普通の1つの家族の物語。
尾野真千子さんが演じる朋子の愛情とたくましさに涙が溢れました。
日本人の感性でしか作れない名作だと思います。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 4 件)
ond

5.0家族の..自分のルーツがここにある。

hideさん
2017年6月27日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

泣ける

上映2日目だった。250人は入れそうな劇場に観客は25人程度だった。「選定を誤った可能性がある」と不安になったが、見ているうちに映画に引きこまれた。この映画を見ようと思った理由は、家族で見れること、結婚に感心がない適齢期の息子と、婚活を勧める妻と一緒に見てみんなで人生について考える機会になること…だった。団魂の世代に育った私には共感するシーンが一杯だった。ドラマは実話にもとづいている。世代を越えて伝えられなければならないこと。先祖の苦労の積み重ねの延長線に今自分がいる事。それらを改めて思い起こさせる良い映画だった。
最後の字幕の場面で主題歌が流れるが… これが明るく、希望に満ちた歌に聞こえ心地いい。歌が終わるころには涙も乾いて人に悟られることもなかろうと思ったが、トイレの鏡に映った顔を見て驚いた。目が充血して隠しようがない。映画を見終わった後、しばらくは人と目を合わせてはいけない。でもぜひ家族と映画館で見たほうがいい。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 3 件)
hide
「いつまた、君と 何日君再来(ホーリージュンザイライ)」の作品トップへ