「王道の良さ」映画魔法つかいプリキュア!奇跡の変身!キュアモフルン! サブレさんの映画レビュー(感想・評価)

映画魔法つかいプリキュア!奇跡の変身!キュアモフルン!

劇場公開日 2016年10月29日
全12件中、7件目を表示
  •  
映画レビューを書く

王道の良さ

魔法で動くクマのぬいぐるみモフルンがさらわれて、モフルンの持ち主でありプリキュアのみらいがモフルンをとり戻りに行くお話し。その際にモフルンもプリキュアになって一緒に戦うと。

まあ、映画を観慣れている人ならすべての展開に予想はつく。驚きはない。しかしこういう子供向けは、だからこそいい!本来のターゲットは映画を観慣れていない子供たちですからね。王道、であるから、良い。
特にこの映画は王道の中でも大人の心に非常に強く突き刺さるテーマを描いている。子供のころから大事だったものとの絆だ。身もふたもない言い方をするとプリキュア版トイ・ストーリー3。フレッシュ?映画フレッシュはトイ・ストーリー2。たぶん。
トイ・ストーリー3が子供たちではなく付き添いで来た大人たちを泣かせたように、子供たちはモフルンかわいいとかモフルンかっこいいとかで盛り上がる中、大人たちは昔大事にしていたおもちゃとの思い出にじわじわと涙を感じるのではないでしょうか。少なくとも自分はそうだった。

昔私がまだ子供だった頃に戻ってみたい作品。

サブレ
さん / 2016年12月12日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  泣ける 笑える
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi
採用情報