カルテル・ランドのレビュー・感想・評価

カルテル・ランド

劇場公開日 2016年5月7日
27件中、1~20件目を表示 映画レビューを書く

快感

人は銃を持つと快感物質がでるのではないだろうか。それは麻薬や金と同じで人をかしづかせ、コントロールができるから。だから、カルテルも自警団も銃を使って人を支配するのだ。だけど、ここには大悪党は登場しない。麻薬カルテルを餌に大儲けしている大悪党の連中は、多分まともな職についている大金持ちのエリートなのだろう。彼らの為にカルテルは存在し続けるだろうし、解決策も見当たらない。絶望的になった。

ミカ
ミカさん / 2019年2月27日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  怖い
  • 鑑賞方法:VOD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

よかった ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

 主人公である自警団のリーダーの医師が聖人君主でなく、若いきれいな女をカメラの前でもお構いなしに口説いているのがよかった。あの女もありえないエロい服を着ていて、あけすけな風通しのいい漫画みたいな文化を感じた。

 また軍隊レベルの武装をする自警団も、カルテルも漫画みたいな世界だった。首吊りの死体が街にぶら下がっているなど、現代社会とは思えない。

 内容はとんでもないのだけど表現は非常に淡々としててDVDで見ていたため中断して寝て3日掛かりで見終えた。

古泉智浩
古泉智浩さん / 2018年6月29日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  怖い
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

臭いものに蓋 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

途中まではうまくいっていた。

組織がでかくなり『権力の乱用』がおきた。

国は機能していない。

微かな希望と絶望

だいき
だいきさん / 2018年5月31日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  悲しい 怖い 難しい
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ミイラ取りがミイラに…。

自警団…。当初の目的に対して最終的に悪と同じことになってますやん。

しんおすけ
しんおすけさん / 2017年5月5日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  怖い
  • 鑑賞方法:VOD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

メキシコで窃盗、レイプ、虐殺を繰り返す麻薬犯罪組織から町を守る為結...

メキシコで窃盗、レイプ、虐殺を繰り返す麻薬犯罪組織から町を守る為結成された自警団を追ったドキュメンタリー。
キャスリンビグロー監修ということもあり、戦場での映像美は間違いなし。
カルテルに買収された政府の対応、力を持ってしまった自警団の行動等、善悪が多方面で入り乱れている世界が現代で実際に存在することがまず驚きで、自分がどれだけ守られた世界にいるのかを目の当たりにする。
ラストシーンの、カルテルは無くならないという言葉が、劣悪な環境から脱することのできない絶望を感じる。

クレイジージャーニーファン必見。

NORIDAR
NORIDARさん / 2017年4月15日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

Drミレレス

ボーダーライン、皆殺しのバラッド、ナルコス、エスコバル、あるいはクレイジージャーニーとか最近南米麻薬戦争ものが来てる。
前からあったけど、今更ネタ使いされるのは、中東とものとの比較で考えていく理解し易い気がする。
製作総指揮のキャスリンビグローaka元キャメロン夫人akaネタ掘り師がハートロッカーとか0ダーク30とかの中東ものの後に、なんで南米ものに手を出してるのかということとも大いに関係してるのだが、そもそもテロリスト(ISをそう呼ぶのかは微妙だが)とカルテルの違いは、ざっくり、カミを信じるか、カネとオンナとステータスつまりは煩悩と快楽の追求を信じるかの違いで、前者を理解するには普通の感覚からの飛躍があり過ぎて宗教観の薄い日本人にはハードルが高いけれど、後者の価値観はいつの時代も普遍な、ただ度合いがエクストリームなだけで理解し易い。カルテルは、メタルだとか、ギャングスタだとかの尖った文化の延長にある。カルテルはスレイヤーで、ISはミックハリスでホワイトハウス。何が言いたいかというと、ISは未だサンプリングすら出来ない、デスメタル、ノイズだけれど、カルテルは特濃ファンクだから、ちゃんとメロディとグルーヴがあるから、すんなりサンプリング出来る。でもネタとしては、レアだけれど、ずっと前から使われてて、例えば釣崎清隆は20年前から使ってた。彼は現状を訴える報道カメラマンではないけれど、

pigeyes
pigeyesさん / 2017年3月9日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 1.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

世界では、こういうことが起きているんだぜという映画

無関心••3••好
並••3••凄
無1••••涙/無•••4•固ゆで
無••••5社会派/大衆••3••狂信
標準/沈黙
俺の満足度 60点
作品賞可能性 40%

真面目な映画。世界では、こういうことが起きているんだぜという映画。
せっかくいいことしたのに、その組織が大きくなったら歪んでいってしまう人。小さな組織で闘い続ける人。どちらがいいもなく、それでも麻薬カルテルと闘い続けるということ。
けっこう救いのない映画。

ドキュメンタリーだからしょうがないか。ある人の批評に「国が麻薬と賄賂に満ちたメキシコでこのドキュメンタリーを撮った勇気」とあった。尊敬。映画の凄さだね。

CB
CBさん / 2017年2月15日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

貧困が生む負の連鎖

平和な国に生きる私たちの倫理観を打ち壊すリアル。演出過多な点はあるもののドキュメンタリーとしてこれをフィルムに収める事が出来た監督は凄い。メキシコ自体、政府はもとより権力を持つ機関は賄賂とスパイの巣窟、ガルフカルテル自体元メキシコ陸軍特殊部隊が率いて私設軍すら持つ超武闘派、住民の生活に隣接し街の看板にもカルテルへの勧誘があり国民の経済活動に影響する程に腐敗しきっている。貧困が生み出す負の連鎖、善悪論ではない麻薬というイリーガルな経済システムの問題を浮き彫りにする作品。

yuitos
yuitosさん / 2017年2月9日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:VOD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

スタンガンの雷鳴と悲鳴

凄まじいドキュメンタリーフィルム!
よく撮ったなー!と感嘆するばかり

リアルな潜伏取材でシューティングしてて
全部 生々しくエグい
自警団による尋問シーンはかなりキテる、
あのスタンガンの禍々しい音と悲鳴はきつい
あそこまで深く描き出してて、キャスリン・ビグロー監督の生命は大丈夫なのだろうか?
Act of killing やLook of silenceに近いレベルにあると思う

冒頭とラストに、同じシーンが用意されていて、
冒頭で結論に触れて、
ラストで同じ結論に触れる
間の90分はその証となる実情を収めたもの
キャスリン・ビグロー監督が伝えたい本質がこれなのだろう
貧困が全ての原因で、
貧困が無くならない限りカルテルも不滅
貧困へのソリューションであるから政府も黙認と、終わらない

法治は無く人治、
カルテルは人治であり自警団も人治
政府お墨付きを得て「地方防衛軍」になるも、これはインドネシア軍公認民兵による赤狩り、と似た結果に到るのでは想像すると きつい

isukee
isukeeさん / 2017年1月16日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

何が善なのか悪なのか。

何が善なのか悪なのか。

mu_ryo
mu_ryoさん / 2016年12月31日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

善悪はもはや役に立たない

通常の善悪論が全く通じない世界が地球上に存在することにショックを受ける。この映画を上から目線で感想を語れる私たちはなんと幸せなのだろうか。

フェネック
フェネックさん / 2016年12月21日 / PCから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

今と模索するリーダーに共感 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

 個人的には「ボーダーライン」よりよかった。ノンフィクションが好きなせいもあるが。
 二人の自警団リーダーのインタビューで話は進む。私はなぜか派手な銃撃戦はなく、地味ぎみな警備を主にする自警団に共感を覚えた。
 あのリーダーのコメントが非常に思い意味を含んでいると感じた。そしてあの人は、自らの弱さとそれを乗り越えようとする意思を感じる。その弱さをされらけだしながら、もがきながら進む姿が、今という時代と向き合う彼の気持ちを浮き上がらせていた。

newpapa
newpapaさん / 2016年9月18日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

監督ガッツあり過ぎ

衝撃的な事実ではあるが、結局全員悪い人だし、リーダーの医者のじじいも若い子に一目惚れしたとか言っててキモいし…
ただ、監督のガッツは半端ない

ペンペン
ペンペンさん / 2016年7月30日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

正義の反対はもう一つの正義。悪に対せるのは更なる悪。 冒頭に麻薬を... ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

正義の反対はもう一つの正義。悪に対せるのは更なる悪。 冒頭に麻薬を精製している最中にカルテルの幹部が「麻薬は悪いのはわかってるが、そんな良心の声を聞いていたら貧乏のままだ」そんなセリフを吐く。
この映画の主人公である医師は、自分の良心の声を無視出来ず勇気を奮い立たせ、カルテルに対抗していった話。このお医者さんは実は女癖悪く家庭がバラバラになっただの非常に人間味溢れるオッサンではあるが、良心の呵責から前向きに進んで行った。

メキシコって国の麻薬産業がGNPに占める割合は、数字上には載らないが相当あるんじゃ無いかな?大消費国が隣にある訳だし。この構造を変えないとガン細胞が徐々に体を蝕む様にメキシコは壊れるんじゃ無い?と思う。昔のアフガンの様に国策として麻薬産業やって大規模化と効率化で質が良く安価なのをアメリカにガンガン流してジャンキーまみれにするってのは現実的ではないか。唯、あらゆるカルテルが跳梁跋扈して統一性が無いっていうのがメキシコの治安を悪化させている事実、隣の大国が麻薬の大消費国でありながら、武器も簡単に手に入れられる供給国である地理的な事実、第一次産業がNAFTAで破壊されてるらしい事実。
正直、全てがなくなって良心しか無くなった時に前に進めるんじゃないのか。ごちゃごちゃ過ぎる。

ナカシマ
ナカシマさん / 2016年7月14日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ボーダーラインの向こう側

正義を行えば、世界の半分を怒らせる。昔観た映画のコピーですが、本作に、ぴったりです。「ボーダーライン」のような劇的さは、ないですが、本物が放つ凄みが、むんむん。深刻な状況が、淡々と綴られるのが、余計にリアルです。銃を用いて、銃を黙らせようとする行為。その先に訪れる、新たなる混沌。しかも、その元凶は、アメリカの闇で消費されるクスリ。オープニングと、エンディングで精製されるのは、純度の高い、人の業のようです。困ったものですね。

機動戦士・チャングム
機動戦士・チャングムさん / 2016年7月13日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

最近この映画館で上映するドキュメンタリー的作品はハズレが多い あま...

最近この映画館で上映するドキュメンタリー的作品はハズレが多い
あまくない砂糖の話とか

たろう
たろうさん / 2016年6月7日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 2.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

アメリカ親父の最期の言葉から一縷の希望が見たのに、最後は絶望に堕と...

アメリカ親父の最期の言葉から一縷の希望が見たのに、最後は絶望に堕とされる…コレが人間、コレが現実なのかな…て諦めずアメリカ親父のように生きたい!

片腕コージー
片腕コージーさん / 2016年6月2日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

こわーかったこわーかったこわーーかった

こわーかったこわーかったこわーーかった。もうこわいし!映画館真っ暗だし!この映画館は大丈夫な映画館なの?!誰が敵で誰が味方なの?誰が黒幕なの??こわい!殺される!しかも見せしめに!!
途中こわくてチビりそうになったからトイレに立ったら、後ろの席の人が靴を脱いで鑑賞していることに気付いた。なんなんだ?!靴を脱いで映画鑑賞なんて、自警団がカルテルのどっちかだ!くそー頭の皮なぞ剥がされてなるものか!と思って背もたれに隠れながら通路挟んだ隣を見たら、そこに座ってた人も靴脱いで、でもって椅子に体育座りして鑑賞しているではないか!?なんなのよもーー体育座りはカルテルだよ!あるいは自警団。しかも女性が2人くらいしかいなかった。こんなの昔シアターNでメタリカの映画観た時以来だ。ニャンと!ここは最早戦場だ!とにかく恐ろしい。恐怖体験の詰まった100分間であった。

meehoo
meehooさん / 2016年6月1日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  怖い
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 1 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

作り込みすぎ

まあ、確かにすごいんだけどね。
自警団が家に乗り込んだり、銃撃戦はじまったり。
でもなんか、劇映画ぽい編集と音楽で、嘘っぽくなるというか、安くなる、というか。

音楽が饒舌だなあ、という印象。
あと、拷問されての叫び声をことさら強調する編集とか(あれ、編集で何重にも入れてるね)、ちょっと過剰だな、と感じた。

途中から、「え、なにその愛人て」「離婚したの?」「ていうか、そういう話だっけコレ?」ってなった。なんかすごく小さいところに収まったかんじ。

「皆殺しのバラッド」がオススメです!

buckaroo
buckarooさん / 2016年5月23日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: -
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

これが現実なら興味深いけど辛い、、、

リアルやわぁ〜、ってドキュメンタリーやから当たり前なんやけど(笑)
カメラがキーマンをキチンと撮っていたおかげで後々の展開にも活かされて、話がわかりやすい。
歴史から学べば選択の仕方はわかっているんやけど、それがうまくいかないのが人間。
膨れ上がっていく組織の中で起こる事件はありがちなんだけど、それがリアルタイムに起こっていて、しかも止めようがない雰囲気も伝わってくる。
家でのんびり見るような作品ではなく、劇場で共有しながら観る方がよりよい見方だと思いました。

ワイナオ@フロワク@映画おじさんの風呂が沸くまで
ワイナオ@フロワク@映画おじさんの風呂が沸くまでさん / 2016年5月21日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

27件中、1~20件目を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi
採用情報