オン・ザ・ミルキー・ロードのレビュー・感想・評価

オン・ザ・ミルキー・ロード

劇場公開日 2017年9月15日
50件中、1~20件目を表示 映画レビューを書く

こんな映画、クストリッツァにしか作れない

宗教画のような厳粛さを持ちながら、スラップスティック・コメディが始まり、動物たちと人間が共存によるシュールな世界が展開する。戦争中の小さな村には悲壮感はなく、溢れんばかりの生のエネルギーが充満している。
舞台となる架空の村では、戦闘行為をしながら食事を準備し、銃弾の飛び交うなか雑談する。生活の中に戦争があり、戦闘行為がまるで人々の生活の一部であるかのようだ。
戦争終結をが宣言されてもヒロインの花嫁(モニカ・ベルッチ)は、終われ続け、終わったはずの戦争はずっと終わらない。遂には主人公と逃避行に出るが、どこまでも行っても戦争の影。
狂騒的な結婚式、迫力のウンザミュージック、笑いと涙と怒りが渾然一体となったクストリッツァらしい作品だ。

ローチ
ローチさん / 2017年9月30日 / PCから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  泣ける 笑える 楽しい
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 2 件)

凝った映画

象徴的な表現や対比的に使われる映像が面白い。美しいし印象的で目に焼き付いてしまう。
戦争をしているとはこういうことなんだと、ストーリーだけでなく感覚的に理解させてくれる。

ぐらにゃ〜ら
ぐらにゃ〜らさん / 2019年7月10日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  悲しい 知的
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

染みる染みる物語

映画は自由だ。
表現が自由じゃなくちゃ映画じゃない。

体制に媚びへつらい、必要以上のコンプライアンスに縛られて身動きのとれないメジャー映画に鉄槌をくだす会心の作品。

映像から音楽まで全て素晴らしい。

NobuNaga
NobuNagaさん / 2019年5月21日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

資金調達失敗?

なぜ監督が主役をしたのか?演技ヘタすぎて、他のプロの役者との違和感がありすぎる。寓話ぽくしたかったのか?信頼できない語り部としては成功してるとおもうが映画としては失敗。

ツバキ
ツバキさん / 2019年2月15日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ぶっ飛んでる

これ凄い映画だ。

@Jankichi@
@Jankichi@さん / 2018年11月23日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

毒気あるドタバタ

エミール・クストリッツァ監督お得意の毒気の強いドタバタコメディ。
東欧でいつも内戦中のある国が舞台、牛乳配達員の主人公は地元の英雄の娘に結婚を迫られている。
その英雄はイタリアから美女(モニカ・ベルッチ)を呼び寄せ結婚しようとするのだが、イタリア美女が主人公に恋をしたのでさぁ大変。
随所に残酷で象徴的なシーンが入り、引きつりながら笑うことに。

いやよセブン
いやよセブンさん / 2018年11月15日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  笑える 楽しい 怖い
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

半狂乱で、虚構を愛して

☆良かったところ☆
幼稚なおとぎ話なのか、過酷な現実の訴えなのかの境目を陽気に行き来しながらの自由すぎる展開にしては、こちらの批評屋観点を鞭打つ絶望へのダイナミズムのおかげで、作者によるご都合主義などといったちっぽけな穴には入りきらなかった、ああ、虚構のダイナミズム。

★悪かったところ★
作家性の強さゆえ本作で初クストリッツァの観客をはね除けるだろう。けど、芸術とはそんなものかも。

エイブル
エイブルさん / 2018年7月16日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ちょっと悲しい ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

二人は敵兵から逃れて羊の群れに紛れて逃げ切ろうとするが、妻は地雷て亡くなってしまう。破れかぶれで自分も死のうとするが、牧羊の男から引き止められる。15年後、妻の亡くなった地雷原に石を敷き詰める日課を送るようになっていた。

Takashi
Takashiさん / 2018年6月2日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

参りました

ずっと気になりつつ観なかった、クストリッツア作品、初見です。

初っ端の2カットで、すでに好きな予感がしました。
凝った映像が続き、状況を飲み込むよりはやく展開してしまいます。
面白いとも騒がしいとも、なんとも形容しがたいシーンが続きます。
それ故、静かなシーンはより効果的で、胸を打ちました。

オフィーリアを思わせる、川での花嫁衣装。
そして葡萄。

いったいどれだけのエネルギーでこんな作品を作っているのだろう??
全く素晴らしい。
音楽の使い方も良かった。

好きな監督が増えてしまいました。
他の作品も観たいのですが、スクリーンで観るチャンスを待とうかな。

凪
さん / 2018年1月22日 / PCから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

愛の記憶を絶やすな

戦争で混乱している時代。ロバに乗り兵士たちへ牛乳を届ける配達員の男。
ある日、村に連れてこられた美女に恋した彼の運命は一変する。

こんなに突っ込みどころ満載なのに、ファンタジーとして納得してしまうこの感覚。
生きることにはとても強欲なのに、命が絶たれる瞬間はとてもあっけなくて。
シリアスとコミカルは紙一重なんだなって体感した作品でした。さすが「アンダーグラウンド」の名匠。

劇中の楽曲がとてもキャッチ―で好みのものばかり。
衣装も独特の世界観で好きなシーンを切り抜いたスクラップを作りたくなる一作。

ゆき
ゆきさん / 2018年1月22日 / PCから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  笑える 悲しい 楽しい
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

停滞

寓話と現実が交錯するこの監督の感性は相変わらずだ。美術は間違いなく最高だ。カメラワークも悪くない。しかし、彼は過去の作品である「アンダーグラウンド」を越えられない。その作品の磁場に捕らわれている気がする。割り切って作品を作り出すべきだ。薹(とう)が立ち過ぎたイタリア女優のモニカ・ベルッチをまだこれだけ美しく撮れるのだから、まだやりようはある。次回作に期待したい。

shanti
shantiさん / 2018年1月15日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

独特の世界観

独特の世界観で何とも言い難い。前半は時間が長く感じて途中でzzz…。後半の逃亡シーンはなかなか見応えがあったが個人的に好みの作品で無かった。
2017-186

隣組
隣組さん / 2017年12月31日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 2.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

アブダビの免税店 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

戦争、結婚式、バルカン音楽、気狂い女、夜の嵐、水中撮影、アヒル、ニワトリ、ヤギ、ヒツジ。いつもながらのクストリッツァのモチーフが繰り返され、待ってました!という気分。
ロバに跨り蝙蝠傘をさして肩にタカを乗せたクストリッツァ(本人)格好いい!
ミルクまみれになりながら草原を駆けてくるモニカベルッチかわいい!エロい!

今回、戦争描写が際立って凄まじく、特に多国籍軍の登場により、それまでチャップリンの「担へ銃」みたいにどこかほのぼのしていたセルビア軍の前線の村はあっさり壊滅、浄化され、美しい山間に黒煙が上がり全てが巨大な火炎放射器で完璧に焼き尽くされ、観るものを戦慄させます。

その後も桃源郷のような土地が次々と殺戮の焦土と化し、不条理感に体力を奪われながらも、監督独特のユーモアで前に進むことができるというかなんというか、戦災など大きな悲劇に見舞われると人は感覚が麻痺すると言いますが、クストリッツァの映画はまさにその麻痺の追体験。
不条理といえば2人の追われる理由が、そんな理由で?って内容なんですが、これもまた戦争の不条理を皮肉っているのでしょう。
ストーリーの大筋としては悲劇に次ぐ悲劇でしかない、のに悲憤慷慨とはならなくて、ワハー、クストリッツァ観た!という変な高揚感だけが残ります。最高。

35leica
35leicaさん / 2017年12月17日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

さすがにエミールコストリッツア

映画のストーリーについて行けませんでしたが、元ボンドガールとの逃亡の部分は楽しめました。絶世の美人と彼女の区別がつかなかったですね。

びわ湖のこーちゃん
びわ湖のこーちゃんさん / 2017年12月14日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

まあまあだった ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

 騒々しい感じはよかったのだが、全体的に輪郭がぼやけている印象があり、興奮も感動もスリルもあまり感じなかった。登場人物にあまり魅力を感じることができず、後半の逃避行はだらだらしていて眠くなってしまった。

古泉智浩
古泉智浩さん / 2017年12月12日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  楽しい
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

クストリッツァ初洗礼!に立ち会う 。

やっぱり観たい、どーしても観たい…の気持ちが抑えられず。予告を観せたら一気にその気になった6歳児と、キホン付き合いのよい1歳児を引き連れて、久しぶりの「監督」クストリッツァを観に行きました。
時間も時間だったので、1歳児はお昼寝タイムで前半熟睡でしたが、6歳児は意外というかやっぱりフル参加。クストリッツァ監督の洗礼をばっちり受けたのでした。ワシだ!いやオオタカだ!ヘビが大きくなった!等ヒヤヒヤするほど多弁になったかと思うと、耳をふさいだり、手で顔を覆いながらも指の間から凝視したり。…ほほー、と余裕の構えでチラ見していたら、突如「あれ何?」「どうして?」という質問が。こちらも油断できず、どこまで・どんなふうに返すか?にも頭を使いながら観ました。(ちなみに、1歳児も、後半は目覚めてじーっと凝視…。)
ガヤガヤ歩き回っていたかと思うと、屠殺された豚の血を浴びて赤く染まるガチョウたち。乱れ飛ぶ銃弾をかい潜りながら喋りまくり、卵を割り続ける兵舎の村人。冒頭からクストリッツァ・ワールド炸裂! これだけでわくわく。主人公に続いて美しいヒロインが現れ、テンポよく恋模様が繰り広げられ、皆が入り乱れて歌い踊る酒場のシーンになだれ込むと幸せな気持ちは最高潮に。…その一方で、絶頂の先にある不幸の気配に、心中穏やかではいられなくなるのでした。
戦争が終わっても銃撃は止まず、逃避行の終着は見えない。それでも、随所に驚きと笑い、スカッとする驚きやふっと温かくなるやり取りが織り込まれ、どこまでも目くるめく体験。どこを斬っても映画そのもの。美しさも残酷さも、やっぱり最後まで凝視せずにはいられませんでした。
6歳児は、本作で初めて「地雷」というものを知りました。私は、予告ではジャッキー・チェン映画的な笑いの材料と思っていた大時計が、生身の人間に牙をむく「歴史」の表れとだったと気付き、ぞわぞわとしています。思い返すほどに気付きや実感があり、これも良作の愉しみです。
そして勿論、クストリッツァ監督と言えば、ウンザ!ウンザ!とぐいぐい前のめっていく音楽。本作の余韻を味わいながら、ウンザウンザと口ずさみ、足を踏み鳴らせば、大抵のやり切れなさは乗り越えていけそうな気がします。ウンザ!ウンザ!

cma
cmaさん / 2017年11月20日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ひつじがぁ〜‼︎ ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

戦争と言う重いお題なのに
なんかコミカル

大笑いじゃないけど
度々
クスって笑っちゃいました。

モニカベルッチは
結構なお年なのに
変わらず美人でした。

地雷のシーン
蛇さんも助けてくれてたのに
生きてて欲しかったなぁ

妹役の女優さんも
かなりの美人だと思います。
逆立ちで焦げてたの
可哀想だった…

そして
ひつじ達がぁ〜‼︎

snowball
snowballさん / 2017年11月17日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

意味が分からない

不可解・無意味・残酷。何がしたいのか始終理解に苦しむ。

さち
さちさん / 2017年11月5日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 0.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

まあまあの映画

愛だね…少し退屈。

stoneage
stoneageさん / 2017年10月17日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

もう一度、観たい!

豊かな自然、美しい風景の中で、簡単に人が死んで行く映画です。

以下、感じたこと。
何となく平均寿命までは生きるかなと思いつつ日々を生きているが、死は特別なことではなく、状況によってはいとも簡単に大量に発生するもの。そしてそれは不可逆的であり、永遠に元の場所には戻れない。
逆に言えば、70億人も人口がいるので実感はしにくいが、今、生きれていることが奇跡なのかも知れない。

cafe il morino
cafe il morinoさん / 2017年10月16日 / PCから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  悲しい 楽しい 知的
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

50件中、1~20件目を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi
採用情報