「これって実話?マダムの信念が子供達を動かす!」奇跡の教室 受け継ぐ者たちへ もしゃさんの映画レビュー(感想・評価)

奇跡の教室 受け継ぐ者たちへ

劇場公開日 2016年8月6日
全46件中、21件目を表示
  •  
映画レビューを書く

これって実話?マダムの信念が子供達を動かす!

これって実話?と思ってしまうほど、よくできたストーリーで、やっぱり実話は小説よりも奇なんだなぁ…と改めて思い知らされました。

問題児クラスを担任することになったマダムゲゲン。学級崩壊といっても過言ではないクラスに、クラス全員で強制収容所の現実を研究するコンクールに出ることを提案する。
まぁ、よくある話といえばよくある話なんですけどね。

はからずも強制収容所って誰もが教科書で習うけど、なぜ番号で呼ばれていたのか、なぜ強制収容所の死体は坊主なのか…とか、今まで考えたこともなかった角度からナチスの所業を考えさせられるきっかけになりました。

また、その過程で、人間の尊厳や人という事を考えるきっかけとなり、生徒達は少しずつ自ら考え、人として成長していく…

なんか、忘れてたものを思い出すという感覚
当てはまる映画でした。

もしゃ
さん / 2016年10月16日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi