劇場公開日 2017年6月24日

  • 予告編を見る

ハクソー・リッジのレビュー・感想・評価

4.0391
36%
53%
10%
1%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

全391件中、1~20件目を表示

4.5信仰の狂気が勝利する瞬間。

村山章さん
2017年6月30日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会

怖い

興奮

知的

信仰における信念から誰一人殺さない。武器も絶対に持たないが、ひとりの国民として戦争には役に立ちたい。それも苛酷な最前線で。

劇中で困惑する上官たちならずとも、ちょっとおかしいんじゃねえかと思うだろう。誰一人傷つけたくないのに、戦争の大義は否定しない。そこには大きな矛盾がある。その矛盾を埋めようという努力を主人公はしない。ただ、現実を自分の信仰の基準に強引にハメ込もうとしている気すらする。

だから衛生兵になって、傷ついた兵士を助けたい。そう固く決意して、本当に実践してしまった男の実話なわけだが、クライマックスで男の信念に捻じ伏せられた。

「神様、あと一人助けさせて」と祈りながら、米兵も日本兵も治療し、救出して回る。偽善、と言えば偽善だと思う。が、偽善であってもここまでやれば善なのだ、と本作を観ていると納得せざるを得ない。まさに結果がものを言う。正しいかどうかはわからないが、正直感動した。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 26 件)
村山章

4.0ガーフィールド、“日本”と“信仰”との奇縁

2017年6月30日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会

怖い

興奮

ハリウッドスターが日本を舞台にした映画に主演するなど、そうたびたび起きることではない。ところが何の巡り合わせか、アンドリュー・ガーフィールドは時をほぼ同じくして、マーティン・スコセッシ監督の「沈黙 サイレンス」では江戸時代に来日する宣教師、本作では沖縄戦に従軍する衛生兵として主役を張ることになった。

両作品のもう一つの重要な共通点は、どちらの主人公も敬虔なキリスト教者であり、その信仰心が試される受難が描かれていること。メル・ギブソンは監督作「パッション」でキリストが拷問される凄惨な描写で物議を醸したが、本作でも訓練時のいじめや地獄絵図な戦場での命懸けの救助活動が執拗に提示される。キリスト教圏においてあるいは自明なのかもしれないが、受難に耐え克服する熱情こそが信仰の本質である、より端的に言えば「受難は熱情と同義である」ということを、メルギブは諸作を通じて語っているように思える。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 8 件)
高森 郁哉

4.0メル・ギブソンの執念が成し遂げた、誰も観たことのない種類の戦争映画

2017年6月28日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会

泣ける

怖い

知的

メル・ギブソンの執念を見た。溜まっていたものを全てぶちまけるように、観る側が恐れおののくほどの圧倒的な戦場を描き尽くしている。確かに激戦地で銃弾が、肉片が飛び散る様には凄まじいものを感じた。が、秀逸なのは「人命を奪い合うこと」以上に「人命を助けること」をここまでの壮絶さで描き切った点だろう。奇しくもガーフィールドがロープを駆使して崖から負傷者を下ろす様には『アメイジング・スパイダーマン』、あるいは信仰に生きる『沈黙』の役柄すら彷彿させられた。

また、本作は主人公の半生についてドラマを重ね、彼が「絶対に武器を手にしない」という信念を貫く根拠をじっくりと醸成していく。そこで絡まり合う父親像の素晴らしさをどう表現すれば良いのだろう。ギブソンは弱い者、傷ついた者にどこか優しい。彼自身、人間の底にある弱さを自覚しているからこそ、再起しようとする者にかくも特別な見せ場を用意せずにいられなかったのかもしれない。

コメントする
共感した! (共感した人 11 件)
牛津厚信

5.0理屈を超えた信仰心の崇高さと畏怖

2017年6月22日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会

怖い

興奮

知的

本作は戦争についての映画ではない。実際に主舞台は沖縄の地上戦ではある。しかし、本作は戦争の何たるかについて描いた作品ではなく、一人の男の信仰心について描いた作品だ。彼の信仰を試される場として戦場が設定されているに過ぎない。

もっぱら映画の焦点は、アンドリュー・ガーフィールド演じるデズモンドの信仰を貫く姿勢に当てられる。戦場描写の凄惨さに関して『プライベート・ライアン』と比較されているが、内容に関しては、むしろ同監督の『パッション』を連想させる。どちらも信仰に殉じた男を描くという点で両作は同じ方向をむいた作品と言えるだろう。

宗教的信念により、訓練中も武器を持たず、そのため同僚から激烈な差別を受け、衛生兵として従軍を認められても、戦場で一切の武器を持たず、激戦のなか敵味方関係なく命を救い続ける。その姿は崇高さと同時に狂気をも感じさせる。パッションのキリスト同様、理屈を超えた自己犠牲の美しさと畏怖を描いた傑作。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 11 件)
杉本穂高

4.0それでも、、

T-KAZUさん
2021年6月21日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:VOD

泣ける

悲しい

怖い

太平洋戦争の沖縄が舞台であり、
ましてやアメリカ視点で描かれていますので
やっぱり、どこか観ていて不満を感じます。
そんなに日本を悪く描いてあるわけではないけど
火炎放射や小型マシンガンで
日本人がバタバタ倒れるのを見ると
気分悪いし、日本の側の沖縄戦の
資料などをみたことがあるから、
やっぱり素晴らしいとは言えないです。
それでも、、最後の方になると
彼の姿を観て
自然と涙がでてきました。
色々考えさせられました。
観て良かったです。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
T-KAZU

5.0デスモンドは平和憲法の日本そのものなのかも知れません

あき240さん
2021年4月24日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

前半はデスモンドが何故衛生兵となったのかが描かれます
後半は沖縄戦の地獄の戦場の中での彼の英雄的な活躍が描かれます

日本人にとってはやはり沖縄戦を米軍側から描いている事に注目せざるを得ません
機関銃でなぎ倒され、火炎放射器で焼き殺されるのはナチの親衛隊ではなく、私達と同じ日本人なのですから

1945年5月に彼が部隊とともに沖縄本島に上陸するところから後半が始まります

岡本喜八監督の名作「沖縄決戦」を出来れば観て置くとより立体的に状況の理解を得られるかと思います
メル・ギブソン監督もそれを参考にしたようなシーンも有ります

劇中で語られる通り、戦争とは敵を殺すこと
沖縄で家族の誰か、縁者の誰かが戦争で犠牲になった人なら、米軍は絶対悪だと思う人もいるでしょう
その米軍の彼らも多数の犠牲者を出した真珠湾攻撃に対して日本は絶対悪だと思って戦っていたのです
結局、戦争にはどちらの側にとっても正義であり、相手は絶対悪であり相対的なものでしかないのです
絶対悪とは米軍がとか日本軍がとかではなく、戦争そのものが絶対悪なのです

プライベート・ライアンが最高の迫真性で戦場を描いて見せた映画とされています
しかし本作を観たならば、本当の最高の迫真性で戦場描いた映画は本作であると考えが変わると思います

ボロクズのように粉砕される人間の肉体
泥まみれの人体のミンチ
それらがプライベート・ライアンのような彩度をわざと落としてどきつさを抑えてはいないのです
砲煙で薄暗くなる戦場には、沖縄の強烈な初夏の陽光が時折明るくその地獄のさまを照らしだすのです
それどころか長い鋭い銃剣で、素手で、直接殺し合うのです

目を背けるな本当の戦場とはこんなものだ
これだって映画なんだと
本物の戦争はこんなものどころではないと

こんな戦争の現実を知ることが、本当の反戦なのだというメッセージだと思います

では戦いたくない
戦争するくらいなら殺されようというのか?
それも違う

デスモンドは平和憲法の日本そのものなのかも知れません
不戦の誓いとは戦争を無条件に拒否するものではないと思います

デスモンドは軍需工場で働いていたので兵役免除されてたいたのに、軍隊に志願したのです
銃には触れないという誓いをもったまま
自分のやれることを果たそうとしたのです
誰よりも勇敢に敵の攻撃に立ち向かって、地獄のような砲火の中で英雄となったのです

彼は卑怯者ではなかったのです

また沖縄の周辺には戦争が起こりそうな雲行きです
そのとき私たちは戦争前のデスモンドと同じです

どのような行動をとるのか?
それが否応なく決断させられるのです
その覚悟を本作は厳しく問うています

ハクソー・リッジ
日本軍は前田高地と呼んでいた場所
那覇空港からゆいモノレールで35分の浦添前田駅で降りて、たった徒歩20分程のところ
今は綺麗に整備された見晴らしの良い高台の緑豊かな公園になって小さな慰霊碑が在るそうです
一度訪れてみたいと思います
今の日本の平和はこのような地獄の上にあったことに思いをはせたいと思います

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
あき240

4.5沖縄戦 前田高地の激戦

2021年3月29日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

米兵目線の沖縄 前田高地での激戦の映画です

しかし、日本人を特段悪者にしているわけでもなく、日本人でも英霊たちに敬意をもってみることができました

そして、主人公が物語全体を貫く 「汝、殺すことなかれ」 これはキリスト教の教えからくるもので、「良心的兵役拒否者(Conscientious objector)」と兵役志願、日本人には少し感覚がつかみにくいものですが、映画鑑賞自体には問題ありません

序盤はちょっとスローかなと思い始めてすぐ、話しは動きだし、飽きることはなく最後まで

暴力的な父親の深い愛情の場面は、自分の父と重なったのもあり心動かされ、監督メルギブソンの巧みさを感じました

ハクソーリッジ、前田高地での戦いは文献で知ってはいたのですがやはり激戦で、戦争の悲惨で容赦なさをリアルに描いています

しかしただリアルなだけでなく、主人公の検身さと行動には手に汗握り、思わず応援したくなりました

この主人公や登場人物は実在・実体験を基にしており、戦後「良心的兵役拒否者(Conscientious objector)」として初めて名誉勲章(アメリカ軍の勲章において最高位の勲章)を授与されたとのこと
その重いと活躍を等身大で描いてるいい映画でした

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
大橋 拓也

4.0実話

moonmoonさん
2021年3月17日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:VOD

これが実話ということに驚きました。
デズモンドが1人で負傷者を夜通し助けるシーンは息を呑むほどハラハラしたし、その後ようやく仲間と合流したところでうるっときた。
ただ、やはり戦う相手が日本だから複雑な思いがする。
こういうことを考えるきっかけになったので、この作品を観て良かった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
moonmoon

4.0信条をつらぬく

津次郎さん
2021年3月9日
PCから投稿

メルギブソンはタカ派でピューリタンなひとだと思う。
とはいえ、タカ派もピューリタンも、わたしはその意味をよくわかっていないw。
タカ派は国粋主義的で白人至上なトランプ大統領みたいなかんじを言っている。
ピューリタンは宗教的意味合いよりホモフォビアな側面を言っている。ヒースレジャーにホモ映画(ブロークバックマウンテン)に出るのはやめろと諭した逸話は、けっこう知られていると思う。

国策映画などという言葉があるが、自国のことを善良かつ正義に描く映画は、ぜったいに正しいと、わたしは個人的に思っている。どこに自国を悪く描く国があるだろう?そんな国は日本だけだ。徹底した自虐がわたしたちに何を及ぼしただろう?

わたしはもちろん戦争を知らない世代だが、戦争をヒロイックに描いた映画が日本にもあっていいと思っている。坂井三郎を劇的で完全なエンターテインメントとして描いた、たんじゅんな映画を見たいと思っている。

エンターテインメントに必要なのは、たんじゅんさだと思う。誰が良いのか。誰が悪いのか。もちろん悪にも両義性をふくませないと、抗日映画みたいな形骸になってしまうが、勧善懲悪のたんじゅんさはエンタメのきほんだと思う。

そのうえで、太平洋戦争で戦った我らの先達をスクリーンで縦横に暴れさせて欲しかった。むろん永遠に無理だ。事実上、戦争に負けたことは、創作に恒久的な規制がかけられたも同じである。戦争に負けると英霊は戦犯に変換される。たんじゅんなヒーローをつくったら、内外の反日から叩かれて、仕事や活動の場を追われてしまうにちがいない。

ただし公人でなければヒーロー視していいし靖国神社へ参拝してもいい。わたしは政治を知らないし右も左もきらいだが、基本的に日本がわるい国だと思っているならば、とっととよそへ移ったほうがいい。
けっきょく、作り手がたんじゅんで明解な善悪の判断基準をもっていなければ、戦争エンタメなんかつくれない。タカ派でピューリタンみたいな人でなければ、いい戦争映画なんかつくれないのである。

ただアメリカとて、一枚岩じゃない。アメリカを良く描きすぎるとリベラルから反撥の声があがる。その辺は中共と違ってさすがだが、きょうび、ハリウッドで戦争関連映画をつくるとなれば、その市場はこの星全域であって、左へも右へも振らない監修が働くのはとうぜんだ。

映画ハクソーリッジにはタカ派が描いていることのたんじゅんさと、しっかりしたバランスの監修が働いていた。
おそらくメルギブソンは、デズモンドTドスが(自身と重ね合わせて見ることもできる)敬虔な融通の利かない信者であることに絶大な信頼を寄せていたと思う。
ホモフォビアというのは根っこにある生理だ。公的にはLGBTs差別反対のスタンスであったとしても生理ならば揺るがない。その頑迷がある。
要するに、この映画には、いい意味のたんじゅんと、いい意味の頑迷があった。だからいい映画にならざるをえなかった──のである。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
津次郎

3.0信念の重み

odeonzaさん
2021年2月21日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
odeonza

4.0視点はアメリカ寄り

penguinさん
2021年2月19日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
penguin

4.5あとひとり助けさせて下さい !

さん
2021年2月18日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

アンドリューガーフィールド扮するデズモンドドスは、行きがかりの病院でテリーサパーマー扮するナースのドロシーシュッテに魅せられ献血しデートに持ち込んだ。デズモンドは、ドロシーに人を救う衛生兵になりたいと言いながらプロポーズした。衛生兵に志願したデズモンドに父は嘆いた。デズモンドは、陸軍に入っても銃を持たないと宣言した。問題児扱いされているデズモンドの様な状況を良心的兵役拒否者と言うそうだ。神は殺すなと言っているとデズモンドは主張した。回りの連中はデズモンドを追い払わおうと殴りつけたり結婚式に出れなかったりしたがデズモンドは頑張る。麗しいドロシーも駆けつけ激励し、軍法会議にもかけられたが父の努力で認められ沖縄へ出向いた。日本兵は死ぬ事を恐れず攻撃してくるのをデズモンドは果たして避けられるのか? 米軍も必死だが、日本兵も必死の戦い。激戦の中でもデズモンドは銃を取らなかったし、軍が退却しても日本兵がそばまで来てもひとり残って助ける。あとひとり助けさせて下さい。そんな銃を取るより勇気ある実話があったんだね。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
重

4.0前田高地・嘉数戦

2021年2月17日
iPhoneアプリから投稿

サブスクで観ようと思っていたが、
ラッキーなことにBSで放送してくれたため、鑑賞。

この映画は日本人からすると
少し複雑な気持ちにもなりかねないというのが、
日本人として見た時の感想。

ただ、一個人として見た時に思ったのは、
戦争の最中でも、人を救いたいと言う意思の元に
戦争に参加する兵士もいたんだなという意外性。

信仰が深いからと言う理由も有るだろうが、
それだけで初志貫徹できるものだろうか?
戦場ですよ?自分の命が危ぶまれるわけですよ。
そんな渦中でも、自分の信念も相まって、
人を助ける(人種関係なく)という行動を起こすのは
非常に稀有で賞賛に値する。
そしてアンドリューの迫真の演技も最高だった…

CMの時はハクソー・リッジという
題名について調べた。
沖縄の浦添市前田高地のことだったんだと
初めて知った。
観終わった後も嘉数戦について調べた。
戦争映画はこういった、映画を観終わっても、
余韻が残って歴史を知ろうと思って、
色々と調べて歴史(戦争の悲惨さなど)を
知ることができるから好き。
※戦争は嫌いです、暴力反対

最後に、
あんな断崖に網を張る米兵もすごいなーと
観ていたが、あの網を取れば米兵も
上がって来れなかったのでは?とか色々考えた。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ぴーたん

3.0戦勝国も沢山死んだ。

2021年2月10日
iPhoneアプリから投稿

彼が厭戦でも戦場での英雄譚なら好戦映画と見る。
英雄無き絶望譚「野火」を想う。
沖縄の米兵余裕綽々映像ばかり教わったが、戦勝国も沢山死んだと想像していなかった自分を恥じる。
ほぼ同テーマの「沈黙」よりはこちらかな。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
きねまっきい

3.5殺戮ではなく人命救助にフォーカス

Pupaさん
2021年1月8日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:VOD

悲しい

怖い

興奮

アメリカの戦争映画にありがちなヒーロー映画感が少なく、地上戦の過酷さや悲惨さが伝わる作品だった。
また衛生兵にフォーカスした作品は初めて見たので、とても新鮮だった。武器を持たずに戦場に行き、人命救助に尽力された方がいたことを知れて良かった。

日本との戦争を敵国目線で映画を通して見るのはとても勉強になるので、多くの人に見てもらいたいと思いました。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
Pupa

4.0ハクソー・リッジ

2020年11月13日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

信念を持ち続けた事による奇跡。
沖縄修学旅行の平和学習を思い出した。
日本人だけでなく、アメリカ人も何人も亡くなっている。こういう映画で違う視点を得られる。
本当の話だとは思わなかった。すごい。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ABCD

4.0一途な信仰心

ずんさん
2020年10月26日
Androidアプリから投稿
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ずん

3.0後半だけでいい、

けいさん
2020年10月21日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:VOD
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
けい

4.0戦争の残酷さを映す程反戦の思いが伝わる

2020年10月9日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

悲しい

怖い

家の整理をしていたらまた出てきました、
未見のDVD😱
中でも今作、戦争じゃないですか。
戦争映画苦手なんです😅
しかも結構長いらしい😰
他にもDVDあったから後回しか⁉️
いや、きっと良作だ😤
監督メルギブソンだし。

そもそも何で後回しになってたか、
アンドリューが好きではないから。
いい男だと思いますよ、だけど何か軽薄さを感じる。
どーでもいーけど、瀬戸康史に似てる。
瀬戸も興味がない。
今作で興味あるとすれば、やはり名優ヒューゴでしょうね👍
あとドロシー役の女優、キレイですねー❤️
最近こーゆー若い正統派の美人増えてきておじさん嬉しい😍

で中身ね。
まあいっぱい死にます。そらそーよ戦争だもん。
その見せ方がリアル。
よく爆弾一発で大勢の人が吹っ飛ぶ映像ありますが、今作は肉片とか上半身だけとか、明らかに死んでるのが分かります。
銃撃戦でも頭だけとか足だけ千切れたり、頭半分無いとか内臓飛び出してるとか、観てないけど「進撃の巨人」の実写でもこれくらいやれよ💢(アニメは悲惨な死体沢山😱)と思うくらい、残酷この上無し。

ここまで表現するのは、監督メルギブソン故なのか。
彼の信仰から来る反戦の祈りは、作品の中では「不戦の兵士」ドスの、まるでスーパーヒーローの様な立ち回りと、残酷な死に方と無残な死体に依って語られている。
観てるとアメリカ側に肩入れしてしまうが、勝って万歳という感じでもない、ドスの振る舞いに全てが現れている。
これでこの人が実在の人物という事も凄い。

今更ながら、故大林宣彦監督も、ここまでの残酷描写をやって見せて欲しかった気もする。そうすればもっと彼の反戦の祈りも伝わったのではないだろうか。

一個ケチ付けたいのが、日本軍の切腹シーン。
これはちょっとリアルさが足りないかな🤔
後で調べたら、あの方は陸軍中将牛島満らしい。

日本軍でドスみたいなの居たら、
即絞首刑なんだろう。

コメントする (コメント数 1 件)
共感した! (共感した人 10 件)
クリストフ

5.0彼自身を拾う

こつさん
2020年9月26日
iPhoneアプリから投稿

彼が米兵を彼自身と同じように思っていたこと。
自分の信念に従って、自分自身を拾うように仲間を拾うこと。

安息日前に多くの人を1人で救い、彼がテントに戻る時、きっと助けられなかった、残してきた仲間のことを思っていたんじゃないか。
その時の彼の気持ちを想像するとやるせない気持ちでいっぱいだ。

アメリカから見た日本兵ってああなんだ。

人は守るために戦う。
武器で戦わなければ守れないんだろうか。
リアルとして、今もどこかで武器を持って戦う人がいて、自分はベッドの上で映画を観ながら考えているだけ。

虚しいな。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
こつ
「ハクソー・リッジ」の作品トップへ