探偵はBARにいる3のレビュー・感想・評価

探偵はBARにいる3

劇場公開日 2017年12月1日
170件中、1~20件目を表示 映画レビューを書く

長寿シリーズに育ってほしい

前2作よりもアクションシーンのリアリティが向上した。スロー再生とカメラワークと音響の巧みなコントロールにより重量感が増し、迫真性につながったのだろう。テレビでの演出のキャリアが長い吉田照幸監督だけに、テンポの良いドラマ運びはさすが。映画的なショットを要所にはさみつつ、基本的には軽妙なタッチでストーリーを進めるのがこのシリーズには合っている。

終盤のスケールの大きな山場、切なさと脱力のラストなど、記憶に残るシーンもたくさん。もちろん、雪の中の海でパンツ一丁になった大泉洋の熱演も忘れられない。長寿シリーズに育ってほしい。

AuVis
AuVisさん / 2017年12月3日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  笑える 楽しい
  • 鑑賞方法:試写会
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 7 件)

豪華さUPも変わらない魅力は健在

シリーズも3本目となり、大泉洋と松田龍平のコンピもすっかり円熟の味が出てきている。古き良き東映プログラムピクチャーの香りが漂う本作の味のあるマンネリズムは今回も健在だ。

相変わらず札幌の街の空気感がスクリーンから濃く漂ってきて、街を訪れた気分にさせてくれる。今回は札幌市長や日ハムの栗山監督まで出演しているので、作品内外での街への定着感がより強く感じられる。

北川景子、前田敦子、鈴木砂羽とヒロインが3人という大盤振る舞いもあって、前2作以上に豪華な印象を与えるが、やはり探偵と高田の気の抜けた、それでいて締めるところは締めるカッコよさや、哀愁漂うハードボイルドな雰囲気といったコアなポイントは全く変わらないので、ファンは安心して観られるだろう。

ローチ
ローチさん / 2017年11月25日 / PCから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:試写会
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 4 件)

命を燃やせるものは、あるか?

「探偵はBARにいる」シリーズ第3作。
レンタルDVDで鑑賞。
三度、愛すべきススキノ探偵が帰って来ました!
本作は原作の無い完全オリジナル・ストーリーです。しかし、若干原作シリーズ第1作「探偵はバーにいる」からの引用があります。

それはさておき、今回も“簡単な依頼”が大事件へと発展していく展開が秀逸です!
しかも敵がまた、今までに増して超クレイジー。リリー・フランキーはこの手の役をやらせたら、右に出る者はいなんじゃないでしょうか? そして、助手の高田を凌駕する戦闘能力を誇る志尊淳まで登場。これもまたいい感じに狂ってる(笑)

大泉洋と松田龍平の名コンビ振りは本作でも健在。ふたりが迎えるオチにめちゃくちゃ笑いました。そしてホッとした…(笑)

過去に助けた女を守るため、史上最大・絶体絶命のピンチの中で奮闘する探偵のハードボイルド…。そして、命を燃やす。“やせ我慢”的ハードボイルドが、このシリーズの醍醐味。定番のシーンももちろんあって、心地良い“マンネリ”に浸りました…。

syu-32
syu-32さん / 2018年11月26日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  泣ける 笑える 興奮
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

とても面白かったです。

サスペンスにセンスのいい笑いを取り入れたとても面白い映画でした。
大泉洋さんっていいキャラしてますね。
北川景子さんもかっこいい!

光陽
光陽さん / 2018年10月28日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  笑える 楽しい 知的
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

バランスのとれた良作

飛行機でたまたまやっていたので1、2を観ていないけど鑑賞しました。
前作を観ていなくても十分に楽しめました。
大好きな松田龍平さんが良い味だしてて早速1、2も観てみます!!

フラニー
フラニーさん / 2018年10月28日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

長いシリーズになるのかな?

このシリーズはレンタルでは観たことありましたが、映画館では初鑑賞。

シリアスさとコメディーがうまく散りばめられていて、大泉洋の魅力を引き出し、松田龍平の淡々とした演技もなかなか面白い。

ストーリーとしては、それほどの驚きや仕掛けはありませんでしたが、テンポの良さと、今回はなんといってもヒロイン北川景子が良かった。スクリーンの中の存在感と美しさはさすがです。

また、リリーフランキーのヤクザ役は、これまでも何度となく観てますが、切れる怖さは凄みがあります。

これから長いシリーズものになる魅力は十分あると思います。

bunmei21
bunmei21さん / 2018年9月30日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

3作品連続して視聴したせいか、これだけすごく良いように思えた。

3作品連続して視聴したせいか、これだけすごく良いように思えた。

yonda?
yonda?さん / 2018年8月27日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

意外とはずさない。

意外とはずさない。

ghostdog_tbs
ghostdog_tbsさん / 2018年8月7日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

シリーズ化に期待

スケールアップしているので今後のシリーズ化に期待。

Takashi
Takashiさん / 2018年7月18日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

あんまり重たい話は苦手なので本作位がちょうどいい、とはいってもヒロ... ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

あんまり重たい話は苦手なので本作位がちょうどいい、とはいってもヒロインはあいかわらず十分薄幸なのだが悲壮感までいかないのは北川景子の美形とリリーフランキーの小悪党感が功を奏しているようだ。コメディ仕立てが悪いわけではないが土竜の唄のパクリみたいな漁船のシーンやエンドロール後の小芝居はいらないと思う。「探偵はBARにいる」なんて往事の早川ミステリーのような洒落たタイトルなのだから好みで言えば大人の哀愁とかダンディズム、説明的でない練られたセリフがもう少し欲しい。3作目は大泉洋の無駄ゼリフも減ってきて背中で見せる芝居もいい、薄野バックのジャズのBGMもそれっぽくて小洒落ている、4作目がどう化けるか楽しみである。

odeonza
odeonzaさん / 2018年7月5日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  笑える 単純 興奮
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

探偵はつらいよ!第3弾!!

女子大生大生失踪にて捜索依頼を受けた探偵がまたまた事件に巻き込まれる物語。

やはり大泉洋はいじられ役がよく似合う!クールも良いのだが「水曜どうでしょう」時代からの大泉洋いじられキャラが好きだった私としてはイジリがパワーアップしていて大変楽しめた映画になっていた。

また物語も第3弾でパワーアップしましたし、北海道愛溢れてます。
今回のヒロイン役北川景子も良かったですよ。
ただ北城グループのあっけなさには納得行きませんが。

また、あの高さから圧雪めがけて飛び降りれば(圧雪がクッションでも)足骨折しますのでマネだけは止めましょう。(経験者は語る。)

エンドロール後も楽しかった!
次回作も期待します。

巫女雷男
巫女雷男さん / 2018年7月1日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  楽しい 萌える
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 3 件)

いつも通りの探偵はBARにいるです。私は1と2のほうが好きかな。

いつも通りの探偵はBARにいるです。私は1と2のほうが好きかな。

lemon
lemonさん / 2018年6月20日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

笑えるけど

毎回依頼者が微妙なんだけどそこら辺を良くしてくれると長いシリーズになっても文句は言わないです

おさみん
おさみんさん / 2018年6月14日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

心を燃やしたくなるもの。 でも、自分も燃やし尽くしてしまうのも。 ...

心を燃やしたくなるもの。

でも、自分も燃やし尽くしてしまうのも。

薄幸に北川景子は似合わないような。

tsucchi1989
tsucchi1989さん / 2018年6月3日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

題材が

シリーズ3作目らしいが、1, 2は見たことなかった。
単純に楽しめた。

但し、取り上げられた題材が暴力団だったのが、少し違和感を覚えた。暴力団の抗争や事件も最近ではニュースで見ることも少なくなって来たのに対し、この映画では大きな組織で動いていることを臭わせる。
暴力団の過激なシーンは札幌市や北海道のイメージを崩さないか気になる。
現代の設定なので、「今だにこうなの?」と思った。

marumaru218
marumaru218さん / 2018年5月13日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

優作

優作

ぱ
さん / 2018年4月19日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

笑って泣ける。

二人のコンビも安定し安心して観ていられる作品へと成長。
毎回登場するヒロインも華やかでアクションも申し分ない。
どこか間の抜けた掛け合いに対するハードボイルドな要素
が男性陣に高評価なのは頷けるが、今回の犯罪は切なすぎ。

ハチコ
ハチコさん / 2018年2月16日 / PCから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  笑える 悲しい 興奮
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 1 件)

シリーズ最高の売り文句

失踪した彼女を探して欲しいという平凡な依頼に乗り出した探偵と高田。
簡単な依頼だったはずが事件の背後に暴力団や覚せい剤、さらには殺人事件までも関与していることが明らかになっていく。
サイコな暴力団のボス、北城や高田を圧倒する敵、波留などシリーズ最強の敵との戦いを描いたススキノ探偵シリーズ第3作目。

前作からおよそ4年、ススキノ探偵シリーズ帰ってきた!
前2作の大ヒットを受け、プロモーションにもすこぶる気合いを入れていた今作。
予告から最期を意識させる内容が多く、まさかな?まさかな?と若干の不安を抱えながらいざ鑑賞笑。

印象としては予告の盛り上げ方の割には盛り上がりに欠ける地味な作品といった感じ。
シリーズ最凶と言われた北城は序盤から小悪党扱いで、下には強く上には屈するRPG序盤の雑魚ボスみたいな存在。
高田を圧倒するほどの武道の達人で何を考えているのかわからないサイコパスな雰囲気を醸し出す波瑠は確かに強いが、本当に何を考えているのかわからなくて、終いには何がしたかったのかわからない中途半端な存在になってしまっていた。
しかしリリーフランキーは北城の役どころを理解してあえてあの小悪党感を演じていたというからお見それした笑。
志尊淳ももう少しセリフがあればキャラクターが立っただろうにもったいない感じだった。

そんな今作の大きな変化といえばまず美女の依頼人との関係性だ。
とんでもなくあっさりと一線を超えた笑。
今までありそうでなかったこの展開にやはり007的な側面を勝手に感じた笑。
今回のマリはシリーズ通して最も良い感じの美女笑。明るく無邪気に探偵を振り回す姿に今更北川景子に魅力を感じるとは思わなかった。
しかしやはりしっかりと闇は抱えていて、なぜ北城の元で働くようになったのか、探偵に近づいた理由は?、奪った1億円の使い道はなどの多くの謎を残した彼女がとった行動の真意をラストまで伏せた見事な展開の先に、やるせない悲しいラストが待っている。
相変わらずのバットエンドとも言えるお家芸は健在。

また今回は久々の登場の脇役が多く、シリーズ通して見てきた人には嬉しい作品になっている。
篠井フローラの再登場が結構嬉しかった笑。
篠井さんはオカマが上手い笑。
お色気担当の峰子こと安藤玉恵もモンデを飛び出し個性爆発笑。
峰子って名前でクリカンって名前を連呼するどっかで聞いたことのある響きに笑う。
冒頭のお触り教師を演じる正名僕蔵も反省の無さの感じから再登場期待できそう笑。

まあ結果としてエンドロール後にもう一笑い残したコメディ感の強まった作品でシリーズの柔軟性も感じさせる内容だった。
薄まったハードボイルド感をカバーして余りある笑いどころの多さ。
どうして探偵と高田が同じ目にあって高田だけ無事なのかという問いに
高田「キャラクターじゃねぇか?」の一言にジワジワ来る笑。
それはキャラクター通り越して俳優の自体の人間性のことでは笑。やはり自分のキャラクターを自覚している様子の松田龍平がずるい笑。

とにかくまたこの2人が観れて嬉しい。
次作もありそうだしさらに嬉しい。
このシリーズは末長く続いて欲しい。

オレ
オレさん / 2018年2月13日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  泣ける 笑える 悲しい
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

面白かったけど…

前半、少し寝てしまいました。1、2と比べると前半は静かな印象。

2018年2月13日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  泣ける 笑える 楽しい
  • 鑑賞方法:試写会
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ほどよい

エロとか恐怖感とか感動とかのバランスがほどよくて、観ててストレスがない。
札幌の良いところが見れて(一部で人気のロウリュとか)あ、よく知ってるなぁと思った
最後の最後は笑った!良い映画でした!

遠藤剛
遠藤剛さん / 2018年2月4日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

170件中、1~20件目を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi