劇場公開日 2017年9月23日

  • 予告編を見る

プラネタリウムのレビュー・感想・評価

2.737
6%
16%
57%
14%
7%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

全37件中、1~20件目を表示

4.0姉妹の運命をほのめかす冒頭がもったいない

2017年9月29日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会

悲しい

楽しい

知的

物語の大部分は、降霊術ショーでフランスに来ていた米国人姉妹が、プロデューサーに出会って映画作りにかかわっていく波瀾万丈の経緯を描く。ただし構成上は、冒頭でそうした時代を経験したあとの姉が、知人と遭遇して過去に言及し、そこから時間を遡って本筋がスタートするという、一種の回想形式になっている。この冒頭部分の会話とムードで、姉妹の行く末がわかってしまうのが個人的にはもったいないと思った。

長編3作目のフランス人女性監督レベッカ・ズロトヴスキは、美しい印象的な映像を得意とし、テーマ性よりは雰囲気先行という感じで、「フランスのソフィア・コッポラ」と呼ばれているのも分かる。

オカルト要素に期待をかけすぎると、肩透かしの気分を味わうかもしれない。どちらかというと、マイノリティーや異端者が味わう苦悩や疎外感に重点が置かれている気がする。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 5 件)
高森 郁哉

0.5タイトルなし

ケイさん
2020年10月4日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ケイ

3.5【美しき霊媒師姉妹の魅力に取り付かれた映画製作プロデューサーと、彼女達との関係性を1930年代フランスを舞台に描き出す。】

NOBUさん
2020年6月9日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

悲しい

知的

幸せ

■主要登場人物
 1.ローラ・バーロウ(ナタリー・ポートマン):聡明で野心家
 2.ケイト・バーロウ(リリー=ローズ・デップ):自分の独自の世界を持つ
 -この二人は、降霊術ショーを生業としてアメリカからフランスにやってきた。”中世以降、降霊術はヨーロッパを中心に頻繁に行われていた。-

 3.映画製作プロデューサー兼経営者コルベン
 -彼女たちの降霊術に魅入られた、彼は彼女達と”ある体験をし”、スピリチュアルな世界に徐々に嵌って行く・・。ー

 そして、自らスピリチュアルな映像を使った映画製作に乗り出すが・・。

 劇中劇の挿入の仕方は余り上手くなく、上記3人と関係する人々の関係性、そしてコルベンがポーランド籍である事を暴露され、会社経営人達から、糾弾される場面やその時代背景もきちんと描かれていないので、分かりにくい。

 <だが、今作の魅力は虚業を生業とする、ナタリー・ポートマン、リリー=ローズ・デップが演じる姉妹が纏う儚さや、彼女たちの当時の衣装が醸し出す独特の雰囲気であろう。
 虚業に魅入られたコルベンの姿は哀れではあるが、彼自身が囚われた後もスピリチュアルな経験を信じる姿。一方でローラ・バーロウ(ナタリー・ポートマン)が獄中の彼と対峙するシーンや、自ら役者として新たな道を踏み出す姿が印象的でもある。
 リリー=ローズ・デップは当たり前であるが、6か国語を話すと言われているナタリー・ポートマンのフランス語が久しぶりに聞けた事も少し、嬉しい。
 起承転結がはっきりした映画ではないが、そこはかとない哀愁を漂わせる映画である。>

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
NOBU

2.5ナタリーポートマンとリリーローズデップ だから観たけどよくわからな...

YURIさん
2020年4月24日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

ナタリーポートマンとリリーローズデップ
だから観たけどよくわからないお話だった...
2人の美しさが勿体なく感じる作品

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
YURI

3.0うーん

2018年12月29日
スマートフォンから投稿

難しい

ナタリーポートマンの才色兼備がうかがえる。
ジョニーデップの娘は今後どういった位置で
活躍してくのかなぁというところかな。
ストーリー自体は女性向きかなぁ。
ファッションも素敵です。
妹のある姉の私が見るのも、理解はできるが
降霊術ってところが、取っつきにくい。
偽物降霊術やりながら姉妹が人を騙して
世界を渡る話だったら、笑って楽しめたかも!

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
みきねこ

3.01930年代頃のフランスを舞台にしたフラットな映画

chichiさん
2018年12月27日
iPhoneアプリから投稿

美しい映像、美しい言葉たちが散りばめられた、とにかくフラットな映画。
風と共に去りぬとか、アメリカ映画に触発されてフランス映画ももがいていたのかな?とか思ったり。
とりあえず、ナタリーポートマンかむっちゃ綺麗なので、その部分だけオススメ!

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
chichi

3.0Nポートマンのお尻は拝めるが

2018年10月16日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

難しい

寝られる

なんだかよく分からない。
プラネタリウム?星空は出てきたけども…
リリー=ローズ・デップ は正に天真爛漫。
コルビンの軍服に秘密があるのか?
第二次世界大戦でポーランド系でユダヤでってドイツじゃなくフランスでも迫害が?
霊感など無いってことね。姉妹2人で生き抜く為の方便というか妹に強烈な共感力の能力があると。美人薄幸は決まって白血病ね。
女優として開眼するおねいさん
ポスターのバスタブのシーンは無いに等しく完全に嵌められた。
エロを期待しても超常現象を期待しても見世物のカラクリを期待してもダメダメ

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
消されるのでもう公開しない

4.0作品自体はいい

素子さん
2018年9月10日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

主役2人は本当に素晴らしい。N・ポートマンとローズ・デップもほんとうにいい。作品自体はよく時代が反映されていてよかった。ドラマとしては本当にいい作品。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
素子

2.0内容がよく分からない

2018年9月6日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

除霊の話?幻覚の話?姉妹の半生の話?
キャストが気になって観ましたが、内容がよく分からなかったです。
フランスが舞台の話だったのですが、難しかったです。。
ナタリー・ポートマンとリリー=ローズ・デップが美しかった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
☆ユウ☆

2.5降霊術

2018年8月31日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

寝られる

アメリカからフランスにやってきた降霊術姉妹(ナタリー・ポートマン、リリー=ローズ・デップ)に、映画製作者が入れ込んでしまう。
いかがわしく見えてしまうので、なんだかなぁ。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
いやよセブン

3.0芯が掴めなかったのは、己の無知ゆえか…

さん
2018年1月22日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

主演の二人が観れたらそれでいいや、とあまり期待せず(失礼)に観ました。

思っていたより悪くなかったです。
ただこの映画のキモがなんなのか、さっぱりわからなかった。
ユダヤ関連の話なんだな?…というのはなんとなく感じたのだけれど…

自分はこの作品が成立する前提をそもそも知らないなぁ、という印象です。
なんか勿体無い。

スピリチュアル関連だと思って観ると、全然楽しめないと思います。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
凪

3.0タイトルから想像してたのと違ったけど

Eriさん
2017年12月17日
iPhoneアプリから投稿

コレは、コレで面白かった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
Eri

3.0不思議な世界観

snowballさん
2017年12月16日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

降霊術で出てきた
あの人影は
幻想だったのか?

ナタリーポートマン
見惚れます‼︎

リリーデップも
美しい‼︎
ダコタファニングに似てる⁈

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
snowball

5.0ナタポーが出てるがハリウッド映画じゃない

tedさん
2017年11月26日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

二時間ですべてを語るハリウッド映画と対極をなす作り方で、観てすぐ分かったと言える人は相当な映画通だと思います。

ベルナール・ナタンをモデルにしたコルベンという人物が出ていますが、Wikipediaでもパテというフランス映画会社を建て直しクロワドゲール勲章を受賞したあとアウシュビッツで消えたユダヤ人の一人という情報しかなく、この映画の中でのエピソードも架空のものと思われます。またナタポーとリリーローズデップという美人姉妹を降霊術に使うという点に釣られた観客も多いと思われますが(オレです)そのシーンは障りでしかないです。

そんなナタポー&リリーエクスプロティションな本作ですが、まず、画面が劇的に美しいため、劇場で観ることをオススメ致します。

また、もう一人の主役である、エマニエル・サランジュ演じるベルナール・ナタン(劇中ではコルベン)については映画史上の謎の重要人物であることは間違いないので、レベッカ・ズロトヴスキ監督の今後の活躍によっては、大きく株を上げる一作になるはずです。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ted

3.0ナタリー・ポートマン綺麗だよね

Scottさん
2017年10月18日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

それ以上の感想が出てこないの。
ストーリーはなんだったんだろう。

オープニングは星空と電話交換手を重ねるんだけど、そこのセンスが良くなかったなあ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
Scott

2.5映像美

あじ味さん
2017年10月17日
iPhoneアプリから投稿

ナタリー・ポートマン、リリー=ローズ・デップどちらもとても美しく、背景と共に、魅せる場面は多かったです。
しかし、内容はスピリチュアルと戦争の暗雲とした雰囲気を上辺だけ触れた様な、地に足つかず、フワフワした内容だったので腑に落ちない気持ちで映画を見終えました。
内容より女優を観たい方には価値のある映画だと思います。
蛇足ですがエンドロールの終盤にBGMが途切れていたのになんとも言えない哀愁感がありました…。仕様かどうかは知りませんが。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
あじ味

4.0記憶を夢に変化させるのは難しい

2017年10月9日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

ナタリー・ポートマン、リリーローズデップを
観るだけでも十分満足出来る作品。時代背景の設定されてる事で話がわかりやすくなっているのが、やや残念なんだけど、現代に視点を置いたり、様々な要素がふんだんに散りばめられてる。俳優陣最高です。
まぁナタリー好きな私は大満足です。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
G・・HT3

3.0美しい

アオさん
2017年10月9日
iPhoneアプリから投稿

美しい姉妹でした。
妹を守る姉はどんな気持ちだったのだろう。

姉妹の身に纏うもの、完璧な衣装でした。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
アオ

2.5何これ?

kawausoさん
2017年10月7日
Androidアプリから投稿

うん?
何が言いたい?
理解ができなかった…。
そして眠い…。
眠いから理解できなかったのか、理解できないから眠たかったのか、もはやどちらでも良いが…。

コメントする (コメント数 1 件)
共感した! (共感した人 2 件)
kawauso

1.5リリーローズ

2017年10月4日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

意味わからない映画
リリーローズ観たさに行ったけど
普通。何が伝えたかったのか?内容が普通

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
rose☆skullフォロー禁止
「プラネタリウム」の作品トップへ