劇場公開日 2017年9月9日

  • 予告編を見る

ダンケルクのレビュー・感想・評価

3.6689
22%
51%
21%
4%
2%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

全689件中、1~20件目を表示

5.0「1.43:1」のIMAX画面比率による圧倒的な絵力、映画館で味わってほしい体感型映画

2020年8月1日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

日本公開時、日帰りで109シネマズ大阪エキスポシティに見にいったときにも感銘をうけましたが、都内でIMAXの「1.43:1」バージョンが見ることができるのは本当に嬉しいことです。
降伏をうながすビラが空からヒラヒラと舞い落ちてくるファーストカットから、この画面比率ならではの効果に「おっ」と思わせるものがあって、大スケールの映像美に魅せられます。全体的にセリフは少なく、厳しい状況下での撤退戦を、淡々と「絵力ありまくりの画面」で語るタイプの作品です。
チクタクと秒針が進む追いたてられるような音楽で緊張感をあおり、座っている椅子がブルブルと震えるような戦闘音が時折ズガーンとくる音響も最高で、IMAX版を3回見た「ゼロ・グラビティ」と同じ、映画館の映像と音響でしか味わえない魅力がとても大きい“体感型映画”です。

コメントする
共感した! (共感した人 16 件)
五所光太郎(アニメハック編集部)

4.5苦しい戦時体験とカタルシスのバランス

2017年9月30日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

興奮

知的

クリストファー・ノーランは、戦争についてのイデオロギーは極力排し、観客に戦場を体感させることに主眼を置いた。英雄賛美も戦争反対の大きな声も手垢がつきすぎてしまった現代で戦争を語ることの困難さがこの映画には溢れている。
暗くどぎついことの連続である浜のシーンで、人は戦場の苦しさを嫌というほど体感するだろう。しかし、観客に与える苦しみは「サウルの息子」ほど徹底されず、救助の民間船のエピソードでは、希望やヒロイズムが謳われる。
戦場を体感させたい、しかし苦しみを強いるだけの鑑賞体験では観てもらえない。ノーランはそのジレンマに向き合った。
机上の空論を振りかざすことをやめ、生々しい戦場に向き合わなくてはならない。しかし、映画としてのカタルシスなくして、多くの人に訴える力があるのかどうか。
非常に難しいバランス感覚だが、見事にこの困難な戦時体験映画を商業映画として成り立たせ大ヒットに導いたノーランの手腕は見事だ。

コメントする
共感した! (共感した人 23 件)
杉本穂高

4.0言われたくないだろうけれどぜひ大阪IMAXレーザーで。

村山章さん
2017年9月28日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

興奮

知的

正直、普通の映画館で観た時はピンとこなかったが、フィルムにこだわりIMAXを推奨するノーランが可能な限りIMAX70mmで撮ったのだから、ノーランが本来想定しているであろう1.43:1のアスペクト比で観てみようと、唯一1.43:1で上映している大阪エキスポシティのIMAXレーザーに行ってみた。

結論を言うと、別物、まったくの別物だ。フィルム時代のIMAXを知る人は、デジタルIMAXであの時の衝撃を味わえず歯痒い思いをしたことがあると思うが、デジタル上映とはいえフィルムのIMAXの持っていた広大な空間の広がりを、三度目のIMAXレーザーで初めて感じた。

大仰に思えた音響もこの巨大なスケールだとピタリとハマる。ストーリー的な不満は解消されたわけではないが、IMAXレーザーの「ダンケルク」、観られるうちにぜひ一度とお勧めしたい。最安だと東京からだと深夜バスで平日片道約3000円。その価値はあると思います。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 22 件)
村山章

4.0戦争映画に「時間」の概念を絡ませた異色作

2017年9月20日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会

興奮

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする
共感した! (共感した人 15 件)
牛津厚信

4.0ラスト20分のカタルシスも映画のリアリズム!

2017年9月18日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会

怖い

知的

強烈な閉塞感が神経を虐め続ける。容赦ない爆撃から身を守ろうとして砂浜にへばり付く兵士たちは、地上という行場のない牢獄で、はたまた閉じ込められたまま沈没していく船内で、遙か眼下の海原を見下ろすコックピット内で、その身を拘束されたまま時間に弄ばれているかのよう。個人の視点から見れば、戦争とは、戦場とは、なんと全体像がつかめない怪物如き存在であることか!?従来の戦争映画が当たり前のように駆使してきた想像の域を出ないCGI仕様の俯瞰映像を頑なに拒絶して、クリストファー・ノーランが提示する新リアリズム。それが映画的な快感と呼べるかどうかは甚だ疑問だ。しかし、延々と続いた怪物からの逃避行が、やがて達成感に変わるラスト20分のスタルシスは、画面の形状に関係なく、観客の心を強く掴み取って離さない。それもまた、映画のリアリズムだと思うのだ。

コメントする (コメント数 1 件)
共感した! (共感した人 10 件)
清藤秀人

5.0可能ならIMAX版を観るのが吉

2017年8月31日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会

興奮

知的

第二次大戦期の英戦闘機スピットファイアを3機も飛ばすだけでもすごいのに、さらにその操縦席後部にIMAXカメラを設置してコックピットからの視点で写すという、ノーラン監督らしいこだわりの映像を満喫できる。敵機との空中戦や、沈没しかかった船から海に飛び降りる兵士たち、浸水し転覆した船内で溺れそうになる若き兵など、縦幅の長いIMAXの画角を活かした構図もふんだんにある。通常の上映はIMAX版の映像の上下をカットして映すので、大げさに言えば「まったく別の映像体験」。

IMAX版でも、フィルム>レーザー>デジタルという映像品質の差があるのだが、残念ながら「ダンケルク」の日本公開は主要な外国よりも1カ月以上遅れているため、これから外国で観ようと思っても場所がごく限られるはず。IMAXフィルムは日本になく、IMAXレーザーは大阪のみ。厳しい状況だが、それでもIMAX版で観る価値は間違いなくある。

コメントする (コメント数 3 件)
共感した! (共感した人 21 件)
高森 郁哉

4.0戦争における考え方

2021年11月16日
iPhoneアプリから投稿
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ハンバーグ

3.0場面展開が

2021年9月27日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

オープニングの街の中を歩き回るシーンから、海辺のシーンまでは必要?呑気に歩き回って皆殺しにあいかけて必死で逃げる。
海辺からの脱出劇。一方的にやられるだけ。
飛行機の空中戦がひとつの見せ場だけど、それも場面転換が細かくて全体像がわからない。
敵は撃ってくるけど、姿は見えない。ドイツ兵って出てきたっけ?敵飛行機だけ?

この監督の作品はあまりよくわからない。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
かずっち

2.5戦争映画が見たいなら見るべき

2021年9月4日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

戦争映画に興味がない人にはお勧めできない

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
taiyakikun

3.5体験する映画

SAさん
2021年7月17日
iPhoneアプリから投稿

とにかく大規模な作品で、エキストラの多さが戦争のリアリティを増していました。それに加えて、ド迫力な演出やそれにマッチした音楽が素晴らしく、戦争を体験した気持ちになりました。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
SA

3.5臨場感、緊張感が凄い映画だが

2021年7月17日
iPhoneアプリから投稿
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 4 件)
ジョニーデブ

4.0基礎知識を勉強してから観ましょう

越後屋さん
2021年7月10日
PCから投稿

ダンケルクは欧米人には常識なので、背景などの説明はありません。少し調べてから観ないと意味がわからないので、とりあえず最低限の知識のみ。

時期は大戦初期、大陸を西に侵攻する圧倒的なドイツ軍に英仏連合軍が挑みますがボロ負けに次ぐボロ負けで仏北岸ダンケルクに追い詰められます。ダンケルクの戦いとは、ノルマンジーのように「攻める作戦」ではなく、ボロボロのイギリス兵を本国に船に乗せて逃げ帰らせる「敗残の作戦」であり、まだアメリカも参戦してないのでイギリスは殆ど死にかけ状態です。更にじり貧のイギリスは救出用の船舶も不足しているので、民間の船舶まで徴収して救出に向かうのです。

空中戦に登場するのは、ゼロ戦と並ぶ第二次大戦の名機、イギリスのスピットファイアとドイツのメサーシュミットですが、イギリス反撃の契機をなすバトルオブブリテンはこれより数か月後の話です。

映画としては、説明しなくても欧米人はわかるのでセリフも最小限。映像は海上と空中と陸上(上陸地)の各場面が交錯してサスペンスフル抜群です。

単なるドンパチだけではない良質の戦争映画です。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
越後屋

3.5時間軸での物語の魅せ方がとにかく上手い。

アルさん
2021年7月1日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

怖い

知的

難しい

内容は至極普通で史実に基づいているが、戦争のリアルをテーマに生と死を体感する、そんなサスペンスに近い。
''死''という事をかなり近くに感じられる作り。臨場感はほぼワンカット撮影の映画[1917]と対照的で、時間軸の切り替わりが斬新でとても面白い。

陸=1週間
海=1日
空=1時間

と最初に字幕で説明があるが、やはり難しい。頭の中でこの時間軸の断片を組み立てて、理解していくのを''楽しく''感じるか、''苦痛''に感じるか。ここが「評価」が大きく分かれる部分。

変に誇張せず、淡々と''死の恐怖''を表現。不本意にも関わらず命を賭してまで行う、戦争の意味とは何か。その戦争においての"退却"という判断を、軍部上層部、当事者と、無事を待つ人達、それぞれの考え方、その素直な反応。

血や残酷なシーンは限りなく少なくし、且つ死体に対する"慣れ"の怖さ。鑑賞者に、"死"と"戦争の意味"を至極静かに時間一杯に問う、新しいアプローチが斬新で良い。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
アル

3.5時間と音の静と動

Iwarenkonさん
2021年6月19日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

時間と音を操るノーラン作品。
戦争なんて全然カッコよくない、皆、生きる事に必死である事を静かに訴えてくる。
これはIMAXで観たかったな…

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
Iwarenkon

低音を++にすると迫力満点💯

2021年4月21日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

低音を++にすると迫力満点💯

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
ホン マサ

3.0クローズアップシーン多くどこが見どころなのか。

hoさん
2021年4月14日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

興奮

全編通して美しい映像、陸海空の見どころあり、映像としては素晴らしい。

ただ、展開飛び飛びでクローズアップシーンごとに、自身の感情がついていけない、また、少し展開に端折りがあり、なぜ?がでる。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ho

2.5ずっと苦境

bigsukeさん
2021年3月20日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

実話が元だから仕方ないけど、ずっと絶望的で好きじゃなかった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
bigsuke

3.0緊迫感溢れてた

yuuさん
2021年3月1日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

怖い

戦争映画は嫌いで観ないほうですが、ノーランさんの作品とのことで鑑賞。
戦争背景もあったけど人間1人1人のドラマとして鑑賞したら観られました。

緊張がこちらにも移ってきて橋のシーンは1番印象に残りました。
戦争映画はどれも同じだと思っていたけど他の戦争映画も観てみようかなと思わせてくれた作品だった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
yuu

2.0戦意高揚、国民皆兵を推薦する思慮浅さ。

2021年2月10日
iPhoneアプリから投稿

戦争でなく海難もの。
ならば「タイタニック」に軍配。
戦争に市民も協力しマスコミ美談で尚良し、との戦意高揚、国民皆兵を推奨する思慮浅さに寧ろ驚いた。
煽られて自国兵に情が湧いても、戦争協力を冷徹に命懸けで拒むのが私達市民の反戦と思う。
凡打。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
きねまっきい

4.5期待通り

ゆいさん
2020年12月19日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ゆい
「ダンケルク」の作品トップへ