劇場公開日 2016年8月27日

  • 予告編を見る

リトル・ボーイ 小さなボクと戦争のレビュー・感想・評価

3.836
31%
52%
13%
3%
1%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

全36件中、1~20件目を表示

3.0心温まると言いたいが

2018年9月24日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

泣ける

小さな少年の心温まるストーリー。日本人である私には、心中複雑な思いをするシーンもあったが、終わりよければ全て良しという事で

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
おのもん

4.5プロローグの父子の描き方が秀逸❗

Sheetaさん
2018年3月21日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

この、映画の素晴らしさは、父と子の両方通行の揺るぎない愛。子を愛するとはこういうことだと嫌味なしに直球に訴えてくる。プロローグでしっかりと伝わるからこその、戦争による別れは、何よりも戦争を無慈悲なものと憎みたくなる。子役の演技が圧倒的に素晴らしい。原爆とか日本人が蔑みを受けるとか(でも、なぜあそこに日本人が?とは思った)戦争には避けて通れないお決まり的な辛い展開もあったけど、ペッパーの揺るぎない信念、表情に圧倒され、ひたすら彼の側に立って応援したい気持ちでいっぱいだった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
Sheeta

4.0反戦映画

素子さん
2018年3月15日
iPhoneアプリから投稿

まあ、原爆投下を正当化するような表現も多々あるけど、子供と日系人の友情はとても良かった。いじめっ子への仕返しや超能力を信じる子供ならではの可愛さも相まって、信じることの大切さや友情の大切さを伝えるいい映画だ

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
素子

4.0新型爆弾

2017年11月6日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

泣ける

悲しい

怖い

第二次世界大戦中のカリフォルニア、田舎町で暮らす少年リトル・ボーイは背が伸びないことを悩んでいた。
兄は偏平足で入隊不可となり、父が出征、フィリピン戦線で日本と戦うが、捕まり捕虜となる。
田舎町にハシモトという日本人のおじいさんが人暮らしをしており、みんなの恨みをかっていた。
リトル・ボーイは牧師さんからハシモトさんと仲良くなるように言われる。
原爆の名前がリトル・ボーイ。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
いやよセブン

3.0戦争がくれるもの

アオさん
2017年11月4日
iPhoneアプリから投稿
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
アオ

4.0信じる力。日本人には気分のいい話じゃない

2017年11月3日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

泣ける

第二次大戦最中のカリフォルニア州オヘアという海沿いの町が舞台。
リトルボーイというあだ名は後に効いてくる。
日本人ならピンと来るはず。
ジャップ連発される。
今作でマサオ・クメ役の日本人は、硫黄島からの手紙やHEROESに出ていた尾崎英二郎

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
個人的下書き

4.0なんとも言えない

tikuru1さん
2017年7月10日
iPhoneアプリから投稿
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
tikuru1

4.5むしろ反核、、、?

2017年6月21日
Androidアプリから投稿

悲しい

泣ける

戦争を題材に扱った映画というのは、どうしてもそれぞれの国の人たちによって見方というのは変わってきます。

主人公のペッパーは体が小さいことから「リトルボーイ」と呼ばれていた。戦争に行ってしまったパパを帰ってこさせるために戦争を終わらせたいと思うペッパー。そこに飛び込む記事。米国が核ミサイル、通称「リトルボーイ」を放ったというもの。自分の思いが届いた!と一喜するペッパーであったが、その後リトルボーイによる広島の映像を観てショックを受ける。

アメリカには、広島、長崎への核ミサイル投下を正当化する人たちも多くいると思います。なのでこの描写が出てきた時、あぁこの映画もそういう感じなのか、、、と心の中で思ったのですが、その後の演出のおかげか嫌な感じは受けませんでした。むしろ私は反核の意識を感じました。日本人が作った映画ではないのにそれはすごいことだと思います。

あと、お母さんやお兄ちゃんが良い味出してる!観て損はないと思います。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
あーちゃ

4.0日系人と戦争。

ハチコさん
2017年5月15日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

怖い

興奮

幸せ

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
ハチコ

4.0誰も悪くないのに、戦争であるがために、暴力を否定しきれない

CBさん
2017年2月7日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

不思議な映画だった。
大好きな父ちゃんは帰って来ないのだが、なんだか感動する話だなぁ、と感じていた。示された「やるべきこと」の最後「死者を葬る」が父親のことになっちゃうとはね。
真珠湾で息子を失った父親、扁平足だったために父親を戦場に送る羽目になった兄、日本人だからという理由で彼らに排除されるハシモト。
誰も悪くないのに、戦争であるがために、暴力を否定しきれない。
原爆が落ち、戦争が終わる気配がくるが、母親は「都市がひとつ消えてしまったのよ」と素直に喜べない。やむなきこととは思うが、それをよしとしない姿勢には共感。
そんな中でひたすら父親が帰ってくるようにと、牧師の言いつけを守る主人公。異常時なだけに、その行為が心に潤いを与える。

ラスト 、どんでん返しあって、涙、涙でした。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
CB

2.5ラストはああじゃない方がいい。

2017年1月4日
iPhoneアプリから投稿

当時、日本がどういう風にアメリカから思われていたかを知ることができます。
日本人の中には不快な思いをする方がいるかもしれませんが、僕はこういう映画があっても良いと思いました。

子どもたちに勇気を与える映画です。子どもに見せてあげたいなと思いました。

ラストなのですが、次の二通りのどちらの終わり方で映画が終わるのかなと考えながら見守りました。
①父親が奇跡的に帰還する
②父親が帰還することがない
僕はあの終わり方じゃない方が良かったのになと思ってしまいました。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ハクタカ

3.5真珠湾攻撃と原爆投下は同列?

2016年12月24日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

アメリカ視点に立つと、反戦を訴えつつも原爆投下の正当性を主張したくなるのは止む無しか。戦時であってもルール違反の攻撃なのに。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
さばとら

3.5思う一念岩をも通す

ちな姉さん
2016年11月20日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

第二次世界大戦中のアメリカ。
小柄で、「リトル・ボーイ」とからかわれている8歳のペッパーが主人公。
戦争に行った父親が帰ってくるように、祈りの力を強めようと、司祭にもらった行いのリストを実行しようとするが、司祭がペッパーのために書き足したのは、憎むべき敵「ジャップ」ハシモトに親切にせよというもので……。

日本人のハシモトが「ジャップ」「ニップ」と蔑まれ、広島への原爆投下が喝采を浴びる、日本人にはいろいろ辛いところもある映画ですが、観てよかったです。

ペッパーが、いい子過ぎず、でもお父さんっ子の健気な子で、可愛いんです。
お母さんも、愛情深くて、凛としていて、よかったなぁ。

何より、個人としてなら友達にもなれる人間同士が、属している国や勢力の違いで殺し合う、戦争というものの愚かさと恐ろしさを、この映画は教えてくれると思います。
原爆使用の是非を問う以前に、そもそも戦争なんかしたら、勝っても負けても不幸がたくさん生まれるのです。
わたしは長崎県人なので、子どもの頃から長崎原爆や空襲の話を聞いて育ちましたが、負けた日本だけが犠牲を払ったわけではないことを、改めて考える機会になりました。

思う一念岩をも通す、というけれど、反対方向の思いがぶつかりあったら、どちらかは通らないわけで。
宇多田ヒカルさんの、「みんなの願いは同時には叶わない」という歌詞を思い出しました。

何はともあれ、健気なペッパーが可愛いので、観て損はないですよ。
あと、ハシモト役とサムライ役の二人には、今後注目しておきたいと思います。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
ちな姉

3.0多角的視点の交錯

2016年11月15日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

アメリカ人の見方、日本人の見方、原爆落下に対する解釈、様々な意見が交わされる余地のある内容だと思う。が、総じて少年の目を通し反戦を謳った作品であることには間違いないだろう。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
なべたく

4.0なんとなく感想のまとまらない映画

2016年11月1日
iPhoneアプリから投稿

少年は抜群に味があるし服装は可愛いしラストは普通にホロリとするし兄ちゃんもカッコいい。
ハシモトもいじめっ子もいいキャスティングだった。

最後のベンチに兄ちゃんが迎えに来るところはやっぱり見てほしいと思います。
ぎくしゃくしたものが全部溶けてなくなる瞬間ってあるなあ、心が同じ方向を向く瞬間って安心するなあって思います。

余談ですが映画館でみんなリトルボーイを親の気持ちで微笑みながら見守っているムードだったのが、原爆の時に一瞬空気凍ったかと思った。
まあ逆から見るとこんなもんなんですかね…若干血の気が引いた。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ヴェルナー

2.5原爆投下

caさん
2016年10月17日
iPhoneアプリから投稿
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ca

2.5うっすら腹立つ。

だいずさん
2016年10月16日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
だいず

4.5アメリカの戦時下を8歳の子どもの視線で見た映画。 カリフォルニアの...

Momokoさん
2016年10月14日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

泣ける

笑える

幸せ

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
Momoko

5.0名作

そいちさん
2016年10月13日
iPhoneアプリから投稿

僕はいつも、映画を見るとあとどれくらいだろう?と、時間を気にして時計を見るほど集中力がないんですが、この映画は違いました。
シーン一つ一つに区切りがあり、とてもすんなりと映画を楽しむことができました。
子役の男の子がとにかくかわいいです。
そして日本人、ハシモトとの友情もまた、深いものです。
許す心許せない心、いろんな人の心情を分かりやすくかかれてます。とても楽しむことができました。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
そいち

4.5いじめられっ子の少年と敵国人の老人の友情もの…ではありますが、やは...

iNahoさん
2016年9月30日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

泣ける

幸せ

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 1 件)
共感した! (共感した人 0 件)
iNaho
「リトル・ボーイ 小さなボクと戦争」の作品トップへ