神さまの轍 check point of the lifeのレビュー・感想・評価

神さまの轍 check point of the life

劇場公開日 2018年3月17日
5件を表示 映画レビューを書く

やはり岡山天音君

不思議な存在感あり。六角精児も端役だが映画に影響力が半端ないです。ショートショートの延長の感です。良い意味で、続きが見たいですが、やっぱりとなるか?裏切られるか、うまいところでエンドロール。楽しめました。ありがとうございました。

びわ湖のこーちゃん
びわ湖のこーちゃんさん / 2018年5月23日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

うーん ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

日本の映画でロードバイクが出て来るものなどまるで観たことが無い。

外国の『レーサー/光と影』『疑惑のチャンピオン』はいずれもドーピング関連であった。
特に『疑惑のチャンピオン』のランス・アームストロングはそれまでトレーニングの書籍も出すなど尊敬できる選手と思っていたのが、とんだどんでん返しであった。

今回のこの「神さまの轍」すがすがしい青春映画、ロードバイクの魅力に取り憑かれた若者達の映画 と言うのか文部省推薦のN○K教育テレビ中学生日記長編版と言うのか

実に素朴なリアル映画でしたなぁ

最初観る前期待していたロードバイクの抑揚感は見事に裏切られた。
自転車レースは本作では重要ではない。ボートでも、陸上でも卓球でも何でも良い。
ロードバイクが好きだから見に行く映画ではない。
たまたまロードバイクがでてると言うだけである。

主人公は天才と平凡な若者2人が出てくるが、平凡な若者を主眼に置いているため、万民向けになってしまっている。
なのでなぜ天才児が日本代表を放棄して故郷に戻ったのか、はっきりと述べられて無い。今どのような感情なのかも察しる程度で止めている。

私は天才児の方を主眼にして欲しかった。
まあ、興行成績などを気にした結果なのかもしれないが、やや、ロードバイクの映画としては中途半端にならざる得ない。
この際、ロードバイクファンも増えていることから、思い切った映画にして欲しかったなぁ〜

あらすじ
「中学生3年の進路のあり方の模索中で、しかし自転車好きの友達どうし。
天才肌の若者と平凡な若者が、その後の人生でそれぞれの道を歩むが、方や挫折した日本代表のプロのロードレーサーと方や自転車を止めてしまった平凡な塾講師、紆余曲折の末、故郷で二人が再開する。

互いの思いが分からぬまま、と言うか、自分でもどうすれば良いのか判らず葛藤しつつ2人が地元のロードレースに挑む」と言うもの。

結論はここには無いが、人生は只々漫然と夢を持つことも無い惰性で歩む日々では無く、目的や自分の本当のやりたい人生を生きる事の大切さをしきりに説いている。

「明日はなんとなく上手くいきそうだ。
明後日はどうかな?」と言う危機感、あるいは惰性。劇中それを六角精児演じる知的障害の自転車おじさんがずっと口癖として話しているのがとても印象的であった。

hirokuro595
hirokuro595さん / 2018年4月1日 / PCから投稿
  • 評価: 2.0
  • 印象:  単純 萌える
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

新鮮に見れた映画です

アイドルだとかはやりの役者なんて使ってなくて、新鮮に見れました。最近どれも同じ役者ばかりで芝居がどれも同じに見えつまらない、、、、自転車屋の雰囲気、照明なども好きです。

assy
assyさん / 2018年3月27日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

とても丁寧に作られた映画

自転車競技の世界が分からなくても、主人公2人の心に揺れ動く葛藤がベースになっているドラマだったので、充分に楽しめた映画でした。
編集に苦労したと思いますが、80分強の尺に収めたのは正解でした。とても丁寧に作られた映画だと思います。

Oka-p
Oka-pさん / 2018年3月21日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

体を動かしときゃなんとかなる

ロードバイクを題材にした地域(京都 井手町)密着型の映画。
進む道が分からなくても体を動かしときゃなんとかなるという話。
劇中、津田寛治演じる中学教師が「夢中になれるものを持っておくと、いつか自分の助けになる」と。
「そうだな!」と思いつつ観る。

DKawa
DKawaさん / 2018年3月18日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 2.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

5件を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi
採用情報