エヴォリューションのレビュー・感想・評価

エヴォリューション

劇場公開日 2016年11月26日
32件中、1~20件目を表示 映画レビューを書く

こういうの好き

作品という多様な鏡を最近は化粧直しにしか使わないが、たまにはこういう映画もいいではないですか。意味不明な話でも映像は綺麗だったなで心を洗ってくれる良い作品だと思います。

祭秀海
祭秀海さん / 2019年4月11日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

SEXとか生とか性ってキモくね?っていう話だと思ったけど、五歳から... ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

SEXとか生とか性ってキモくね?っていう話だと思ったけど、五歳からそういうのに興味津々だった俺にはその感覚なかったなー。
怒りのメタファーっぽいし、何かコップカーっぽいし、非常によいです。

色々あった最後のあの人のあの行動ってのが凄く心に響くし、やっぱガキの成長映画は海に漕ぎ出してナンボよ。

でも普通に怖い映画なのでよろしくお願いします。

ぜっと
ぜっとさん / 2019年2月11日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

レビュー

ルシール・アザリロビック監督作。こんなにレビューが書けない作品は久しぶり。美しい映像、少ない台詞、独特な世界、ショックな展開。引き込まれる要素はたくさんあるが、疑問の余地が意図的に残されており、考えさせられる作品。

みそしる
みそしるさん / 2019年1月12日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

一応…SFホラー??

わかりません。

が、なんとなくの筋はわかります。
ただその裏にある監督の云いたい事がちょっと鼻について伝わらない感じ。

生命の美しさ、グロさ、奇妙さ…そして進化。的な?

んーやはりわからん…

ヒトデ星人襲来!少年人体実験!?

カタヤマ
カタヤマさん / 2018年12月23日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:VOD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

多くを語らず、、想像映画。

謎の大人女性集団。
謎の男性子供集団。
変な島で暮らす人(?)々。

最初なんで子供達だけ人間らしいの?とか何も無い島なのに観覧車の絵を描けるの?とか疑問視する所ばかり。

徐々に想像させる映像で判明して行くんだけど、映画中では多くは語らないので眠い眠いwワクワクしない。
全て想像して下さい映画。
後半そうなるならもう少し子供と大人の交流・変化・描写があっても良かったのでは?連れ出す心の変化とかが薄い。
それだったら人間以外の設定いらんだろ?面白み無くなっているだろうが?と思った。
薄く無ければ評価高くしてたよ。

映像も設定の世界観だけを優先的に映像化し過ぎてる。
あと暗い画面、シーン多すぎ。はっきり観たいシーンあるんだがw

ラストも想像にお任せしますネタ。
これが1990年頃の映画であればある程度は評価しますが、このご時世で映像的にも魅力がある訳でも無く、「ふーん、、そうなんだ」的。

設定だけの映画。最近観た「スターシップ9 」の方がまだ良い方。
これだったら破茶滅茶してくれるB級アクション映画の方がまだマシと思う。

巫女雷男
巫女雷男さん / 2018年4月10日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 1.0
  • 印象:  寝られる
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

始まりはホラーかと思う展開でしたが、世界観がわかるにつれておとぎ話...

始まりはホラーかと思う展開でしたが、世界観がわかるにつれておとぎ話のように感じて見入っていきました。
少年と若い女子しかいない世界は美しいけど違和感あるのが面白い。
最後はほろりときたよ〜〜

uzumoti
uzumotiさん / 2018年1月20日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

エヴォリューション

少年と女性しかいない孤島を舞台に贈る禁断のミステリー・ホラー。
謎の医療行為を施される少年たちの運命を、
グロテスクな描写を織り交ぜつつ、
怪しく美しい映像でミステリアスに描き出していく。
大人のホラーでした。
登場人物が少年と女性のみ。
ストーリーの説明はほぼなくセリフも少ないためしばらく???の状態が続きます。
無表情な女性が多く何を考えているか分からないのが不気味。
深夜に女性たちが全裸になり互いに快楽にふけっている光景も不気味。
ニコラが注射を打たれるシーンが多くて痛々しい。
結局、
少年と女性たちの正体はわからず仕舞でしたが、
音楽の良さと、
美しさとグロテスクのギャップのある映像美はいい。
感性に訴えるような作品です。

しょうちゃん
しょうちゃんさん / 2018年1月14日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

タツノオトシゴ

タツノオトシゴをモチーフにした作品かな?って想像して見続けたら、やっぱり そんな連想を強化するシーンがぎっしり
女性のリスクを引受けるタツノオトシゴをモチーフにして慈愛的事象が表現されることはあるけれど、本作では慈愛と捉えることができるシーンを探すのは難しい
タイトルの evolution、これって島の女性にとっての話であって子供達を主体にしてないから、少年ニコラに同調して観る側からすると、進化した島の女性に搾取されていると思ってしまう
共感するような哲学を得られなくて残念

isukee
isukeeさん / 2018年1月1日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

悪夢の女護島

まずは同時上映の短編「ネクター」の感想から

画像の粒子が荒くなんだか「ソドムの市」でも見ているかの様な印象。

初めはどんな難解な話かなと思ったが、どうやらミツバチの女王の話だったのだろう。
女給にまさぐられてローヤルゼリーを出したり、近未来都市の団地がハチの巣のを模していたり、なかなか面白い表現だと思った。

全盛期は重宝され衰退すれば去られる。
女王のための王国なのか王国のための女王なのか、蜂社会の残酷さを垣間見ることができた。
途中、レモンと蜂蜜を合わせて食べるとおいしいよって展開が挟まれる、おいしいよねって思った。

女王のまつ毛の長さとか、女給の黄色いドレスとか、一つ一つが洗練された感じで、一定の美意識があった。
物語も理解不能ではなかった(多分)ので良かった。

本編「エヴォリューション」の感想

島で暮らす少年が疑問を晴らし謎を解く話

短編「ネクター」が思いのほか面白かったので本編にも期待が膨らむのだが、こちらはかなり難解で理解力の乏しい自分には難しかった。
鑑賞後知人に感想とその旨を伝えたところ「理解なんてできないですよ、ただ楽しむだけです」とのこと。
なるほど、ただ楽しめばよかったのか。と思ったがまだまだ自分にはこの手の映画は楽しむ技量は無かった・・・

そんな自分でもこの映画は綺麗と残酷と不気味と安心の入り交ざった稀な作品なのだとは思えた。

海中のサンゴや魚、水死体、ヒトデ、潮の流れどれも美しい、陸上の家や病院施設もレトロでお洒落だ。
登場人物も美しい女性や少年ばかりで眼福でした。
所々に死体やら死骸やら、ホルマリン漬けの~、謎の青い薬、注射、切開手術などグロテスクなシーンも満載で見ている間、怖さと綺麗さで板挟みになってしまった。
スプラッタ映画はある程度見慣れているのだが、美と残酷の抱き合わせには免疫が少なくかったのでかなり心にダメージを受けた。
画面の粒子の粗さもあいまってダークファンタジーの世界にどっぷり引きずり込まれたのはいい経験だったかもしれない。

会話から読み取るには情報不足であったが、なんとなく島の生活や物語の背景、筋はわかった気がする。

赤いヒトデと主人公の赤い服が印象的で、何か繋がりやメッセージが込められていたのかも知れない、手術台の照明により少年の瞳に星(ヒトデ)が現れたのも何かを象徴していたように思うのだが、意味があったのか無かったのかわかる人がいたら教えていただきたい。
いや、解からない事は解からないままにしてそれすら楽しむのが本作の味わい方なのだろう。

あれこれ考えたが、考えるのはやめよう。
ナースのお姉さんが美人でしたね。これで十分だ!
彼女たちの目的はよくわからなかったけれど、なんだか諸星大二郎の漫画で出てくる妖怪、神、精霊なんかの不思議な話を連想しました。なにか常人には計り知れない物事があるのだろう。

ラストシーンの文明の光、夢から覚めた感覚、ちょと寂しいこの感覚はなんだろうか。
悪夢から覚めたのに現実に向き合いたくない、そんな複雑な印象の映画です。

劇中セリフより

「お母さんじゃない」

お母さんだと思ってたら別人だった、なんたる恐怖でしょう。

子どもの頃、お母さんだどれだけ大切で安心で、頼れる存在だったことか。今はその感情も薄れてきたが、両親には感謝の気持ちを忘れないようにしたい。

フリント
フリントさん / 2017年3月11日 / PCから投稿
  • 評価: -
  • 印象:  知的 難しい
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

噂に違わず難解

ロクサーヌ・デュランやっぱりかわいい。この作品ではほぼ笑顔なく、まるで人形みたいでした。
ラストが救いなのか始まりなのかとか、解釈は観る人によってだいぶ変わるでしょう。
あの島はいったい?
私なりに解釈して勝手に戦慄を覚えました。
美しい映像

らっこおやじ
らっこおやじさん / 2017年3月8日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

あえて語らず

併映の「ネクター」と、二つ合わせて一つなのかな?と思いましたが、考え過ぎでした。
しかし二本共、不思議な・・いや、分からない作品でした。
あえて設定を語らないところが、監督の好きな手法なのかな?
「ネクター」は老いをテーマにしていましたが、「エヴォリューション」は思春期の性を、ホラー要素で表現した作品かと思って見に行ったのですが、それとも違いました。
う〜ん、難しい作品でした。

はるっち
はるっちさん / 2017年2月4日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 2.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

君心

キモい、グロい、美しい。
途中目を背けたくなるシーンが何度もあった。

3

ヨッシー
ヨッシーさん / 2017年1月13日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ぽ~にょぽにょぽにょヒトデの仔? ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

2017年の最初を飾る鑑賞ということで去年見過ごしていた作品を選択。しかしこれが残念ながら『凶』に・・・
多分この映画は人を選ぶんじゃないかと思う。それと色々なマニアの人向き。例えば『ショタコン』、『触手系』、『医療』、『内蔵』、そんなキーワードに引っかかった人は別の視点に於いてこの映画を楽しめるんじゃないかと思う。
でも、肝心の謎解き、伏線の回収、正体を曝くという主題に関しては、全くもって観客にぶん投げてしまっている。それなりにヒントは出すのだが、いかんせん如何様にも想像できるような伏線になっていて、結局何が正解なのか皆目見当も付かない。そして、ラストは逃げる為の舟の辿り着いた先は通常の人が暮らしているであろう、臨海工場群というオチ。
母親だと思っていた女は、背中に吸盤。勿論看護士の背中にも。病気だと思っていた子供達は、赤ちゃんを出産するマシーンにさせられているのは実験?気持ちの悪い青い食べ物と薬。色々なハテナを引き摺りながら、結局何も解決せずに終了・・・
ストーリーのキモは興味深いのだから、何故上手く着地点を見いだせなかったのだろうかと、非常に悔やむ後味である。
でもこういう薄ボンヤリな作品を好む人もいるだろうから、これも映画ならではなんだろうなぁ・・・
自分としては今年初鑑賞として気合いが入っていただけに腰砕けな気持ちで渋谷の喧噪を後にしましたとさ。

いぱねま
いぱねまさん / 2017年1月11日 / PCから投稿
  • 評価: 1.5
  • 印象:  知的 寝られる
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

怖い、怖い❗️

地方なので、やっと見れた。

怖いもの見たさで見に行ったけど、想像以上に怖かった。
離島での実験というと、改造人間の人体実験を想像してたけれど、こんなことってあり?
しかも、彼らは、実験するためだけに!
生まれてきたわけで
それを考えると、もっと怖い。

この実験を行うことになった経緯、目的など、わかないことはたくさんあるけれど、

少年を逃がした看護師以外、人の心を持っていない
島の女性達が一番怖かった。

Mac
Macさん / 2017年1月9日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

わかりません

9本目。
正直、全くわからない。
批判ではないですけど。
分かる人は頭がいいんだろう。
音楽と演出次第ではB級テイスト満載、宇宙人に置き換えてもありなのかな?何て思う。

ひで
ひでさん / 2017年1月8日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

一昔前の… ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

一昔前のヨーロッパの実験的映画という感じ。そういうのが好きな人には悪くないんだろうけど、私には退屈でした。男の子に子供を産ませるというのはわかったがほんと「だから何?」と思った。

お菓子
お菓子さん / 2017年1月5日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 2.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

この映画が本当は何がいいたいのか? ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

本作の終盤のピークともいえるシーンであることが起きる。
なんと主人公の男の子が妊娠して、実験用の水槽の中で水中出産をするのである。そのときの様子が多分監督の言いたいことなんだと感じた。
生まれた赤ちゃんはとても自分と同じ動物とは思えない原生的な別の動物に見える。はっきり言って気持ちが良い感じがしない。しかもそれが自分の腹から出てくる様子を見ながら主人公はあまりの気持ち悪さに硬直している。
この映画の監督は女性なのだが、おそらくこう言いたいのだろう。
「映画ではよく女性が赤ちゃんを妊娠して出産する様子をハッピーに描くし、女性も生んだ瞬間に子供を見て笑顔を見せるけどあれは映画の嘘だ。本当は妊娠・出産を気持ち悪いと思っている女の人だって居るんだぞ。何!?男にはそんなことは分からないだと?じゃあ実際に男が妊娠して産む様子を見たけりゃ見せてやるよ(震え声)」
ということではないかと勝手に思っている。真意は不明です。

JANE_DOE
JANE_DOEさん / 2017年1月4日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

ある種の生命 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

かいつまんで言うと少年が生命の進化しうる過程を見て帰ってきたということでしょうか。

◆オープニングの海のシーン
すべての根源はここからだ!といわんばかりの神秘的な海の描写からこの映画は始まる。まるで「 ここから生命はどのように進化しうるのか」言ってるかのように。

◆青と赤の対比
僕たちは極限に神秘的なものを見たとき一種の奇妙さやグロさを感じてしまう。例えば、蟹の脱皮は美しくもグロさを感じてしまうし、宗教至上主義が奇妙見えてしまう人もいるだろう。この映画では、ミミズが入った青いスープや青い薬、病院の青い壁といったように奇妙さやグロさを青で表現しているように思う。

それと対比して目につくのは主人公ニコラの赤い服、赤いペンで描いた母の絵、そして、赤いロブスターや赤いヒトデ。これは愛情の色でしょうか。

◆ある種の生命
人間と人間の容姿をした、背中に吸盤がついたある種の生命。
何らかの理由で生殖できない彼女(島に住む大人)らが選んだのは、人間の子供のお腹に医療行為を施し、種を繁栄させるということ。種の繁栄の為に子供たちは犠牲になり、死ねば海に捨てられることになる。

◆母なる愛
グロくて残忍な生命体だか、それでも母なる愛は人間と同じである。ニコラが赤いヒトデを傷つけて、ニコラを諭す場面、そして、看護師のステラがニコラとお絵描きをする場面は、人間の母と子そのものだ。興味深いのは、看護師たちが皆んなで真剣に観ていた映像は人間の母体から帝王切開するシーンだった。暗闇で恐ろしいシーンにも見え、出産を切望する母の姿にも見えるのだ。

◆ニコラが帰ってきた場所
ステラはその母性をもって最後にはニコラを船に乗せて人間の住む場所へ返してあげる。青く奇妙な場所からたくさんの愛のある人間の元へ帰ってきたわけだが、スクリーンいっぱいに広がる景色は、赤い光の溢れる街ではなく、恐ろしいくらいに発達した工場や大都市の黄色い光だった。これを観て宮沢賢治の銀河鉄道の夜を思い出すのは多分自分だけですが、そこでは、サソリ座の赤い光が人を思いやる気持ちを表している。無償の愛。母なる愛。少年がたどり着く先。奇妙なものとは何か。
ここはユートピアか、ディストピアか。
なるほど。

edako
edakoさん / 2016年12月28日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 3 件)

気持ち悪さと美しさの二刀流

人類以前、生き物の進化段階で発生する不思議な行為、ときに離れて見てみると気持ちの悪い行為、美しい行為。あらゆる視点から、進化〈エヴォリューション〉を描いている。
子どもの成長と反比例して、お腹の中で育つ両生類ベイビーの存在はアンビバランスな様が見ていて面白い。

sakatea
sakateaさん / 2016年12月28日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

自分が恐怖で滲んでいくような気持ちの悪い怖さがあった。海辺で女達が... ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

自分が恐怖で滲んでいくような気持ちの悪い怖さがあった。海辺で女達が体を寄せあってたのは?背中の吸盤みたいなのは?蘇生されて船で目覚めるまでの間は夢?現実?
出てくる人のほとんどが無表情。ステラが少し笑ったくらいで気味悪い。

たいし
たいしさん / 2016年12月24日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

32件中、1~20件目を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi
採用情報