ハクソー・リッジのレビュー・感想・評価

ハクソー・リッジ

劇場公開日 2017年6月24日
340件中、1~20件目を表示 映画レビューを書く

信仰の狂気が勝利する瞬間。

信仰における信念から誰一人殺さない。武器も絶対に持たないが、ひとりの国民として戦争には役に立ちたい。それも苛酷な最前線で。

劇中で困惑する上官たちならずとも、ちょっとおかしいんじゃねえかと思うだろう。誰一人傷つけたくないのに、戦争の大義は否定しない。そこには大きな矛盾がある。その矛盾を埋めようという努力を主人公はしない。ただ、現実を自分の信仰の基準に強引にハメ込もうとしている気すらする。

だから衛生兵になって、傷ついた兵士を助けたい。そう固く決意して、本当に実践してしまった男の実話なわけだが、クライマックスで男の信念に捻じ伏せられた。

「神様、あと一人助けさせて」と祈りながら、米兵も日本兵も治療し、救出して回る。偽善、と言えば偽善だと思う。が、偽善であってもここまでやれば善なのだ、と本作を観ていると納得せざるを得ない。まさに結果がものを言う。正しいかどうかはわからないが、正直感動した。

バッハ。
バッハ。さん / 2017年6月30日 / PCから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  怖い 興奮 知的
  • 鑑賞方法:試写会
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 18 件)

ガーフィールド、“日本”と“信仰”との奇縁

ハリウッドスターが日本を舞台にした映画に主演するなど、そうたびたび起きることではない。ところが何の巡り合わせか、アンドリュー・ガーフィールドは時をほぼ同じくして、マーティン・スコセッシ監督の「沈黙 サイレンス」では江戸時代に来日する宣教師、本作では沖縄戦に従軍する衛生兵として主役を張ることになった。

両作品のもう一つの重要な共通点は、どちらの主人公も敬虔なキリスト教者であり、その信仰心が試される受難が描かれていること。メル・ギブソンは監督作「パッション」でキリストが拷問される凄惨な描写で物議を醸したが、本作でも訓練時のいじめや地獄絵図な戦場での命懸けの救助活動が執拗に提示される。キリスト教圏においてあるいは自明なのかもしれないが、受難に耐え克服する熱情こそが信仰の本質である、より端的に言えば「受難は熱情と同義である」ということを、メルギブは諸作を通じて語っているように思える。

AuVis
AuVisさん / 2017年6月30日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  怖い 興奮
  • 鑑賞方法:試写会
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 6 件)

メル・ギブソンの執念が成し遂げた、誰も観たことのない種類の戦争映画

メル・ギブソンの執念を見た。溜まっていたものを全てぶちまけるように、観る側が恐れおののくほどの圧倒的な戦場を描き尽くしている。確かに激戦地で銃弾が、肉片が飛び散る様には凄まじいものを感じた。が、秀逸なのは「人命を奪い合うこと」以上に「人命を助けること」をここまでの壮絶さで描き切った点だろう。奇しくもガーフィールドがロープを駆使して崖から負傷者を下ろす様には『アメイジング・スパイダーマン』、あるいは信仰に生きる『沈黙』の役柄すら彷彿させられた。

また、本作は主人公の半生についてドラマを重ね、彼が「絶対に武器を手にしない」という信念を貫く根拠をじっくりと醸成していく。そこで絡まり合う父親像の素晴らしさをどう表現すれば良いのだろう。ギブソンは弱い者、傷ついた者にどこか優しい。彼自身、人間の底にある弱さを自覚しているからこそ、再起しようとする者にかくも特別な見せ場を用意せずにいられなかったのかもしれない。

ぐうたら
ぐうたらさん / 2017年6月28日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  泣ける 怖い 知的
  • 鑑賞方法:試写会
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 6 件)

理屈を超えた信仰心の崇高さと畏怖

本作は戦争についての映画ではない。実際に主舞台は沖縄の地上戦ではある。しかし、本作は戦争の何たるかについて描いた作品ではなく、一人の男の信仰心について描いた作品だ。彼の信仰を試される場として戦場が設定されているに過ぎない。

もっぱら映画の焦点は、アンドリュー・ガーフィールド演じるデズモンドの信仰を貫く姿勢に当てられる。戦場描写の凄惨さに関して『プライベート・ライアン』と比較されているが、内容に関しては、むしろ同監督の『パッション』を連想させる。どちらも信仰に殉じた男を描くという点で両作は同じ方向をむいた作品と言えるだろう。

宗教的信念により、訓練中も武器を持たず、そのため同僚から激烈な差別を受け、衛生兵として従軍を認められても、戦場で一切の武器を持たず、激戦のなか敵味方関係なく命を救い続ける。その姿は崇高さと同時に狂気をも感じさせる。パッションのキリスト同様、理屈を超えた自己犠牲の美しさと畏怖を描いた傑作。

ローチ
ローチさん / 2017年6月22日 / PCから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  怖い 興奮 知的
  • 鑑賞方法:試写会
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 8 件)

テズモンドの勇敢さに😢

日本をアメリカ目線でみるのはすごく新鮮だった。。戦争はもう2度とおこっちゃだめやな、怖すぎる。
テズモンドの自分の生き方をまげない姿は、とてもいい刺激をもらいました

チャム
チャムさん / 2018年8月17日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

鑑賞記録

ハクソーリッジ見た!
過酷な状況で負傷者を助ける姿は、すごく勇敢で、感動しました。

junAUTB
junAUTBさん / 2018年8月10日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

実話だというスゴさ

宗教の話、戦争の話、実話。
この人のやったことは確かに凄い。誰もマネできない。
信仰のない自分には、彼の信念を考察するのは難しいですが、信念で、ここまでやってのけたのはもう素晴らしいとしか言えぬ。

殺せないけど、戦争には協力したい。って殺すことに協力するんだからおかしいよ、いろいろ。でも、自分の国が戦争をしているという現実と、人を殺してはいけないという信念になんとか折り合いをつけたかったわけですよね、本気で彼は。
もともと、完全に矛盾している現実の前で、じゃあ自分だけのうのうと自国で生きてるだけでいいのか??そういう葛藤の上で、本気で向き合って、考えがこねくり回ったらこうなったって事なんですよね、きっと。

真剣に向き合ったからこその結論で、決めたからにトコトンやるしかない!!ってことでこの信じがたい行動をやってのけて生還しちゃったんだもん。

ドス・デズモンドというスゴイひとがいた!それを知れたことはとにかく良かったです。

かーりー
かーりーさん / 2018年8月9日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

わいは好き

日本の戦争映画というのは日本から見ての戦争映画が多かったが、今回の映画はもちろん洋画ていうこともあってアメリカ目線での実際にあった戦争映画ということになった。
監督はメル・ギブソン。主演はアンドリューガーフィールドという日本人の誰もが知っているような有名な方々が出演していた。
劇中では日本人の国に対する思いや感情が描かれていたように感じる。メル・ギブソン監督の戦った方や遺族へのリスペクトが込められていると感じた。
そしてアメリカの兵隊にも遺族がいて、日本の兵士と同じように戦って、悲しむ遺族がいたということが良くわかる映画でもある。まだ言うことはたくさんあるがこんなもんで良いだろ

ezPZPPGk61wW2Ka
ezPZPPGk61wW2Kaさん / 2018年8月6日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

最初は狂人だとも思えたが…

信念を最後まで貫くって本当にすごい!
あと最後の本人映像は卑怯!笑
あれは泣くって!笑

aaa
aaaさん / 2018年7月23日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  泣ける 興奮 難しい
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

戦争映画で感動涙は初です

ラストの主人公の行動には涙無くして観れません。
初めてです戦争映画でこんなにも涙したのは。
そして戦争の怖さをまざまざと見せつけられます。
怖さと感動と切なさが入り混じった映画。是非どうぞ。
日本人が敵として出ているところは非常に複雑な思いです。
もう戦争はしてはいけない、殺しあってはいけない。

Satoshi
Satoshiさん / 2018年7月5日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 1 件)
  • 共感した! (共感した人 2 件)

圧巻の人助け。

凄い。
もう圧巻だった。
究極の人助けだね。
もう一人。もう一人。とどんどん人を助けにいく勇気。本当に素晴らしい。
これこそ本当の神だね。

mg
mgさん / 2018年6月10日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

今まで観た戦争映画で一番。

とても良かった。
話の作りもシンプルで前半主人公の境遇とキャラ見せをして、後半は戦争のみ。
前半のフリが効いてるから後半は感動のみ。という感じ。
親父さんが裁判に入って来たところから、もうずっとクライマックスと言う感じだった。

ハクソー・リッジの崖が実際あんなだったか分からないけど、舞台としても最高だなと思いました。

切腹シーンで終結を見せるのはアメリカ人出来るだと思ったけど、戦争シーンも単調じゃなかったし迫力もあってとても良かった。

嘘か本当か、黒柳徹子が地雷区域をスタスタ歩くので、危ないですよと言うと、「私は人助けに来てるので、そんなわたしを神様は殺さない」と言ったと中学の英語の先生が言ってたけど、それを思い出した。

奥嶋ひろまさ
奥嶋ひろまささん / 2018年6月4日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

主人公が人生に挑むと決めた瞬間、号泣

メルギブソンの映画らしく多分にキリスト教的ではある。が、それとは関係無く主人公がクライマックスにある決断を下す所で号泣してしまった。ロッキー1でロッキーがミッキーに握手を求めに行く所やマッドマックス怒りのデスロードで塩湖横断を止める行動を決断したマックスといった、男が人生に挑むと決意した瞬間がこの映画にもあり、映画館でボロボロと泣いてしまった。

あと「戦闘シーングロいけど、皆んな分かってて観に来てるだろ?」と、メルギブソンから言われているようなゴア描写の連続。凄い…。ただ、この悲惨さが主人公の決断を引き立ててもいると思う。

ラスト、「これ、この一線超えたら絶っ対ヤバイよね?」ってトコの演出がまーうまい。

反戦映画ながら物凄い戦闘描写の連続、凄い映画だった…。

ヒロ
ヒロさん / 2018年5月5日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

3.8 よかった! すごい 戦争映画苦手だけどこうゆうのは観て欲しい

3.8
よかった!
すごい
戦争映画苦手だけどこうゆうのは観て欲しい

みー
みーさん / 2018年4月30日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  泣ける
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

メルギブソン…やりましたね。 中々長めだったけど、無駄なシーンはな...

メルギブソン…やりましたね。

中々長めだったけど、無駄なシーンはなく、ずっと力みっぱなしで観てました。

彼の信念がどれだけのことを成し遂げたのか、またこの作品を観ている時間の中で、戦争についても沢山のことを考え、感じ、苦しくさせられた。

aco
acoさん / 2018年4月13日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

沈黙サイレンスとの連続性!!!

現代のキリストのような善行を行った、ウソのような本当の話。コレ、完全フィクションだったらシラけてるだろうな〜、とか思うけど、流石はメルギブ監督、ちゃんと深く面白い映画になっている。

メルギブソン監督作品によく見られる、信念と現実との狭間の葛藤が今回も描かれていて、心にズシンと重たいものがのしかかってくる。さらに戦争映画だし。見応えが十分過ぎる作品になっているを

にしても、アンドリューガーフィールドは、キリスト教絡みの役が続いてるね。沈黙(サイレンス)では生きるために宗教上の点について妥協していたけど(信念は曲げていないが)、本作では妥協しなかった。

サケビオース
サケビオースさん / 2018年3月30日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

人として、人を救う

軍隊のしごきや、ハクソー・リッジでの戦闘シーンが凄くて。
ましてや沖縄戦の話。
いつもだったらたぶんギブアップする、分野の作品ですが。

デズモンドの「あと一人救わせてください」と次々助けていく姿が胸を打ちます。
過去の経験から、「銃は持たない」という強い信念。
それは厚い信仰・心の拠り所があってこそでしょう。

ハードなシーンを懸命に走り回るデズモンド。
誰よりも勇ましかった。

そして今。世界紛争等「人間が人間に銃を向ける」ことの悲惨さを十二分に伝えていると思います。

fukui42
fukui42さん / 2018年3月28日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

感動しました

兵士を助けるシーン、戦闘シーン、変な言い方かもしれないけど、とてもよく描写されてた。

ハラハラしたし、感動した

can0py1012
can0py1012さん / 2018年3月24日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ウソのような本当の話 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

実話と知らずに観ていたらなんて真実味のない話だ、と思うところだった。主人公が信心深く、平和主義なのは結構なことだが、軍隊という規則で成り立っているような組織を根源から覆してまで主義主張を通すところに白人的傲慢さが見えた。この戦闘シーンが本当なら、主人公が生き残ったことは奇跡的であり、信心深いメル・ギブソンがありがたがって映画化したのには納得がいった。

GreenT
GreenTさん / 2018年3月10日 / PCから投稿
  • 評価: -
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

迫力が凄くて

迫力が凄くて観るのに疲れた(^^;
太平洋戦中の沖縄戦で活躍した米軍衛生兵の実話もの。
日本人なんで観るのが辛い部分も有るんだけど、あくまでも映画として最後まで観させてもらった。
アカデミー賞をとってるだけはあるなと思った。

SelfishCat
SelfishCatさん / 2018年3月6日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

340件中、1~20件目を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi