アイ・イン・ザ・スカイ 世界一安全な戦場のレビュー・感想・評価

アイ・イン・ザ・スカイ 世界一安全な戦場

劇場公開日 2016年12月23日
106件中、1~20件目を表示 映画レビューを書く

故アラン・リックマン、最期の演技を見逃すな!

最新テクノロジーを駆使したドローン戦争の実態を描くまさに驚きの一作だ。一口にドローンと言っても上空から爆撃可能なものから、小鳥、あるいは昆虫サイズの密偵用のものまで使用機体は様々。その作戦命令をめぐって、現場の工作員、ドローン操縦室、英国軍の作戦室、そして英政府高官が集う指令本部といった四元中継を交えながら、この変則的な室内劇は得も言われぬスリルとサスペンスを増幅させていく。

工作員は現場で駆けずり回り、他の登場人物たちは職務上、室内で席に張り付いたまま。その動と静のせめぎ合いが本作に強烈なコントラストをもたらしてやまない。また、誰もが職務と信念に従って正しい行いをしているつもりでも、そこに伴う煩雑な手続きや責任の所在の明確化、法的解釈などによってジレンマは増すばかり。故アラン・リックマンが最期に放つ台詞の重みもさることながら、救う命、奪う命をめぐる鋭いテーマが、深く胸に刺さって抜けない鮮烈な一作である。

ぐうたら
ぐうたらさん / 2016年12月30日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 4 件)

ドローン戦争の現状

昨今ドローンが一般的に普及し始めてる中、ドローンを使った戦争というのがとても衝撃でした。

一人の少女の命を救うか、80人の命を救うか判断をしなければならない時に、法的に国的にいろんな試行錯誤がありとても考えさせられました。

邦題はあまり好きじゃないけどこの映画のサブタイトルにはしっくりきました。

アランリックマンにお悔やみ申し上げます

みなみ
みなみさん / 2018年5月25日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

アランの最後の言葉が物語る。

こういう設定の軍事物って、珍しい。
「ドローン」がある今は、こうやって内偵調査して、意思決定はスカイプやネットチャット。怖い~。

机上での意思決定だから、「最終判断は誰が?」と責任をあちこちに投げているのがじりじりします。
命令を待ているだけの狙撃手。どんなに心臓が強くても、きつすぎるなあ。

最後の中尉の言葉が強烈だし、娘へのお土産は今回の作戦を皮肉っている。
中尉役のアラン・リックマン。迫力ある最高の演技でした。

fukui42
fukui42さん / 2018年4月13日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

戦場の実態 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

最近では科学技術が発達して、戦場から遠く離れた場所から戦争を遂行できるようになりました。
遠隔操作されたドローンでの攻撃が主流になりつつあります。
もはやゲーム感覚で戦争しているみたいです。
テクノロジーの進歩に戦争が起因していたことは紛れもない事実ですが、戦争という現象自体は良い方向に進歩することもなく(無くなれば一番良いですが)、より残酷でやるせないものになっている気がします。

テロを未然に防ぎ多くの命を守るか、今そこにある小さな命を守るか。
命は尊いものです。数の問題でその天秤は動かない。しかし、それを決断しなければならないとき、どうすればいいのか。

最後には爆発によって起きる少女への被害が、コンピュータの演算により規定値の50%を(たったの)4%下回ったことで、ドローンよりミサイルが発射されます。
テロリストは死に、自爆テロを未然に防ぐことはできましたが、少女はそれに巻き込まれ命を落としてしまいます。
少女はただパンを売っていました。生活のために。家族のために。生きるために。普通の出来事だったのです。
これが戦争なのかと残酷な現実を突き付けられた気がしました。

現在進行中の出来事の中にも多くの犠牲があり、命が天秤に掛けられているのかと思うと苦しくなってきます。
あまりにも不安定な平和が続いているという状況の今、考えるべきことは何か、正義とは何なのかを投げ掛けている映画だと感じました。

syu-32
syu-32さん / 2018年4月11日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  悲しい 難しい 怖い
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ドローンからミサイルを撃ちます ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

【アイ・イン・ザ・スカイ 世界一安全な戦場:おすすめポイント】
1.屋内の昆虫型小型ドローンを使った驚異の映像が最高!!!
2.いつスイッチを入れるのか?娘は逃げられるのか?ドキドキ感がいいなぁ!!
3.少女アリア役アイシャ・タコウの商売シーンが好きだなぁ!
4.ジャマ・ファラ(現地工作員)役バーカッド・アブディが良い役を演じている!

【アイ・イン・ザ・スカイ 世界一安全な戦場:名セリフ】
1.キャサリン・パウエル大佐(常設総合司令部司令官)役ヘレン・ミレンの名セリフ
 →「任務は”空の目”になること」
 →「ドローンからミサイルを撃ちます」
2.アンジェラ・ノース政務次官(アフリカ担当) - モニカ・ドランの名セリフ
 →「恥ずべき作戦だった」
3.フランク・ベンソン中将(国防副参謀長)役アラン・リックマンの名セリフ
 →「戦争の代償を知らないなど軍人に言うな」

【喜伝会】会長
【喜伝会】会長さん / 2018年3月21日 / PCから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  泣ける 興奮 知的
  • 鑑賞方法:VOD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

うーん

星3がいいところ。

@Jankichi@
@Jankichi@さん / 2018年3月17日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

悲しいお話

ヘレンミレン、アランリックマンのコンビ。
2人は素敵な役者さんです。
そんな2人に相応しい戦争映画というより
人の良心を問う映画です。
やられたらやり返すべきか
昨今のイギリスとアメリカの姿がイギリス視点で
描かれていると思います。
観た後に悲しくなる。
アランリックマン、それにしても良い声だこと!

みきねこ
みきねこさん / 2018年3月4日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  悲しい
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

正義のあり方を問う

テロリストを排除するのに少女を犠牲にしていいのか?まさに戦争のあり方、正義のあり方を問う作品。戦争は残酷、アメリカとイギリスの正義感の違いもよくわかった。安全な場所から攻撃する兵士にもやはり精神的圧力を感じるものだ。

素子
素子さん / 2018年2月28日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

アランリックマンを偲んで

ちょっとあざと過ぎるし、リーパーによるドローン攻撃の是非でもないような。英国と米国ではスタンスがまるで違いますよ!というアピールというかエクスキューズなのでは。
ラストに少女のフラフープシーンを持ってきておいてその後にタイトル、ぞわぞわ系のサスペンスBGMを繋ぐのも違和感。
超小型RPAなる虫型ドローンカメラは実用化してるの!?
キャプテンフィリップスの海賊が 現地のええもんとして出てた。
文民にあんな事言われたらそりゃ軍人は怒るよね。

eli
eliさん / 2018年2月27日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  寝られる
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

緊迫感に圧倒される

ナイロビ上空でイギリスの偵察機がイギリス人テロリストを発見、首相は捕獲を承認するが、自爆テロの準備をしていることが判明、軍はミサイル攻撃を強く進言する。
許可されたものの、標的の建物近くに無邪気な少女がパンを売っていたため、この少女を救うために動き始めるが・・・。
軍人や政治家の動きはとても納得のいくものではあるが、最後の引き金を引く軍人の葛藤がグイグイと迫ってくる。

いやよセブン
いやよセブンさん / 2018年2月23日 / PCから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  悲しい 怖い 興奮
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

本当の正義とは… ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

世界的テロリスト集団の排除か、1人の少女の命か…優先させるべきはどちらなのか…。偏った判断は危険だけど、イギリス政府の判断を上に委ねる感じは日本と近いものを感じる。対してアメリカの決断の早さ。笑
平和とは少しの犠牲の上に成り立つのか…派手な演出とかは無いけど、リアルで引き込まれる作品でした。

セツ
セツさん / 2018年1月28日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

国務長官は卓球がお好き。

パン売りの少女を犠牲にしてまで自爆テロを未然に防ぐべきなのか。
ナイロビでの軍事作戦の是非をめぐる議論が、作戦に携わる多くの人々の間で交わされる。少女の命は、戦場から遠く離れた彼らの判断に委ねられているのだ。しかも一刻の猶予も許されない厳しい状況下である。
緊張の解けない展開が、最後まで続く軍事サスペンスの秀作。
平和ボケしている今の日本の政治家にこそ見て欲しい1本❗

みつまる。
みつまる。さん / 2018年1月27日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  知的 悲しい
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

最高

評価:★★★★★ 98点

テロを未然に防ぐ為に、上空から爆撃可能なドローンから小鳥サイズ、昆虫サイズを使用し、政府にとっての危険人物を監視している。
作戦命令に従い、イギリス政府高官の指令室、アメリカ軍の作戦室、ドローン操縦士、現場ケニアの工作員4視点から物語が主に進んでいく。つまり戦場には工作員のみだ。

感想は、全ての人に鑑賞してほしい作品であり、こんなにも手に汗握る映画は久しぶりである。

1人の少女の命とこれから起こるであろう無差別テロによる何千人の命。この作品は観客側にその二者選択を迫られる。あなたは決断できるか?

撃つか、撃たないかの攻撃の意思決定の緊迫感と議論が全編102分に渡って続くという構成は見事。
政府高官達は軍事的にみるか、法的に問題はあるか、人道的にはと作戦のたらい回しが続いていく。 「このドローンからの映像が外部に漏れることはあるのか?」
「あなたはこの映像がYouTubeに漏れることを心配しているのか?」
「だが、革命はYouTubeの映像から生まれる」

つまり、この攻撃の責任を責任者である彼等は誰もとりたくないのだ。
観客側の正義と悪の価値観を揺さぶり続ける今作品。
我々の視点から見たらテロリストと言われる彼等も個と見れば良き隣人なのである。ラストのトラックがそれを物語っている。
そして、また復讐の連鎖は続いていく。

最後の高官達のやりとりもぜひ聞いてほしい。
戦地に行き銃撃戦で相手を殺せば正義なのか? 机上でドローンを使い殺すのは悪なのか?
そもそも戦争が正義ではなく、人が人を殺す行為が正しくない。戦争などなくなってくれと強く思う作品であった。巻き込まれるのはいつだって善良な国民なのである。

ハリーポッター作品のスネイプ先生こと名優アラン・リックマンの遺作となった今作。
彼の最後の言葉「戦争の代償(痛み)を知らない兵士などいない」安全地帯から平和を掲げることしか出来ない文民と世界を守る為に戦う軍人。綺麗事で世の中上手くいったら戦争など、とっくになくなっている。戦争をしたくないと思っているのは戦争を経験した軍人達なのだ。深い言葉である。
オススメです。

はる
はるさん / 2017年12月24日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

2017年度ベストムービー!

一瞬足りとも目が離せず、スリリングな作品。現代の戦争が実際にどのように行われているのか、私たちは目の当たりにする。今年、最高の一本。

stoneage
stoneageさん / 2017年11月28日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

今を取るか未来を取るか。 答えなどないのだ。

今を取るか未来を取るか。

答えなどないのだ。

sakahiro
sakahiroさん / 2017年9月24日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

正解の無い問い

多くの命を救う為なら多少の犠牲は仕方がないのか?

その一点を法律、戦略、道徳的にどうなのか、それぞれの立場で限られた時間の中で決めなければいけない苦悩を描いている。

この映画で一番印象に残ってるのは、少女を犠牲にしても自爆テロを阻止すべきだと言う意見に対して、自国の爆弾が少女を殺すくらいならテロリストが何十人と殺す方がいいと言う意見。
ある意味人間の本音がこれだと思う。自分が殺したと言われるのは嫌、テロで大勢亡くなったと聞いたならどこか他人事でいられる。その後テロリストを許さないと叫べばいい。

自爆テロの被害を目の当たりにした者は、それを阻止すべきと主張する。少女一人犠牲になるのは仕方がないと。

どっちが正しいのか?テロの時代の現代でそれを問われる事態は沢山起きるのだろうけど、正解はあるのだろうか?

少女を殺された父親が、テロリストの仲間になって自爆テロに参加するようにならないよう祈るばかり。

おこげ
おこげさん / 2017年8月21日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

思考を刺激される良作。 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

事件は会議室で云々、なんて映画が昔ありましたが…戦争も今時は会議室でするのね。
でも、昔から上の人達は綺麗な姿で飲み物飲みながら会議で人殺しさせてたんだよね、それが戦争。
本当に恐ろしいことです。

アイヒマンの後継者という作品と共に見ると、人の善悪の判断がどんな心理なのか分かって更に面白いと思いました。たまたま同時に借りてとても良かったので。

間違わずに生きていくことの難しさをシミジミ考えたいと思います。

ああいう少女を出さないために、自分が今生きてる場所でする判断を間違わないように、ね。
私はあんな立場になることはないけど、それでも各々に判断することが、きっとあると思う。

ke_yo
ke_yoさん / 2017年8月20日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  悲しい 怖い 難しい
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

PSP phone!?

現代戦を描いた映画として素晴らしい

「ゼロ」グラビティ同様に、作品の内容を理解していないとしか思えない副題、付けた奴は本当に見たのか?

現代の戦争は対テロ戦争かつ非対称戦争
ドローンで対象をピンポイントに絞り戦う米国
自爆テロにより無差別に民間人を虐殺するテロリスト
命がけで現地工作員が情報を入手し、数年掛けて追跡、絶好の機会が訪れても法律上外交上政治上問題のない事が確認出来るまで攻撃できない
シン・ゴジラの序盤とデジャブするほどお役所仕事的でアメリカ的英雄行為とはほど遠い本作

印象的なのはあまりに小さいドローンと、その操作にまさかのPSP phoneを使っていることだ。数年前の超ニッチなデバイスの登場にあまりに意外すぎてびっくりした。

tabletap
tabletapさん / 2017年8月18日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

空の目

あるテロリスト捕獲のためのミッションを描いた作品

まさに現代における戦争…

ひと昔前は衛星での監視ぐらいだったものが

ドローンでの監視

ドローンでの爆撃

兵士が手を汚さずボタン1つで戦争ができる時代ね

そのボタンを押すのは安全な作戦司令室

現場では状況が刻一刻と変化するも

意思決定が下されるまでの官僚閣僚のたらい回し

湾岸署の青島さんもきっとあの名セリフを叫びたくなるであろう…

この映画には決して華々しい銃撃戦はない

そこにあるのは緊迫感

その緊迫感にひたすら引き込まれる良作

兵士がドンパチやるのが戦争?

ボタン1つで壊滅させるのが戦争?

どちらの戦争が正しい?

と思いがちだが、そもそも戦争など正しくないこと。

nobe666
nobe666さん / 2017年8月9日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ヘレン

サクサクしてて、おもしろい。イギリスとケニアが友好国で、イギリス籍とアメリカ籍がいる特殊な状況だから凄く丁寧な攻撃だけど、きっと本当はもっとずさんで、日々バンバンやってるだろうし、承認プロセスも、データ照合ももっと雑だろうし、そこにほパトリオット精神絡むと、もう短絡的で機械的でワンクリックな結論に毎回落ち着くんだろう。
で、そんな感じは別に戦争というか、これは戦争とは言わないで、テロとの戦いとかいうのかもしれないけど、それに限った話ではなくて、決断の責任が現場から会議室に順繰りにたらい回しにされるのはどこにでも一般化されてて、皆んな良くない結果になった時に、自分に降りかかる火の粉を払うのは、当たり前にやってる。だから、むしろ一般社会とおんなじことを、こういうミサイル撃つとか撃たないとかいう時にやってるのが、本当かしら?って不思議。
虫カメラ操作してたケニア人の彼だけが、リアルな危険に直面させられてる。で、狂信者じゃなかったお父さんはこれをきっかけに次の自爆ベストを着る。
意図的にテロリスト側の実態は描かず、攻撃する側に絞ってて、でもテロリストはちゃんと台座外して、少女を搬送してくれたりして、そういう描き方は良い感じ。
パン売りの少女の話は、パンと植木鉢をちょっと思い出した。まぁ全然違うけど。

pigeyes
pigeyesさん / 2017年8月6日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 2.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

106件中、1~20件目を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi