「普遍的な心の触れ合いが」光(河瀬直美監督) あんこさんの映画レビュー(ネタバレ)

メニュー

光(河瀬直美監督)

劇場公開日 2017年5月27日
全95件中、17件目を表示
  •  
映画レビューを書く

普遍的な心の触れ合いが ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

美佐子が中森に対してコミュニケーションしようとするのが、児童書の獣の奏者みたいな、全く違う生き物(目が見える/見えない)の間に横たわる断絶を知ってもなお語り続けるのを止めないような、美しいけれど不毛な、美佐子だけが疲れ続ける関係に目えたんですが、最後に、私は逃げたり消えたりしない、だからそこで待っていてというセリフで、伝わっていたんだ!と感動しました。目が見えるとか見えないとか、映画の音声ガイドという珍しい仕事など関係なく、普遍的な心の触れ合いがこの映画にはありました。最後の樹木希林さんのガイド、目の先には、光、でタイトルが回収されるのも素敵。面白かった。

あんこ
さん / 2017年7月29日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi