劇場公開日 2016年11月26日

  • 予告編を見る

ジムノペディに乱れるのレビュー・感想・評価

3.128
7%
43%
32%
10%
8%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

全28件中、1~20件目を表示

3.5作家性が発露せざるをえない特殊な土俵際プロジェクト

2016年11月28日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

悲しい

「低予算、早撮り、本編時間は7、80分程度、10分に一度は絡みあり」そんなルールのもと大量生産されてきたロマンポルノ。その再興を謳った今回の第一弾もかなり変わった味わいに仕上がっている。台詞や演技も地表から数センチ浮遊しているように特殊で、ファンタジー、あるいは白昼夢と言ってもいい。だがその特殊性を板尾創路が体現するとなぜかしっくりときてしまうのだから不思議だ。悲哀とおかしみ、若干何かに取り憑かれたような表情が同時成立するとはなんたる俳優であることか。
エロスだけではない。本作にはミステリー色も漂う。「なぜ彼はやりまくるのか?」といった、ロマンポルノにあるまじき命題にもきちんと落とし所を作ろうとする。さらに劇中では主人公の口を借り「映画とは」「愛とは」との言葉も。そういった細部の息遣いに行定監督の濃厚な作家性を感じ取れたことは収穫だった。誰より裸になったのは監督自身だったのかもしれない。

コメントする
共感した! (共感した人 6 件)
牛津厚信

1.5板尾が不倫してなきゃなあ

hayamegemさん
2020年11月9日
iPhoneアプリから投稿

やー、クソっぷりの板尾くんと、
奥さんのことを思っている板尾くん。
どちらもあるその切ない気持ちを描いてるのかなと思いました。
が、今どきの感覚からすると、
ただのモテる男ではなくクソだなと。

最近、俳優の不祥事で映画が上映できなくなるという話。あれはどうかと思ってる。
しかし、板尾くんが、度重なる不倫騒動がなければ、俳優板尾、頑張った面白かった、見事演じたそういう男もいるかもね、と言っていたのかもしれない。
でも、なんかこの映画結局のネタバラシとしては、元嫁にも思いやりありつつ、現嫁大好き。でも浮気で無理心中されそうになって嫁意識不明で入院中、入院費も払えない。
で、嫉妬させることで目を覚まさせようとして嫁の前でセックス!
でも、嫁の見えないところでもセックス!
んー、何言ってるかわかんなくなってきた。
そもそも、こんな映画、とったってしょーもない映画だった、でしょ?(劇中中止になったポルノ映画に対するコメント)

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
hayamegem

4.0行定監督が描くスタイリッシュなロマンポルノ!

2020年8月19日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

悲しい

興奮

行定監督はスタイリッシュな愛情表現を美しい映像で撮る事に定評のある監督だと思うが、この”日活ロマンポルノ・リプート・プロジェクト”による1作も過去のテイストを崩すことなく、且つ日活ロマンポルノで用いられてきた映像手法を巧みに取り入れた秀作に仕上げられている。
行定監督自体は日活ロマンポルノでの経験は無いものの、R作品で通常用いられるモザイクを使用することなく、陰部を絶妙なカメラワークで隠すロマンポルノ独特の技法はここでもオマージュとして取り上げられている。またキャストも板尾創路が独特な存在感で女に溺れる鬱屈した日々を演じる他、競演する女優陣についても特に芦名すみれの透明感ある演技は見事に行定ワールドにマッチしていたと思う。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ナオック

3.5夢か現かの世界観

2020年2月29日
スマートフォンから投稿

笑える

悲しい

知的

映画館のシーンで板尾が語るセリフがもし真実だとするならば。
つまり彼は、交通事故以来この世界が虚構なのか現実なのか分からなくなっている。そして彼は植物人間となった妻に水を注ぐ事が愛だと考えている。だが、人は簡単にはそんな風に清廉には生きられないものだ。

手持ちカメラによる揺らいだ視点、不条理にも発情した雌猫のように彼に寄ってくる不思議な女たち。こうした半分夢で、半分現実でという微妙な世界観に浸りながら彼の情事の行く末を見つめ続ける事は耽美である。いい意味でそれだけの映画だが、実はこれは彼の死後の世界の話でね、彼は延々とこの奥さんへの憎悪と果てられない情交を輪廻しているんだよと言われても納得できそうな話だ。
誤解して欲しくないのは、現実だったとしても板尾みたいな心ここにないような男は何故かモテる。

板尾の奥さんが植物状態である事は伏せられたまま、何故か板尾がモテ続けるのに最後まで事を終えることができないという謎をかけたまま物語は淡々と進む。このヨーロッパ映画のような構成は鑑賞する人を選ぶだろうけれど。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ニックル

3.0女性にモテモテの板尾創路の1週間

mittyさん
2019年10月27日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

笑える

単純

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
mitty

3.5手あたり次第、色んな花に水を注いだ結果…

kossyさん
2019年9月8日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

1.総尺80分前後
2.撮影期間は1週間
3.10分に1回の濡れ場
4.完全オリジナル作品
5.製作費は全作品一律
6.ロマンポルノ初監督
という6つのルールが与えられた監督たち。その中の一人行定勲が撮った作品。主人公は落ちぶれてしまった映画監督・古谷(板尾創路)。妻の弾くエリック・サティ作曲の「ジムノペディ」が延々と繰り返される。気だるい白昼夢に誘われそうな幻想的な曲だが、淫靡な輝きをも放つためか、冴えない中年男に女が寄ってくる。月曜日から土曜日まで、撮影現場に出勤してから家に帰らず、色んな女とホテルに泊まったり、なんちゃらかんちゃら・・・

 日活ロマンポルノのリブートということだが、かつての量産された作品とは違い、カメラワークやら編集やら、さすがは行定監督といった雰囲気に圧倒される。しかし、プロットとしては面白いのに、まるで俳優オーディション用に作られたようなセリフばかりでうんざりさせられる。

 女優陣はここぞとばかり脱ぎまくりで濡れ場もへっちゃらな子ばかり。エロさでいえば眼帯をつけた芦那すみれが一番。つまらないAVよりは絶対にいい(よく知りません)。そして、「私の花の色は?」なんて訊くところがエロすぎセリフ。

 ベルリンで賞を獲ったこともある監督という点で、やはり監督自身を反映させているのだろうけど、最近はつまらない作品が多くなってたので、気分転換にもちょうど良かったのでしょう。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
kossy

3.5男のロマンだなぁ

2019年5月6日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

興奮

日活ロマンポルノ初めて観ました
中年のおじさんがなんでこんなに美女にモテるんだってくらいモテまくり笑
映画監督ってこんなに美女にモテるんですか?
本当だったらすごいけど、理想というかほんと男のロマンだよね
御都合主義な映画はたまに観てて笑えるけど、時間も80分くらいでちょうど良かったかな

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
シンペイ

3.0R15+版、あのピアノ曲の名前がジムノペディ

2017年11月30日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

寝られる

月曜日から土曜日まで色んな女の人とやりまくる板尾さん
高円寺のうどん屋さんが出てきた

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
消されるのでもう公開しない

4.010分に一度の濡れ場

BAININさん
2017年8月12日
Androidアプリから投稿

芦那すみれ という人のデビュー作品がロマンポルノというのを聞き観てみました。期待は通りでしたが、10分に一度の濡れ場という頻度は意外と短く後半は観てて疲れる感じでした。

好きなセリフは「てゆうかなんで俺のTシャツ着てんだよ」です。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
BAININ

花とじょうろ

2017年2月28日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

監督と周りの女性が乱れる話

ロマンポルノリブート作品4本目

月曜日のテロップとともに嫌な予感がしてしまった。
「あ、これ一週間の話なのね」と

自分は映画を見るとき時間を気にしないし気にしたくない。
最後のシーンが近づくのは雰囲気で感じ取りたいタイプの人間なのだが、時間を思わせるメッセージが冒頭から出されると、終わりが強制的にわかってしまうので嫌なのだ。
最近見た映画では「ラ・ラ・ランド」も同じような演出だった。こちらは四季だったので一週間よりまだましだった。

今作は正直に言って退屈だと感じた。

劇中、なぜかモテモテの板尾が馴染みの女優、教え子、新しい女優、ナースなどと日ごとに交わるのだがどれも唐突で不自然な流れ、濡れ場を無理やり入れた様に思う。
制約とは言えもっと上手に作ってほしかった。

途中で木曜日と出た時に、まだあと3日もあるのかと絶望してしまった。曜日のおかげで最後がいつ来るか把握できたのは不幸中の幸いだった。監督は意図していたのだとしたらそこは感謝しなければいけないのかも知れない。

女優さんたちは美人で濡れ場はなかなかなのだが、いかんせんどこかで見た展開。
人妻とラブホテル
教え子とマンション
女優と工場
ナースと病院

なんだかAVの企画物の見本市のようだ、それぞれがあまり物語に重要な要素ではないので単に監督の性癖が見せられている様でもあった。

ジムノペディは個人的に好きな曲なのだが、この作品の影響で嫌いになりそう。
この曲が流れだすと文字通り男女が乱れるのだが、この演出が合計7回続くので3~4回目には途中で笑えてくる。
俳優のおかげで最後まで見れたが映画自体は苦痛だった。

劇中セリフより

「精神さえ研ぎ澄まされていれば、いい映画になる」

作品に向き合う気持ちが重要

どんな作品だろうと心がこもってなければいい作品にはならない。
もし自分が物を作る立場になった時は半端な気持ちで取り組まないように努めたい。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
フリント

3.0深いものはなかったが、板尾さんは良かった。

2017年1月29日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

板尾さん、ダメ男やったけど、女性にとってはそこが放っておけないのかな。濡れ場は単調やったけど、元嫁のシーンはなかなか斬新でした(笑)何人もの女と関係を持っても満たされない心、嫉妬心、不甲斐なさ、やるせなさ、板尾さんはいい味出してました。専門学校の生徒役の女の子、なかなか面白い。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
つなやん

3.5祝・復活。

mg599さん
2017年1月29日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

泣ける

悲しい

日活ロマンポルノリブートプロジェクトの第1弾は行定勲監督が登板。

映画監督が主人公だが、撮れない鬱屈を抱えている。撮れないのには理由があるのかないのか、鬱屈は映画が撮れないからだけなのか。
板尾創路が笑わないキャラクターを絶妙に演じている。
行く先々で女を抱くので、実はめっちゃモテるんじゃないの、と思いながら、それでも彼は妻のことを、というのが最後にわかる。

このジャンルは、人の気持ちをじっくりと描けるので、大人にはちょうどいい。
もちろん、他人のことはそう簡単にわからないこともあるので、わかりにくいところもあるが、それも映画である。

昔もそうだった。出る女優は全員脱ぐ。それでこそロマンポルノである。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
mg599

0.5がっかり

浦乱さん
2017年1月24日
スマートフォンから投稿

笑える

酷かった‥ストーリーの薄さもそうだけど俳優陣が誰一人として良くない
主人公の板尾創路とチョイ役のペジョンミョン?以外は本当に良くない
女優陣がまぁひどい
ヒロイン芦名すみれあざとさと岡村いずみの胸はいいにしろふたりとも何故選ばれたのか、他にいなかったのか、、芝居がみれたもんじゃなかった、、
ふたりの対比も身体だけで芝居じゃ到底闘えない。魅力的じゃなかった。
リブートシリーズ白石和彌監督の女優陣が良かったからこそ芝居重視じゃなく雰囲気重視だったのかな?

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
浦乱

3.5板尾

2017年1月21日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

タイトルの通り、ジムノペディが流れるとセックスの合図。
曜日毎に板尾が様々な女性とセックスをする映画。
しかし映画もドラマもいい加減、意味ありげなシーンでジムノペディとドビュッシーの月の光に頼るのやめませんか。
9

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ヨッシー

1.0ロマンポルノだったわぁ

2017年1月21日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

笑える

楽しい

単純

とか言いつつ、平成生まれの自分は
名画座で1度しか観たことない。

ジムノペディが流れ始めると乱れる合図
そして、病院での「キセキ」
「キセキ」を観たときの医者の吐露
笑っちゃうよ!

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
CinemaExpress

1.0花の色は

2016年12月15日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

笑える

悲しい

 数々の邦画の監督を輩出してきたピンク映画。興味はあったが、一人で成人映画専門の劇場へ入る勇気がなく、これまでに一本も観たことがなかった。
 一般映画(こんなカテゴリが適当なのかどうかは別の問題として)の劇場で、ロマンポルノ・リブート・プロジェクトとして公開された本作は、ピンク映画初心者にはうってつけの企画。劇場には日活ロマンポルノ世代のおじさんも多いが、比較的若い女性やカップルの姿も目立つ。
 そもそもセックスを扱う映画をことさらに他のものと区別することに強い違和感を感じる。
 殺人は犯罪である。しかし、これを描写する映画は星の数ほどあり、小さな子供でも観ることができるものがほとんどである。
 セックスは犯罪ではない。ほとんどの成人が経験し、あるいは日常的に行っている行為であり、そのことが子供を成し社会を形作っていると言ってもよい。
 このセックスをことさらに描写したものは、子供には公開することができない。そして、今の映画興行の慣行では、このセックスを主題とした作品は主にそれ専門の劇場での公開しかなされない。別に、ポルノを子供にも見せろと言いたいのではないが、かくもセックスを主題とする映画を隔離する理由が腑に落ちない。
 で、初めて観たピンク映画はというと、改めてその思いを強くするものだった。
 板尾創路演じる映画監督は、腹が減ってうどんをすするのと同じくらいの日常行為として、周囲の女性とセックスをする。個別の女性との彼のセックスそのものに特別な感情は伴わない。
 ラピュタ阿佐ヶ谷でのトークイベントで板尾は、愛を注いで咲かせる花の色について語る。いったい彼にはどんな色の花が見えているというのだろうか。私には、彼の眼には色のない花が目の前を過ぎていくだけのように思えた。
 映画の中で、板尾が山中貞雄の「河内山宗俊」のビデオを観ている。この戦前の大傑作に憧れる映画作家は、モノクロの映像の中に瑞々しい色彩を感じ取っているに違いない。
 彼にとっての「愛の実体」がどのような色をしているのか。入院中の妻によって、ほんの少し観客に伝えられる。
 「花の色は うつりにけりな いたづらに、、、、」である。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
よしただ

3.5板尾さん、入り乱れてました。

2016年12月9日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

笑える

悲しい

興奮

「日活ロマンポルノを有名監督が撮ったら?」がテーマの作品第一弾。

学生時代に新宿のどこかの映画館でロマンポルノ風の映画を観たのがラスト。
でもあれは日活ロマンポルノだったか今覚えていない。そう思うともしかしたら初ロマンポルノだったかもしれない。

ちょうど足を運んだ日は舞台挨拶があり、行定勲監督と女優さん4名(田山由紀・田島真弓・木嶋のりこ・西野翔)のお話が聞けて、事前に聞けたことで笑えるポイントが増えた気がした。
知らなくてもきっと笑っていたかもしれないけど、聞いたことでより笑えた感がある。

ロマンポルノ以外の映画を通常映画と呼ぶなら、通常映画しか観ない私からするととても入りやすくて、シリーズ第1弾としてとても良い印象。
ロマンポルノ愛好者からすると物足りなさを感じるのかもしれないけど、笑い処が散りばめられてたり好きでした。
こういうところが商業映画でも成功させてる監督ならではなんだろうなぁと感じた。

そして板尾さん乱れ打ち感が凄いのと、ジャケット風の膝丈の黄土色コートがめっちゃ似合います。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
まえじー

2.5ポルノ映画カテゴリー

Kotaroさん
2016年12月4日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

に、わざわざしなくてもいいとは思うけど、そうしたほうが話題性と差別化が出来るという狙いがあるのか!?
最近のダメな邦画に比べたら余程マシだし作り手側の熱意を感じる。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
Kotaro

2.0なんだかなぁ

2016年12月3日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

単純

新しく作り始めた、新・日活ロマンポルノで監督は行定勲。
仕事のない映画監督(板尾創路)の性生活を描くが物足りない。
日活ロマンポルノは映画を作りたくてしょうがない若手が、裸さえ出しておけば後は好きなように作れるのが特徴で、良くも悪くも意気込みが迸っていた。
それにしても今どきの女優はみんなスタイルが素晴らしい。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
いやよセブン

1.0もっと若い監督にチャンスを

ONIさん
2016年12月3日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

途中でなぜこのような映画を観に来てしまったのか悩んだ。「10分間に1度のセックスシーン」は今誰が喜ぶんだろう。代わりに「10分間に一度のギャグシーン」「10分間に一度の格闘シーン」を入れろといって作ったとしても才能は推しはかられるのだろう。とすると、この映画の「セックスシーン」にはときめきがなかった。そのくらいどうでもいい話だった。
行定監督というのはオシャレ監督のイメージが強かったが、今回、ありとあらゆるところでダサい。学生の部屋まわり、道端の廃屋、そして前作にもあった映画撮影関連の数々、大げさな芝居、というかメジャー仕事をしているとこう鈍くなるのかと思った。
正直、なんでこういう企画を中途半端な有名監督に撮らせるのだろう。もっとチャンスのない才能あり若手の監督に撮らせればいいのに、と素直に思う。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ONI
「ジムノペディに乱れる」の作品トップへ